« FM局からの営業 | トップページ | 夢は幻ではない »

2011年11月 2日 (水)

懐かしい写真

ガサゴソと部屋を物色していた。

というのも、これ何入ってたかなぁ・・・というものが部屋には結構ある。めったに開けたことのない缶のハコとか、けっこうあるもんだ。

開けてみた。

大学時代の写真やもらった手紙が入っていた。

「濱野先輩へ」卒業の時に後輩からもらった手紙。当時の電話の領収書。マンションの契約書など。どれもこれも、懐かしいものである。

京都市左京区静市市原町721 ニケンカン401号

これがはじめての一人暮らし。濱野景一の第一歩であった。

親父とオカンが引越しの手伝いをしにきて、隣にあったお好み焼き屋に親父が「息子がまた来るから、よろしく頼む!」と言っていたのを思い出した。

昔の写真を見ても、少しコロっとした以外、変わっていない。昔から同じ顔。

そういえば、大学のサークルの合宿で、お馴染みのメンバーアンケート。

「かっこいい人」ではランク外が定位置の私(涙)。

「いいパパになりそうな人」では常にトップ(苦笑)。

常にトップだった男が、同級でベッタかブービーを争っている(涙)。

写真や文字を見ただけで、思い出す懐かしい日々。

今、私を作っている一部が、そこから生まれたのだと思うと感慨もひとしお。

姫路で育ち、京都で大きくなり、滋賀で爆発し、京都で熟成し、姫路に戻る。

いろんな地での生活が、今の自分に影響しているのだと思った。

|

« FM局からの営業 | トップページ | 夢は幻ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FM局からの営業 | トップページ | 夢は幻ではない »