« 評価 | トップページ | 1枚のFAX »

2012年3月 7日 (水)

行き場のない想い

悶々とする日々。

「自分は会社に必要ないのでは?」と思うこともしばしば。
まぁ、必要ないなら辞めればいいだけだ。お荷物としてまでいる意味もないし、
会社に迷惑かけるつもりもない。後継者も出来たことだし、別段会社にとって
ダメージにもならんだろうし。

しかし、この「悶々とする気持ち」の出どころは、そこではないようだ。

それが分からないから、よけいに悶々とするんかな?

プライベートの時間が、極端に減っている。
ライブのスケジュールも、相変わらず組めない。
半日休みでは、やっぱり色々するには時間が無さすぎる。

されど、それは前職から一緒である。
てか、前職の方がその点ではひどかった。

恋愛か?いや、でもなさそう。

イベント企画の頓挫か?これはリベンジ出来る。

分からない。

生きる意味すら、見つからない。

かと言って、自分で命絶つのもアホらしい。


現状を打破していないから、日常が当然となり、平々凡々になって
しまっているのだろうか?

ならば、革新せねば。
ならば、新しい何かを見つけなければ。

そうか!

新しい発見を求めていないせいかも知れないな。

場所は姫路駅前。
ギター1本あれば、革新出来るな!

|

« 評価 | トップページ | 1枚のFAX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 評価 | トップページ | 1枚のFAX »