« オカンの心配事 | トップページ | いよいよ来ました、いい季節 »

2011年10月10日 (月)

弾けば育つ

私がライブで使っているギターは「ヤマハ The FG」というギター。

7年前に大阪の三木楽器に無理言って作ってもらった、オーダーメイドのギターである。

当初はほんま、鳴らなかった。いい材料を使っているのでそれなりには音量はあったが、全く響かなかった。なんちゅーか、サウンドホール付近でちょろちょろ鳴っている感じ・・。

サウンドホールには弾き傷が出来て、ヘコミ等の傷が出てきたが、最近やっと鳴り始めた気がする。やはり10年はかかるな、新品ギターが鳴り始めるには。

昨日弾いたギターは1974年製。もう37年前のギターである。

・・・が、鳴らなかった。関東のギターショップで購入した。ピッカピカのそいつは見た目には綺麗で、とても37年前のものとは思えなかった。それゆえに弾かれていないせいか、音が全く育っていなかった。

ただ、年数が経っているので、弾き倒していたら最近鳴り始めた。

新しいギターほど、鳴るまでに時間がかかる。

空気が乾燥している今こそ、ギターにとっては最高の時期。

弾き倒して、乾かして、早くいい音出るように育てたい。

一気に50本、いろんな方に弾いて頂いた、先日開催の「FG弾き倒しまつり」は、一気に多くの人に弾いて頂けるイベントだったので、けっこう助かったな。

いろんな音を吸収することで、ギターも育つ。

よく行くピザ屋さんに立てかけてあるギター。決していいギターではないけどいい音がしていた。いろんな音を吸収し、いろんな人に弾いてもらい、いろんな空気を吸っているからそんな音になったのだろう。

ギターだけは、過保護じゃあかんな。

|

« オカンの心配事 | トップページ | いよいよ来ました、いい季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オカンの心配事 | トップページ | いよいよ来ました、いい季節 »