himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

FG-401W

FG-401W

赤・緑・黒と続いたFGも、Lシリーズの登場によって少し流れが変わってきた。先細りヘッドで、ヘヴィーゲージに対応しようとした時代も終わりを告げ、ニューミュージック的、ライトなサウンドに時代は流れていった。FGは次第に「スチューデント・モデル」と言われる低価格ギターという位置づけとされてゆく。

50000円という最高額のFGは、赤ラベル時代の50000円とは価値が変わってきたようだ。オレンジラベル時代より、50000円以上のFGは復刻版・THE FGを除いて登場しなくなった。材もナトーやパリサンドルの合板を使った、低価格のものが主流となった。それは、FGの新たな位置づけでもあり、今後のFGの姿の始まりでもあるのだ。

しかし、この401Wは「アジャスタブルサドル」仕様で、非常にジャッキリ感のあるサウンドに仕上がっている。合板だからそんなに伸びる音ではないのだが、軽めの歯切れの良い音である。FGらしい、と言えるだろうその音は、なんとも古くさい、というか爽やかな音にも聞こえる。

ミディアムゲージ対応なので、割と太い音が出る。が、黒ラベル時代のあの深みのある低音ではない。やはり軽めの低音である。歯切れの良さの反面、ボリュームに欠けるといえる。ブーンと響く音ではなく、シャーンといった、まさに現代のFGのような音である。というか、ヤマハのADJサドルは鉄製で、支えている2本のネジは細く、これではとてもじゃないが胴にうまく振動が伝わる訳がない。低音をしっかり出せってほうが無理な注文である。

ネックもわりと太めで、握りづらい。でも、そのアジャスタブルサドルの調整により、いろんな音に挑戦できるという特典は好感のもてるモデルである。しかし、オレンジラベル以降のFGは、中古市場でも人気がなく、このモデルも下取りは5000円を下回るとの査定が。

その理由の一つとして・・・重い。ルックスと音は軽快であるが、けっこう重さを感じるモデルである。ヒジョーに残念な点である。

| トップページ |