himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

FG-1500

FG-1500

’66年から’72年まで作られたFG初期型、通称「赤ラベル」。
そのシリーズの最高峰ラインナップとして製作された、手工ギターがある。
FG-1500とFG-2000である。エゾ松単板トップ、ハカランダ単板サイド・バックの
恐るべきスペック。あの「中本輝美」さんの監修ギターである。

ボブ・ディランが使用したということで一躍スポットを浴びることとなったFG-1500。
今ではなかなか見つけることの出来ない代物である。このたび、やっとこさ探しあて、
私のもとにやってきた。

ピックガードが交換されて、みるも無残な姿であったため、FG-150タイプのピックガードを
作成。少し大きいのがタマに傷であるが、ヤマハらしくなった。

音はもう、さすがのハカランダ。FG-2000に遜色のないくらいのバリバリ音!!
FG-110や150の爆裂音ではない、上品な、しかし轟音なクリアーな音である。
マホやメイプルではない、ローズの音である。本当にクリアーである。清々しい。
ヤマハらしい、あのトーンである。

ボディーは薄いので、本当にこの薄さでなぜこんなでかい音が出るんだろうと思う。
やはり、単板・・・そしてハカランダは凄いと言わざるを得ない。

ネックは握り易く、ペグも「Y」マーク付きのオリジナル。

さて、弾きこんでいくとどんな音がするのだろう。
FG-1500と2000で、弾き比べもいいかも知れない。

| トップページ |