« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水)

日の出刑事、ミサハマ

リラックス出来る空間

リラックス出来る時間

リラックス出来る人

それらが揃うと、こうも心地良いものなんやぴかぴか(新しい)

昨晩は遅くまで食べて飲み、朝から現場で日の出時間と山陰の確認、そして足場工事立ち会い・・

ほぼ寝てないあせあせ

でも何故か軽やかるんるん

日の出を見た晴れ
山陰からパーッと現れる太陽ぴかぴか(新しい)
汚れ荒んだミサハマさんを癒やす太陽わーい(嬉しい顔)

爽やかな風と山の匂い

石ころ拾いながら散歩

行き止まりのあぜ道

もう一度歩きたくなる心地良さるんるん

いい朝だった。
けど、やっぱ眠いやウッシッシ

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

懐かしの京都で久々に!

8月12日(金)
京都市伏見区「カフェ・ドゥ・ゴスペル」

芸-bako
フリーステージ Hola!おらが一番!!vol.4
17:30 OPEN 18:00 START
フリージャンルOK!(弾き語り、バンド、漫才、
マジック、芝居、ダンス・・・etc.)
なんでも来い!なイベントです♪

持ち時間 1秒~30分(セッティング込)1曲からOK!

【エントリー】
ミサイル濱野
笹野雅之
オキシドール

まだまだ出演者募集中だそうですわーい(嬉しい顔)

お盆ですが、数年振りの京都公演。それも懐かしい第3の故郷、伏見ぴかぴか(新しい)

だいぶ経ったなぁ・・・京都で最後に歌ってから。三条「和音堂」さんにて何度かライブに出演させて頂いた。姫路に帰ってからほとんど行けてない。

そんな京都でまた唄えるとは・・・有難い。

あの頃の「ミサイル濱野」を思い出して、唄いたいと思います。

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

きみまろが言う「ライブ」

綾小路きみまろのライブドキュメントがテレビでやってた。

爆笑を誘うあの軽妙なトークの裏に、必死の思いがいろいろあった。

ネタは1万を超える小さなメモから作っていき、今までのライブを録音し、ライブ始まるまでに当日のお客様の様子をリサーチし・・・物凄い努力だ。

ステージが終わると、3kg痩せるそうな。

これぞ、「ど真剣」である。

私はプロではないが、お客様を前に唄ったりすることがある。

お客様を前にしたら、プロもアマもない。

そこには、もっともっと「努力」「創意工夫」が必要である。

それに・・・「熱意」「気合い」

ライブがあって、生活があるというきみまろさん。

ライブというものに、どれくらい力が入っているか、その一言で垣間見ることが出来る。それくらいに真剣にならないといけないって事。

気持ちを入れ直そう!!

失礼のない、全力のライブをしていこう。

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

39歳、お米を研ぐ

オカンが法事のため、1日外泊。兄弟達とワイワイやって
いることだろうわーい(嬉しい顔)

帰っても、誰もいない家・・・。
おぉ・・・これぞまさしく「青春の思い出」よぴかぴか(新しい)

18歳の時、泣く泣く(ウソ)姫路を飛び出し、京都の山奥に
引っ越した。京都芸能学院上賀茂校舎に入学した私は、それから
役20年、一人暮らしをすることとなったのだるんるん

その間、一度たりと「寂しい」なんて思ったことなかった。
食う、寝る、遊ぶが自由な暮らし。スラム街のような部屋では
あったが、その空間にいるだけで楽しかったわーい(嬉しい顔)

数年振りの一人ぼっちの空間・・・

・・・・・・

・・・・・・

おぉ、これぞ、あの頃の気持ちよ衝撃
嬉しさで血が泡立つわ桜

ボケーっとテレビ見て、ギターをボロンと弾いて、
適当な時間に寝ようとする(仏壇のお茶は下げました)。
確かに誰か、話す相手がいたら楽しいやろけど、この
1人っきりの空間は、ある意味心地よいものであるぴかぴか(新しい)

