himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

L-7S

L-7S

Lシリーズがスタートしての、廉価版に位置するモデル。初期Lシリーズで、唯一の「全合板」ギターである。おまけに「アジャスタブル・サドル」装備である。Lシリーズでは異色の「マホガニー」モデルでもある。

この手のモデルはFGの緑ラベルから継続的に出されている。緑ラベルの600S、黒ラベルの700S・・・。FG時代は「ヘヴィーゲージ」対応モデルとしての位置づけであった。ヘヴィーゲージとADJサドル、サンバーストと柄ピックガードが象徴であった。そしてこのL-7Sは同仕様ではあるが「ミディアムゲージ」対応である。時代の流れか、黒ラベルFG以降はヘヴィーゲージ対応ギターは姿を消した。

このADJサドルモデル・・・はっきり言って音は「激弱」である。FGにしろ、Lにしろ、あの合板FGのような轟音は全く出ない。シャリーンって感じの金属的な音である。そりゃサドルの下には鉄板があるわけだから、直接ボディーに弦振動が伝わる訳がない。ギブソンのADJサドルモデルはもっと「ジャキーン」とした音だったのに、「シャリーン」である。ある意味ヤマハの音らしい。

という訳で大改造決定!!おなじみ「柾目ウッドメーカー」清田氏によって手術。ADJサドル部分を外して、木(黒檀)を埋め込んで普通のブリッジに改造。そこに溝を切って牛骨製サドルを装着。ナットももちろん牛骨。ADJサドルの入っていた溝にピッタリとはまった黒檀!!作業精度の高さがうかがえる。

改造後、試奏。ADJの時とはまるで違うボディーの振動。ブリッジからサイドまで振動。そしてこの音!音!音!!ADJとはまるで違う音量と低音。これぞLの音である(単板には敵わないが)。これほどまでに音量が出るとは思わなかった。

ADJブリッジは弦高を調整出来るが、音はまるでダメだった。特にヤマハのは構造的に他の素材に変更しにくい。このようにブリッジを改造するのはオススメですよ。せっかくのいいギターが、ADJの2本のボルトでしか音が伝わらないってのはもったいないですよ。

| トップページ |