« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

5月のうた

今日で5月も終わる・・・

ゴールデンウィークから始まって、どうも釈然としないまま終わってしまった感がある。

旅に出たのだが、バイクとは違う車の旅だったせいかしら、いまいち感動する事がなく終わり、リフレッシュには繋がらなかった。そして自身の失敗から招いた騒動・・・営業マンというか、社会人としての自身が一気に崩れ落ちた。そして数字もついてこなかった5月。不況のせいと言ってしまえばそれまでだが、それだけではない「何か」が常につきまとい、追われていて、恐怖におののいていた気がする5月であった。

不思議と人生の流れに違和感を感じはじめている。

こんな生き方で正しいのだろうか?

まぁ、誰しもが持っている気持ちなんだろうけど、どうも最近そんな気持ちがどんどん高まっていく。それでも期待してくれる人やお客様がいると思うと、そんな気持ちは心の奥底に無理やりしまっておかないといけないのかも知れない。

残念なのか、驚きなのか・・・細木数子の予言通りの流れになっている。すごいな、あの人は・・・。

てことは、6月はいい月になるのかな?

そう願っておかないと、とてもじゃないけどもたない。

自分のレベルと求められているレベルのギャップの差があまりにも大きく、数年先が見えない。「ああなりたい」ってビジョンを描く前に「多分落っこちてる」という、ネガティブなイメージしか見えてこない。

「ミサハマギター」復活に向け、せっせと牛骨を削るミサハマさんの週末。

ネガティブな割りに、今日も休日出勤(2時間だけ・・)して仕事を捌く・・・というか、そうでもしないと仕事終われない己の拙攻よ。

どうも歯車のおかしい5月でございました。

6月はライブ1本。大阪でやります!!それを起爆剤にしたいものだ。恋もしたいな~・・

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

ギターが弾けない!!

今までお隣が空き家だったので、夜も朝もお構いなしにギターをバンバン弾いていた。格好の練習場と化していた、我が仏間。お父さんごめんなさい!!

しかし、本日お隣に初老の夫婦が入居した。

ピンチ!!夜ギター弾けへんやんけ。作曲出来ないやんけ。

まぁ、これからの季節は外で弾けるからいいのだが、やはり生活に気を使う場面が出てくるであろう。ドカドカ昇っていた階段もしずしず上がらないといけないし・・・。

逆にガンガン弾いて、お隣を追い出す・・・って、そんな残虐な技を使えるミサハマさんでもないしね・・・。あぁ、苦悩の日々が続きそうだ。まぁ、これが普通の生活なんだろうけどね。今までが自由奔放すぎたかな!?

週が明けたら、もう6月だ。また暑くなるなぁ・・・。

夜は練習を兼ねて、外で唄うとするか。愛しのあの子を誘ったら、一緒に歌でも唄いながら愛をささやく・・・てのもいいかもね♪

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

いい汗かいた!!

本日は現場で作業。重たいパソコン持って階段を昇降する。

いや~・・・爽やかな汗!!

非常に清清しい!!

・・・・・シャツは汗でボットボト。そのまま得意先をまわる。営業車内はエアコンが効いている。ひいていく汗、冷たくなるシャツ。

・・・・・

ご想像の通り、風邪ひいたみたいでごわす(汗)

この(汗)も、早く拭かないと風邪ひどくなるな(笑)・・・って冗談言ってる場合じゃねぇな。早く寝よう!!

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

ノース・コーリアへの手紙

いい加減、目を覚ませ!!

だだこねても、もう援助はもらえないぞ。

世界を敵にまわしても、なーんもいいことないぜ。

そのミサイルで、いったい何人・・いや何万人が食べれるんだ。そのミサイルで、いったい何人・・いや何万人が飢えるんだ。

なんで争う、なんで平和に過ごせない!?

共産主義が生んだ弊害は、現在の平和さえ脅かそうとしている。

・・・・・

人の国の心配をしている場合じゃない。

自身もしんどい。追われる仕事は本当におもろない。帰る時間は遅くなり、プライベートはなくなるばかりだ。給料安いのはいい、それが実力だから。しかし、プライベートタイムが少なくなっていくのは、ガマンできない。

早く帰ればいいだけなんやけど・・・。それがね~(苦笑)

どげんかせんといかん!!

割り切る心も必要だ。ズバっと区切りをつけるのも大事。人生でも、ずばっと区切りをつける時ってのがあるはずだ。「違うな!」っと思ったら、すぐ変化である。

どげんかしよう!!

