« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月17日 (金)

一撃必殺

ノロウイルスによる集団感染・・・たらーっ(汗)

どうも食パンが原因だったそうな。
製造メーカーは対応に追われている。

追われた後はどうなる!?
営業停止から立ち直れず、倒産というパターンが多いたらーっ(汗)

焼き肉屋、食事処、ケーキ屋さん・・・
口にするものを扱う業種にとって、食中毒を発生させる
ことは、まさに「死」を意味する。

まさに、一撃必殺である。
それだけ厳しさを求められる業種である。


一撃の強さ、そして怖さ・・・

0117



1995年、私が大学を卒業しようとしたその年
あの地震が起こった衝撃

まさに一撃必殺であった。
自然に対して、人間はあまりにも脆いことを知った。
頑丈だと思っていた阪神高速がいとも簡単にコケたダッシュ(走り出す様)

一撃で数千人の命が絶たれた。
もう、19年経つんだなぁ・・・と、三宮を走りながら
そう感じた車(セダン)

ルミナリエが決してデートスポットに成り下がらないよう・・・

そんな思いで東遊園地を眺めていたコーヒー

自然をなめたらいかん!
高校時代の山岳部で習ったこと。

ヘリコプターで運ばれる遺体は、16歳の私には衝撃だった衝撃

自然は決して人間の思い通りにはならない。
改めてそう思うようにしよう三日月

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

頑張れ!地方都市

ミサイル濱野さん、姫路に住んでますぴかぴか(新しい)
お世話になっているライブバー「かつおの遊び場」では、
私が団長となって 「姫路ってそない遠くない」運動を展開中です手(チョキ)



・・・んがあせあせ(飛び散る汗)

神戸まで70km。新快速で40分。
尼崎まで90km。新快速で55分。
大阪まで100km。新快速で65分。
京都まで130km。新快速で95分。
岡山まで90km。鈍行で110分。
ちなみに近江八幡まで170km。新快速で130分。

うーむ、全て「中途半端」。
通勤圏とはいえ、微妙な距離である冷や汗

LOFTもハンズもありますが、どれも「1フロア店舗」あせあせ
されどされど、鳥貴もいっちょまえに2軒ありますわ。
島村楽器もあればスタジオもある。イオンモールもある。

そんな街、今がチャンスとばかり頑張っております。
NHK「軍師官兵衛」舞台は姫路がスタートですぴかぴか(新しい)

01132



見てはりますか?
姫路城は官兵衛よりだいぶ後に出来たんで、ドラマではほぼ
姫路城は出てこないと思いますが・・・あせあせ(飛び散る汗)
昨日、主役の岡田くん(V6)が来てましたよるんるん

イチ地方都市ですが、元気になってきました。

駅前も再開発で、めっさ綺麗になりましたぴかぴか(新しい)

0113


陸橋が出来て、屋外エスカレーターが出来ました。
梅田みたいですわるんるん

綺麗になった駅前広場で、今日も路上している若者が
おりました。頑張ってもらいたいものです衝撃

50万人という、政令市にもなれない地方都市。
頑張っております!!
ぜひ、姫路という街を知って下さいねわーい(嬉しい顔)

ちなみに、ミサイル濱野のギターを展示しております
「ミサハマギター」
姫路駅より、車で20分。

宿泊設備あり(無料)。ぜひおいでの際はご予約をウッシッシ

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

地獄八景亡者の戯れ「たかじんさん来る!」

大物歌手、いよいよデビューるんるん
大々的に垂れ幕、看板がかかっております。


1月3日から、極楽ホールと地獄ドームは、ハチの巣を
つついたような大騒ぎでございます衝撃
ダフ屋は出るわ、チケットは即完売だとあせあせ(飛び散る汗)
まぁそれは、久しぶりの大賑わいでございますなぁ~湯のみ


「やしきたかじん 初七日連続公演」

スペシャルゲスト:大滝詠一

そりゃ、札止め、大入りも出ますわわーい(嬉しい顔)
こりゃ見逃せんとばかり、大勢の人が押し寄せます。

「ワタシモミタイデスネ~」と一人の外人が来ましたが
まだ来たらあかんと叱られております。
ありゃ、シューマッハはん。貴方はまだ来たらダメですあせあせ(飛び散る汗)



「おい、このライブの放送、東京でせえへんやろな?」
マネージャーさんに怒号が飛ぶ楽屋。

「もう死ぬ心配あらへんから、酒ガンガン呑むでワイングラス
少し酔った感じのまま、ステージに上がるたかじんさんわーい(嬉しい顔)

どわ~っと揺れる会場。総立ちの会場衝撃
「まぁ、座って聞きぃなぁ~」とたかじんさん呆れ顔。
そのひと言で会場は大爆笑わーい(嬉しい顔)

「今日は死ぬ気で唄うからな!」「もう死んどるがな!」
十三出身のおばちゃんのツッコミに、会場さらに大爆笑ウッシッシ


まぁ、あの世とは言え、そのライブの陽気なことぉ~晴れ

トークが半分、歌半分のステージ。
ラストナンバーは「やっぱ好きやねん」るんるん



「地獄八景 亡者の戯れ」の新たなワンシーンですぴかぴか(新しい)

こちらは寂しくなってしまいましたが、あちらは賑やか衝撃

そう考えると、少しは残念さも紛らわすことが出来る、と。



けど、やっぱ早いなぁ~。
やっぱ、こちらでもうちっと長くいて欲しかったね。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年 はじまりのうた

新年明けましておめでとうございます。
「まいにちのうた」ご愛読の皆様、昨年に引き続き
本年もご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。
いや~、年末からのだらけた生活のおかげで
体重がまた増加傾向・・・あせあせ(飛び散る汗)
明日から絞りにかからないと。

さて、2014年が始まりました。

今年は後厄の42歳になりますぴかぴか(新しい)
ええ歳したおっさんですが、そんなこと言ってたら
ホンマにおっさん化しそうです冷や汗

昨日のカウントダウンライブ。20代、30代の若手に
まぎれて、アラフォー世代も頑張りましたグッド(上向き矢印)

清流爽太郎氏
サンムーンパッケージさん
そしてミサイル濱野

01012


まだまだ全然、渡り合えますな指でOK
ポールマッカートニーや吉田拓郎と比べても、まだ
20~30年、若手です衝撃

前職の社員手帳の中に掲載されている
サムエル・ウルマンの「青春の詩」

青春とは人生のある期間をいうのではなく
心の様相をいうのだ

年を重ねただけで 人は老いない
理想を失う時に はじめて老いがくる

歳月は皮膚のしわを増すが
情熱を失う時に精神はしぼむ

人は信念とともに若く
疑惑とともに 老い朽ちる

希望ある限り若く
失望とともに 老い朽ちる



今年のテーマはこれです
「理想と情熱」

これで頑張っていこうと思ってますわーい(嬉しい顔)
皆様、本年もよろしくお願い申し上げますぴかぴか(新しい)



写真提供:水芭蕉カズ氏

| | コメント (3)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »