himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

FG-180(横ロゴ)

FG-180(横ロゴ)

FG-180・・・ヤマハ初の本格フォークギターである。1966年に胎動したそれは、’72年の生産中止まで、微妙なモデルチェンジを重ねてきた。いわゆる「熟成」である。

ライトグリーンラベルから赤ラベルに変わり、釣鐘型ロッドカバーは三角ストレートに。横ロゴから音叉マークに、ピックガードは丸い大型のものに変わってゆく。このモデルは1969年製、横ロゴ・三角ロッドカバー・スモールピックガード仕様のものである。

この頃のトップ合板にはスプルースに「ブナ」が挟まれている。音叉マークに変わった頃からスプルースをスプルースで挟んだ合板が使用されている。ただ、音には全然現れないので、どちらがいいとかの問題ではない。

音はなるほどの「FG-180」の音である。そう、轟音である。破裂しそうなバリバリ感が前へ前へ出ようとする。さすがに40年近い年月を闘ってきたモデルである。乾燥して低音も響くようになっている。私の大好きな「赤ラベル」の音である。音量もしっかりある。

「FG-180は激鳴り」と良く言われる。それは「合板にしては・・」という意味である。確かに現行のFGと比べても音量・低音・・・どれも負けていない。されど、やはり上位機種と比べると太刀打ち出来ない。美しさという点ではやはり少し劣る音なのである。

サドルは牛骨である。ナットが軟い樹脂なので換えたいところではあるが、このモデルはオリジナルのままで置いておくことにした。

横ロゴのFG-180を、最近あまり見なくなった。音叉マークはゴロゴロあるが・・。
このレベルの楽器に、50000円以上の価格がつけられている。「赤ラベル」が好きだ!という方以外には、少し高い買い物だろうと思う。

思い入れで買うギターである。50000円出せば、単板仕様のFGやLがいっぱい市場に出ている。音質から言えばそちらの方が上である。

ただ、この「赤ラベルサウンド」は他のギターでは出ないと思います・・・。

| トップページ |