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

「ミサハマ」という呼び名

あれは24歳の春・・・アッホみたいに発注して、アッホみたいに売りまくって・・・入社2年目とは思えないガンガン進む姿を見て、当時の総務次長がつけた名前・・・

「お前はミサイルみたいやな。ミサイル濱野やな。」

それ以来、商売道具のカッターナイフに「ミサイル濱野」とシールを貼っていた。カラオケでも「ミサイル濱野~!!」と言われながら、布袋寅泰の「サーカス」を歌っていた。知る人は知っているが「サーカス」とも言われていた時代もある(マニアックな話)。

唄うようになって、芸名をつけなミュージシャンらしくない・・・ってことで、すぐ思いついたのが「ミサイル濱野」である。それ以来、「ミサイルさん」「ミサハマさん」となり、現在に至る。「ベンジャミン伊東(若い人は知らないだろう)」みたいでカッコイイと思っていたが、本名バレバレのため、いろいろと弊害もある訳で・・・(汗)。

本日、鉄部門の工場に電話をした。

「ちょっと待って下さいね~。」の後、受話器から聞こえてきた声・・・

「ミサハマさんから電話~キャハハハハ~(爆笑大笑い)」

キャハハって・・・こっ恥ずかしいながら、妙に嬉しかったりして。あだ名で呼ばれると、それも職場の人からそう呼ばれるとなんか親近感が湧いて嬉しいものだ。

ミュージシャン仲間からは普通に「ミサハマさん」「ミサハマ」「ミサイル君」と呼ばれている。慣れているので気にしなかったが、普段呼ばないであろう方にそう呼ばれると、なかなか照れるものである。

人と人の真のコミュニケーションは、あだ名で呼べるかどうか・・・持論である。もちろん、公の場ではきちんと呼ぶのだが、普段仕事している時はあだ名でかまへんやんけ、というのが我が持論。

歳は食っているが、会社では5番目くらいにペーペーである。それ故に「さん」付けで呼ばれるよりかは「ミサハマ」の方が嬉しいものだ。せめて「ミサハマさん」「濱ちゃん」・・・(笑)。

まぁ、気軽に呼んでもらえるには気難しい顔してたらアカンのやろな。明日から、笑顔で・・・笑顔で・・・!!

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

昇給・・・の季節らしい

話聞くところ、今月の給料から昇給があるそうな。えらく社内がザワザワしてた。

私自身は、昇給してもらえるほど仕事出来てないのでどうでもいい。第一、評価するのは上司だ。その方が判断したのだから、こっちがとやかく言う必要はない。そのスタイルは今も昔も変わらない。明細を見ないのも変わらない。

そりゃ、給料は多いにこしたことはない。ただそれは、仕事をきちんとこなしたらついて来るもんだ。仕事がいい塩梅で出来ていないとか、権利ばっか主張して義務を果たさない者は、給料が増えないのは当然!常々私はそう思っている。きれいごとではない。出来ないものは淘汰される・・・自然界と同じ。今のままの私では、昇給どころか淘汰されてしまう勢いである。踏みとどまるべく、もがけばもがくほどドツボにはまっていく気もするが、それでも何かせずにはいられない・・・それが焦りとなり、沈んでいく原因かも知れない。

何かに追われて、焦ってるんだろな・・・俺。不思議なくらいにしんどい。

実際通帳に記帳するのはオカンが(こっそり)しているようだ。私は通帳なんぞ見ることもなく、使うだけ。昇給したかどうかなんて分かりっこない。まぁ、仕事がしんどいだけって思っているうちは昇給なんてしないだろうな。

ただ、言えることはただ一つ・・・

この給料では、結婚は無理無理(笑)

独身貴族で一生が終わりそうだ。切ないのぅ・・・。まぁ、それもいっか♪何か1つでも楽しめることがあれば、そんな人生も悪くない。仕事は頑張る、手を抜くつもりもない。でも、所詮数字の世界。義理と人情だけでは雇用は継続しない。ダメと言われりゃ、すぐに身を引く。それまでは頑張る。その努力があれば少しくらいは給料上がることもあるだろうし。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

木村三郎さんを見て

昨日、滋賀県八日市「太子ホール」にてライブがあった。

「It’s showtime」HOBOけいすけ氏によるマンスリー企画ライブである。

HOBOけいすけvs木村三郎。好カードである。お馴染みホテル予約で乗り込み、ライブ観戦モードである。

002 恐るべし・・・

この人はさらに進化し続けている

恐るべし木村三郎!!

自分の世界という風呂敷をパーッと拡げ、決して妥協しない。表情ひとつ、歌ひとつ、MCひとつ・・・どれを取ってもまるで精密に計算されたような世界を広げはる。

HOBOけいすけ氏が先陣で、そのギターの音と声で会場をやんわりと包み込んだ後ということもあっただろう。木村さんがその空気を一気に自分の風呂敷に変えて包み込んだ感じであった。我々お客は2種類の世界を楽しめた。それだけでも満足一杯!!

