himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

FG-B1N

FG-B1N

世界初だろう。竹でギターを製作したのは。スプルース・マホガニー・ローズウッド・メイプル・・・数ある材の中でなぜ「竹」を選んだのか?

日本製フォークギターのパイオニア「YAMAHA」のFG。パイオニアが新たな時代のFGとしての「挑戦」だったのかも知れない。今の時代では「入門機」となったFG。一時代を築いたFGの意地を見せるモデルでもあったのか?結果、生産は中止。挑戦は成功だったのか失敗だったのか・・・それは分からない。結果的には受け入れられなかったのかも知れない。

さて、このギター。ネック・ブレイシング・ヘッド以外は本当に「竹」である。竹を細くカットしたものを接着し、合板材として使用している。まさに「竹」の模様がくっきり。いずれこの合わせ目からパックリ割れるのではと心配になるくらいに、竹のよせ集め材である。

以前はネックも竹製の「FG-B1」ってモデルもあったそうな。だが、ネックを竹にすると重さが増してしまうらしい。もちろん、ブレイシングは竹ではだめだったそうである。それでもけっこうな重量がある。オレンジラベル時代のFGとまではいかないが、そこそこ重さを感じる。

どんな音がするのかと、さすがに興味津々であった。カランとした音なのかと予想していたが、これが以外と「重みのある音」。そりゃ、全単板のギターに比べると音はペチャっとしているが、以外と音量もある。カチカチのボディーにしては低音もある(方だと思う)。

サドル・ナットをお馴染み「柾目ウッドメーカー」清田氏により、牛骨に変更。フィッシュマンのピエゾをつけてライブ仕様に。牛骨による音の変化はピエゾをかましている関係上であまり分からないが、低音弦の音量が増したと思う。もともとボディーが固いので、生の鳴りは悪い。ルックス重視のギターではあるが、ピックアップの良さもあって、けっこう即戦力な気がする。

ただ欠点として、このギターは「台湾高雄製」。外見の作りはなかなかしっかり丁寧にされている。が、内部はというと・・・側板と表・裏板を接着する蛇板がザツな作りで、接着剤もはみ出しまくり・・・。ここに「JAPAN」と違うザツさを感じる。FG-720にも同様のことが言える。LL-26やTHE FGの、内部まで丁寧な仕事をしているギターを知っているだけに、残念である。

総括して、FGの廉価版に比べるとしっかりした音を出すギターだ。音よりルックスに愛着が湧く♪

| トップページ |