« ある意味ゴールデンウイーク最終日 | トップページ | ミサイル濱野@高松 »

2009年5月11日 (月)

泉谷しげるが泣いた

「あいつは死んでない!」と、忌野清志郎氏のお別れ会に参列しなかった泉谷しげるがライブ会場で泣いたそうな。「雨上がりの夜空に」を熱唱し、感極まったらしい。

これぞ「友情」って感じである。

そんな友情で結ばれた男と男って、ごっついカッコイイと思う。

死んだ時、泣いてくれる人は親兄弟、親戚以外いるやろか?

「あぁ、死んだんや~。」で、二度と話題にのぼることがないってのは、寂しいやろな。

死んだ時に思い出に残れるような、短くても濃い人生を歩みたいものだ。伝説になんてならなくていい。せめて人の記憶の片隅にでも残れるような、濃い人生を歩みたい。

そんな時に口ずさんでもらえるような曲が1曲でもあれば、それでいい。

そんな曲を作って、自分自身の足跡にしよう・・・という気持ちで、音源作成始め!!

(と言ってもまだ機器の説明書読むことからのスタートですが・・)

|

« ある意味ゴールデンウイーク最終日 | トップページ | ミサイル濱野@高松 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある意味ゴールデンウイーク最終日 | トップページ | ミサイル濱野@高松 »