himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

FG-500S

FG-500S

赤→緑→黒→オレンジ→ベージュと続く、FGシリーズ。ボディー内のラベルの色で年代が分かる。この「ベージュ」ラベル以降、日本製のFGは稀となった。

80年代のFGはやはり当時の音楽事情もあったせいか、POPな感じの音になっている気がする。無論、現行のFGに比べれば乾いているせいもあり音量はあるのだが、ガッツリした低音がない。爽やかな音なのだ。ドレッドノートボディなのに・・・!?

このFG-500S。ベージュラベルの中では最高値ではあるものの、オール合板の代物である。FG-400Dがえぞ松単板トップを奢っているにも関わらず、オール合板である。サンバーストカラーはキレイものの、塗膜は見ただけで分かる「厚塗り」。ピックガードもハミングバード風だが、先代オレンジのFG-401Wに着いていたものと同じ・・・使いまわしだ。

ネックはオレンジ以降、わりと握り易い形状になってきている。黒ラベルまでは極太であったための反省なのだろうか?日本製のためか、内部の作りも丁寧である。指板とブリッジはお得意の「エボニー風」黒塗りローズであろう。指板に面白いポジションマークが入っているのはお洒落だ。

音はさっきも触れたが「80年代の音」である。黒ラベルまでの「ブーン」という響きはまるで感じられない。「シャリーン」という小気味のいい音である。いい言い方をすれば「爽やか」悪い言い方をすれば「薄い」・・・とり方はいろいろだろう。
ただ、この時代のFGの音は嫌味がない。安いギターにありがちな薄い音ではなく、鈴鳴りとまでは言えないものの、気持ちのいい音なのだ。強くストロークしてもズンとこない、本当にPOPな音なのだ。指弾きが似合うのかも知れない。

ペグはなかなかしっかりしたTM-30が着いている。しかし、マホらしい音ではない。この「花柄ピックガード」に言えることだが、以外に音がシリーズ全部似ている気がする。例えばFG-600S(グリーン)FG-401W(オレンジ)L-7S(Lシリーズ)・・・。

| トップページ |