« どうなる?2012 | トップページ | ギター屋顛末記 »

2011年12月14日 (水)

やっぱり違う音

友人がギブソンのギターを購入~♪

サザンジャンボ。ジャリーンと鳴るその音はまさにギブソン。新品のギターは鳴らない、というのはギブソンには当てはまらないのだろう。

そして、昨日うちにやってきたのは、これまたFG。

フォークスタイルのThe FSという名のヤマハ。弾いてみた。

シャリーン・・・やっぱ、ヤマハの音である。

同じ松、マホガニーという木を使っているのに、なんでこないに音が違うんだろな~。

木の名前が同じでも、やっぱり産地とかでも質が違うと思うし、作る工程やブレイシングの違い・・・わずかの違いも、積み重なればである。それが「ジャリーン」と鳴るか「シャリーン」と鳴るかの違いである。

でも、私はやっぱり松+マホガニー派である。

でも待てよ、FGはマーティンを真似して出来たギター・・・ここも摩訶不思議である!?

|

« どうなる?2012 | トップページ | ギター屋顛末記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうなる?2012 | トップページ | ギター屋顛末記 »