« 祇園祭近し | トップページ | ミサハマギター姫路店 復活!! »

2009年7月12日 (日)

良きライブとは

昨晩、京都までライブを見に行った。久しぶりの京都、丸太町。御所を歩けば気分は当時のまま。かつて京都人としてテクテク散歩してた御所を歩く。

0711noriko 山口のりこちゃんのライブ。

ずっとスーツ姿でギャップの激しい歌を唄うのりこちゃんが、可愛らしい格好で唄っていた。1年くらい見ていなかったのだが、いい意味で変わっている部分もあり、いい部分で変わっていない部分もあり、進化していた。

とてつもなくギターや歌がうまい訳ではない。

しかし、何故か引き込まれる世界を作り上げるのりこちゃん。だからこそ、150kmの距離を走ってでも見に行こう、聴きに行こうと思うのである。

上手なミュージシャンは多くいてはる。しかし、上手だけでは魅力にならない。その人と話して感じるところ、MCでの話し、お客様への気遣い・・・どれが欠けても魅力は半減する。特にMC・・・ミュージシャンの意思や歌への思いを伝えるいい時間なのだが、内輪の話や自分ひとりで笑っているMCは、正直しんどい。

いろんなライブを見て、ほとんどが素晴らしいと感銘を受けるが、中にはどうも・・・というライブもある。テクニックは素晴らしいのだが、やはり魅力という部分がどうか・・という部分である。

自身の戒めにも、少し辛く書いてみた。決して、自身のライブが完全と言う訳ではない。あくまで客目線からの話である。

|

« 祇園祭近し | トップページ | ミサハマギター姫路店 復活!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭近し | トップページ | ミサハマギター姫路店 復活!! »