« ギター屋顛末記 | トップページ | ちょうど40数年前・・・ »

2011年12月16日 (金)

前オーナーは誰だ!?

オークションで運ばれてくるギター(落札したとも言う)。

前オーナー、その前のオーナー・・・どんな人が使ってたんだろうとよく思う。

特に70年代のFG。歴戦の傷は誰が、どんな使い方をしてついたものだろう。私がまだ赤ちゃんだった頃に新品で買ったオーナーさん。まだライブハウスなんか少なかったろう時代に、いろんな所で弾いたんだろうな。公園で、駅で、広場で・・・。

40年前に、誰かが買って誰かが弾いて、手放し、また使い・・・

いろんな人の思い出が詰まったFGが、50本以上ある。

その中には、もう死んでしまった人もいるだろう。その人の魂もひょっとしたらFGに詰まっているのかも知れない。それは怨念とかではない。いろんな人の思いが音となり、傷となり、今この音を出しているのだと思う。

私もいずれ、手放すことになるであろう。棺おけで全部は燃やせない。

さすれば、誰かの手に渡り、また弾かれるのであろう。

そうすれば、あと50年くらいしたら・・・「このFG、誰が弾いてたんやろ?」と、同じ思いをする同士が出てくるのであろう。

100年もののFG・・・どんな音なんだろうか?

定年になって、いい音に育ったFGでライブしたいものである。

|

« ギター屋顛末記 | トップページ | ちょうど40数年前・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギター屋顛末記 | トップページ | ちょうど40数年前・・・ »