« ミサハマ動画 | トップページ | 価値観の差 »

2012年4月29日 (日)

おばあちゃんのうた

新ネタ作成中・・・なかなか出来ん・・・。

そんな新ネタですが、自分でも「どうやろか・・・」と思っています。
道徳的に、問題無いんかどうか、迷ってますねん。

大好きだった「おばあちゃん」の臨終の噺。
哀しくなると嫌だったんで、事実に基づいて面白くしている。
ただ、あくまでも人の「死」に対しての噺である。

「冒とくしているんか!」と思う自分もいれば
「大好きやったからこそ、いつまでも覚えていたい」と思う自分もいる・・・。
自分では、決して冒とくしている訳でなく、ユーモア溢れるおばあちゃん
だったから、楽しい噺にして、歌にして贈りたいな、と思っただけである


三味線を弾きながら、でたらめな歌をうたっていたおばあちゃん
冗談をケラケラ笑いながら言ってたおばあちゃん
小さい頃、おばあちゃんちから帰るのが本当に悲しかった。優しくしてくれた
おばあちゃんは、いつまでも私の中にいる。


「けーちゃん、あんたおもろいことするなぁ~」って
あの世でおばあちゃんが聞いたら、笑ってくれるかな?
怒りはしないかな?

自問自答、守護地頭の中、噺と歌は出来つつある・・・

さて、どうなることか。
1回限りのネタになってしまうのか?
「僕の彼女は幽霊さん」と同様、ミサハマの人情噺となるのか。

迷い迷い、作成なぅ。

|

« ミサハマ動画 | トップページ | 価値観の差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサハマ動画 | トップページ | 価値観の差 »