« 蓮舫、AKB48を仕分けする | トップページ | ワールドカップ考 »

2010年6月15日 (火)

8時5時

本日は京都出張のため、夕方姫路に戻った。

社長のありがたいお言葉「たまには早く帰りなさい。」なんと・・・嬉しくて涙でそうだ。社長と専務は、厳しいながらも優しさが溢れている。この2人のためなら・・・と、また奮起するのだが、さすがに朝から先方の偉いさん方に囲まれて、精神的にヘロヘロだ。疲れた体で家まで帰り、さすがに布団に倒れた。

基本、5時が定時のため帰ってもいいのだが、いろいろやっていると、なんやかんやで夜の8時をまわったりする。クタクタで帰って、オカンと話しするパワーも残っていない。

本日はご飯もゆっくり食べられて、オカンとたわいもない話が出来た。

時間のゆとりってのは、本当に大切だ・・・そう感じた1日だった。

1日だけの「帰省」・・・といっても、もと住んでいた伏見へ1日帰省。ココロの故郷、伏見。テクテク歩いていただけで、郷愁を感じた。戻りたい・・・戻れない。

あまりにも思い出が多すぎて、伏見の街はジーンとくる。

まさかこんな形で戻ってくるとは思わなかった。とある大きな会社の窓から、阪神高速京都線を眺めながらそう思う、ミサハマさんでした。

|

« 蓮舫、AKB48を仕分けする | トップページ | ワールドカップ考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蓮舫、AKB48を仕分けする | トップページ | ワールドカップ考 »