« 先を見据えて | トップページ | ミサイル濱野は滋賀産 »

2011年11月23日 (水)

巨星堕つ

立川談志さんが亡くなられた。

はっきり言うと、東京の落語家はあまり好きではない。関東弁がなにより苦手なだけに、やはり落語は「上方」という思いが強い。だから、談志さんも特に好きでも嫌いでもない。

「個性」と言ってしまえばそれまでだが、自分の思ったとおりを言い放つ・・・私はそれがどうも好きではない。ただでさえマスコミに影響力のある、芸能界の人なんだから、言いたい放題ってのはあまりいいとは思わない。そんな私は古い人間なのかな?

思ったことを言っていいなら、本当に苦労しない。

ただ、それに対して傷ついたり悩んだりする人もいることを忘れてはいけない。

かといって、そんな事ばっか考えてたら何も言えなくなってしまうのだが・・・。

相手の立場、状況、能力を加味して、やはり考えて話すことも大切だ。

ただ、芸能界では多くの有能な人物を育ててきたのも事実。噺ももちろん軽妙でチャキチャキの江戸っ子口調で小気味よい。

言動には賛同出来ないが、やはり巨星に変わりない。

偉大な人物であったことに違いはない。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 先を見据えて | トップページ | ミサイル濱野は滋賀産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先を見据えて | トップページ | ミサイル濱野は滋賀産 »