himejian-saiko.cocolog-nifty.com > ギター屋「はまやん」

FG-600J(Sold Out)

FG-600J(Sold Out)

赤ラベル、緑ラベルと進化を進めるYAMAHAギター。赤ラベルよりもさらに音を重視し、材の改良等を進めて、黒ラベルがスタートした。赤ラベル期の倍以上のラインナップを揃えて登場したのだが、1年半あまりの後、オレンジラベルにフルモデルチェンジ。短命モデルの烙印を押されてしまった悲劇のモデルである。音叉マーク、先細りヘッドというヤマハの時代は、あっという間に終焉を迎える結果となった。

そのせいか、中古市場でもかなり価格が低い。ハカランダモデルでも赤ラベルの半額以下の設定価格となっている。好みの分かれる先細りヘッド、ぶっといネック・・・しかし、それ以上にこのモデルを短命に終わらせたのは、先代「赤ラベル」の人気が衰えなかったせいかも知れない。悲しい運命のモデルだったのだろう。

しかし、この黒ラベルも音的には非常に優れている。緑ラベルの欠点であったちゃっちいペグを改良し、ネックも若干弾きやすくしているみたいだ。音もかなりよく、この600Jはニューハカランダ単板仕様。バリンバリンと咆哮するこのギターも、恐るべき実力を持っている。

入手した時は、まぁよくもまぁこんなボロボロが・・・と思える状態であった。ラッカーは剥げ、指紋跡がこびりつき、ペグはサビサビ・・・。しかし、おなじみ「柾目UM」にて恐るべき進化を遂げた。フレットをギブソンタイプ極太に打ち替え、象牙のサドルナットに変更。磨けるところは磨いて、鬼のような鳴りを手に入れた。バーンと響くその音は、前オーナーの弾きこみが激しかったのだろう。サウンドホールが削れている。乾いたその音、低音というより重破裂音って感じ。しかし、象牙の効果か、高音もきらびやかに出ている。所有するオールドFGの中でも、トップクラスの音量と音質といって過言はないだろう。響きはFG-500に負けないパワーを持っている。

中古ギターは汚い外観の方がいい音が出る、って証明のようなギター。重さもそんなになく、非常に扱いやすい。ピックアップをつけたが失敗。このギターは生がいい。ラインに繋いでも魅力は激減するだけだ。

| トップページ |