炊事、洗濯・・・どれもそつなくこなしてしまう、器用貧乏が
災いしたのか、いまだに独身ではあるたらーっ(汗)
「メシー」「フロー」「ネルー」
オカンや奥様は、決して家事ロボットではない。
男も出来ることはせなあかんダッシュ(走り出す様)
男は外で働いて、女は家で家事をする・・・
そんな時代じゃ、なかろうて湯のみ

豚のバラ肉とピーマンの千切りを味覇(ウェイパー)で
炒めたら、料理なんて5分で出来るやん電球

洗濯機に服入れて、アタック1杯入れてボタン押せば、
クルクル洗濯出来るやんスポーツ

一人暮らしをして、初めて分かるオカンや奥様の有難さ・・・
そのことを忘れないでおこうと思った、つかの間の一人暮らし。

明日の朝メシの仕込みをする、39歳、独身男富士山
米は押すように研ぐべし!!

研ぐべし!!

シャッコシャッコと小気味良い米研ぎの音るんるん

伏見のあの空で、米を研いでいたプータロー時代を少し
思い出した、週末のミサハマさんでございましたわーい(嬉しい顔)

シャッコ、シャッコ・・・おにぎり

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

ミサイルさんちのギター

部屋に数本、ギターが転がっております。

転がっている・・・といっても、スタンドに立てかけてあります。5本ほど常に部屋に出して、いつでも弾ける体制になっております(ん?体制??)。

ポロンポロンと毎日最低5分は弾いております。尊敬する「木村三郎」さんに、最低5分は毎日触らないといけないよ、と教えて頂いてから、極力毎日弾いております。

普通なら、5本部屋に転がっている光景は奇妙に映ると思います。あのデカいギターが部屋に5本あると、けっこう「邪魔」です。

ベッドの下には、50本のギターが眠っております。

はっきりいって、「異常」な世界です。

こんな生活がかれこれ10年近く続いてますが、これはこれで気持ちのいい物です。

ギターは生き物です。弾いてあげないとスネますし、弾いてあげればいい音を出すし・・。素直な楽器やなぁ~とつくづく思います。

そんな素直なギターがいっぱいあります。

ぜひ弾きに来て下さい。大歓迎です!!

| | コメント (0)

2011年6月15日 (水)

ご縁に囲まれて

ご無沙汰でございます。

いろいろと思いを馳せ、考え方を換え、なんとか生きてきました。考え方を変えたら、いろいろと状況も好転してまいりました。

兵庫県でなかなか活動出来ませんでしたが、いろんなご縁から歌う環境に身を置くことが出来ました。地元姫路ではないが、となり町で歌ったりしております。

1人の方からのご縁で、さらに1人2人・・・それが多くの仲間に繋がって、楽しくやらしていただいております。音楽というものの強さと、拡がりを感じているところでございます。ワイワイと騒ぐ、そして歌う・・・楽しい空間があり、そこに集う仲間とさらにご縁が拡がる・・・いいスパイラルの中に居ております。

「遠いとこから・・」と言われることがありますが、心地よい空間に向かうのに近いも遠いもございません。それが滋賀であろうが、京都であろうが、大阪であろうが、神戸であろうが、宍粟市であろうが・・・。つまらんところに向かうほどしんどいものはないですが、楽しいことが待っているところに向かうのに、しんどいもヘチマもありゃしません。

そんなご縁から、また歌う場所が見つかりました。

なかなかライブがやりにくい環境ですが、やれない環境ではございません。それゆえに、1本1本のライブを真剣に、確実に、気合い入れて臨んでいかねばなりません。

ご縁を大切に・・・。知り合った仲間に囲まれて、パワーが充填されていくのが分かります。

この「まいにちのうた」も続けないと・・・。

2011年・・・自分も何か変わらないと!!

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »