« テレホンショッキング!! | トップページ | ミサハマ千葉へ行く(準備編) »

2010年5月22日 (土)

13年ぶりに帰ってきた奴

私の手元に、スーパーテネレが帰ってきた。オフロードバイクだ。

滋賀で就職して、2年目の春にローン組んで買った。すぐに石川に転勤になった。それから信州や北陸を走り倒した。しかし、若かったせいもあり「もっとデカいバイクに乗ってみたい」という気持ちになり、900ccのロードバイクに変わっていった・・・。

バイクってのは、小さいものに乗っていると、ついつい「もっと大きいのん!」と欲が出る。そして乗り出すと、その満足感は一瞬にして冷めてしまう。そして「さらに大きいのん!」と新たな欲が出てくるものだ。140馬力なんて、とうてい使い切れないのに・・・。

140馬力の1100ccに乗っていて、アホみたいに出るスピードを体感した。されど、所詮高速道路にて一瞬訪れる「最高速チャレンジ」の際にしかそのパワーは使えない。出しても120km/hのマイペースな私に、その大きいバイクはどんどん重荷になっていった。

どこでもそれなりに走れて、そこそこパワーがあって楽チン♪

そう思った時に一番に頭を過ぎったのが、あのスーパーテネレだった。

001_2 13年の時を経て、手元に戻ってきた。もちろん、あの時売り払ったものではないと思う。ひょっとしたらそうかも知れない。けど、そんなのはどうでもいい。

またこいつと走るんだ。

25歳の私が乗っていたあの頃とは環境も何もかも違う。されど、このどっしりした牛のようなスタイルは、いやがおうにも、私をあの頃に戻らせる。

前のバイクから比べると、全くと言っていいほどスピードは出ないし、装備もちゃっちい。おまけに超マニア向けなバイクである。

されど、また戻ってきた。

ちょこちょこ直して、またいい旅をしたいと思った。

1ヶ月遅れだが、誕生日プレゼントとして戻ってきた(ことにしている)。

|

« テレホンショッキング!! | トップページ | ミサハマ千葉へ行く(準備編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレホンショッキング!! | トップページ | ミサハマ千葉へ行く(準備編) »