« 積み重ね | トップページ | ある意味ゴールデンウイーク最終日 »

2009年5月 8日 (金)

男と女のシークレットゾーン

営業車で聞くのはABCラジオ。

だいたい運転中に聞くのは「全力投球、妹尾和夫です」である。その番組の金曜日のコーナー「男と女のシークレットゾーン」。かの昔、さんまの「明石家電視台」のアシスタントもしてはった安井牧子さんが、その持ち味のエロい声でエロい投稿を読むコーナー。

今日の話題は、30歳過ぎの旦那さんの話。

親と同居していて、子供2人。毎晩仕事と子育てでヘトヘトな夫婦。そんな最中、親が旅行で留守。子供を寝かしつけてそのまま寝てしまった旦那を起こす嫁。

「ねぇ・・・しようよ。」「へ?何を??」「もぅ・・・何回言わせるの。」

1年振りの夜の合体は、そりゃもう・・・♪

・・・・・ほんまかいな、と思う私。そんなもんなんかな、とも思う私。

子供が出来ると、確かにバッタバタでエッチどころではないだろう。甥っ子や姪っ子の世話を少ししただけでも疲れるのに、我が子ならばよけいに疲れるだろう(それを上回る喜びがあるのだけれども)。夜は少しでも寝たい・・・そう思うのが定説である。

それがセックスレス夫婦ってものに繋がるのだろう。

セックスってのは、子供を作るための営みである。それと同時に、愛を確かめ合う時間でもある。夫婦になるにつれだんだんとセックスが減る・・・愛を確かめる時間と体力が無くなってしまうのだろうか。まぁ、そんなことしなくても愛を確かめることが出来るのが、本当の夫婦なのかなぁ。

男と女って、難しい。

そう思うと、一人者は気楽だ。

|

« 積み重ね | トップページ | ある意味ゴールデンウイーク最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 積み重ね | トップページ | ある意味ゴールデンウイーク最終日 »