« 泉谷しげるが泣いた | トップページ | 政治家リストラ策 »

2009年5月14日 (木)

ミサイル濱野@高松

火曜、水曜と四国へ出張だった。

距離にして140kmほど。遠いと言えば遠いが、近いと言えば近い。

昔、ラジオをよく聞いていた時代、「JRT四国放送」をよく聞いていた・・・というか、よく聞こえた。大阪のラジオ局並みの感度で受信出来たからだ。オールナイトニッポンは、四国放送で聞いていたと思う。

今日、渋滞に巻き込まれながら適当にFMのチューニングを合わせた。DJが言うには「FM香川」・・・へぇ~、香川のFMが入るんや。まぁ、瀬戸内海挟んでるだけやし、入ってもおかしくはないよな・・・と。

たった2日の出張だったが、何故か四国に入ると気合も入る。

何故こんなに、四国が好きになったのか。いや、いつからこんなに四国への愛情が深まったんだろう。やっぱ、バイクかな。大学2年の時、何も目標が見つからなくなって、学校さぼって四国へ旅した。それが四国初めであった。それ以来、なんやかんやで四国に来ている。今年なんぞ、プライベートでも何回海を越えただろうか。

兵庫町のアーケード。少し広くなったところでギターケースを広げ、少し唄った。

きれいになった駅前の広場でも、少し唄った。

妙に旅気分が溢れる町、高松。特に目当ての店もない、来ないといけない理由はない(仕事は別ですよ)。されど、プライベートでもなぜかよく来る四国。

きっと今月、あと1回は四国に行くだろう。高松で唄うだろう。

うどんを食べ、塩江温泉に浸かり、駅前でブラブラ・・・それだけでいい。

何故か心癒される四国。住みたいくらいだ。支店出来ないかなぁ~なんて思ったりも。

得意先に女性営業さんが着任された。心惹かれる私・・・そんな思いも胸に秘め、また私は瀬戸大橋を渡るんだろう。そして唄うんだろう。新たなチャレンジ「高松でブッキング」。

HOBOけいすけ氏のように、私も渡り鳥になれるだろうか・・・無理っぽいな。伝書バト止まりだ(笑)。

思い続けると実現してきた私のライブ活動。四国は高松で唄う日も、きっと来そうな気がする。

|

« 泉谷しげるが泣いた | トップページ | 政治家リストラ策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泉谷しげるが泣いた | トップページ | 政治家リストラ策 »