YAMAHAを担いだ木村さんにはまだ馴染めない感があったものの(笑)、やはり木村さんのステージであった。数ヶ月振りの木村さんのステージ・・・得るもの多かった。楽しい夜はあっという間に過ぎる。けいすけ氏、木村さんのギターを見させて頂き、いろいろお話をして終了。

進化したステージを見せられ、魅せられ・・・ますます創作熱高まる、ミサハマさんでした。

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

四国からの便り

前回訪問した、四国の得意先の営業さんから手紙が来た。

メールではなく、手紙で返事が来た。

いまどきにして珍しく、また丁寧で、心が見える。

メールでポポポン~っとメール送るのは、ある意味簡単。しかし、手紙でがっつりと返事を書いて来はるその心意気が素晴らしいと思った。

出来る人だ・・・というか、心温かい人なんだろう。見習わなければ・・・。

これは、歌になるぞ!!

出来たら、高松・兵庫町で歌おう!!

疲れ切った体と心に、少しだけぬくもりを感じた瞬間だった。

頑張らないと!!

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

情けない

己のバカさ加減・・

ほんと、情けない。
しかし、現時点では残念かな、そこまでの男だ。

サラリーマン失格。
消えて無くなりたい。

自ら招いた失態。
誰のせいでもない、自身の責任。

あぁ、情けない。

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

新曲小噺「僕の彼女は幽霊さん」

営業車の中で完成!!

本日得意先からの帰り道にて完成!!

小噺の中に歌を2曲ほど挟む、理想的なスタイル(?)の新曲小噺。自分ではなかなか楽しい噺で、さげもちゃんと出来ている(気がしている)。

6月の大阪・アメリカ村「BAR ロージー」ライブにて初披露・・・を目指し、練習中!!

まぁ、歌なんてある意味「これは力作!」「これはいい歌だ!」と自分で思える歌でないと、聴いているお客様も退屈だと思う。オナニー的な考え方であるが、演ってて気持ちのいい歌ってのは、お客様のノリもいい。

年齢層で、かなり受け入れられ方が左右される私のステージ。どちらかというと「演芸寄り」ではあるのだが、若年層にも受け入れてもらえるステージを目指したい。

やっぱ路上かな!?それを試すには・・・

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

38度線

インフルエンザが猛威を振るっている。

この騒ぎで、マスクが売り切れ続出!!今日立ち寄ったコンビニで、アホなおばはんが若い店員さんをえらくどなっていたので、思わず声を荒げてしまった(名札を外してから行動するところが奥ゆかしい・・)「品切れしとんじゃ、しゃーないやろ!みんな欲しいんじゃ!」思わず言ってしまった。その後えらくおばはんにキレられたが・・(汗)。

慌てる阿呆、マスクいまさら買いにいっても後の祭り。とっくに欠品起こしてるよ。もんたTVのココアやビール酵母も同じ。急に売れたら、普段から買ってる人の迷惑以外の何物でもない。

しかし、インフルエンザになって一番えらいのは「発熱」38~39度になるらしい。

そういや、昨年の6月頃・・・よく熱を出した。扁桃腺をプックプクに腫らして、高熱でフラフラしていた。熱が出てフラフラしたのはあれが初めてだった気がする。本当にしんどかった、あの熱は。38度ってのは、ある意味デッドラインかも知れない。

まぁ、タミフル打てば治るっちゃ治るのだが、やはりかからないことを願いたい。

「学級閉鎖」よろしく「会社閉鎖」にならないかなぁ・・・とか思う。

おそらく鉄道網で感染が広がっているようだ。電車通勤・通学されている方はくれぐれもご注意を。手で押さえないで咳をするバッカタレがいるのが事実。

明日、東向いて営業車を走らせる・・・やめとこかな!?

| | コメント (4)

2009年5月17日 (日)

「金」で何でも買えるのか!?

テレビによく出る女医さんのお母さんが言ってたそうな「金で99%のものが買える」「愛も金で買える」とさ。そんなことを(キャラとはいえ)平気で言うあの女医も嫌いだが、そんな教育を(ホンマかどうか知らんが)した親の神経も疑う。

好きな車やバイクは買える。いい家も買える。高級食材を使った、三ツ星シェフの料理も食べられる。好きなだけ映画も見れる。新幹線は毎回グリーン車・・・そりゃ、金さえあれば、かなり豪華な暮らし、便利な暮らしが出来るだろう。

金に群がる人とは深く繋がるだろう。電話1本で来るヘルス嬢も来るだろう。キャバクラやスナックでもモテモテとなるだろう。

しかし、あくまでも「気持ちのこもっていない」モノとしか繋がれない。金なんてそんなもんである。金に群がる人やヘルス・キャバクラ嬢なんて、気持ちがこもっている訳がない。「好きよ~」と言う彼女らは、「お金が」という主語を抜かしているだけである。

現在、ほんまに金がない。

そりゃ、少しの贅沢出来るくらいの金は欲しい。でも、それはあくまでも「日常」の買い物が出来るお金である。人と繋がったり、人の心を買う金ではない。テンイチでラーメンを食べ、コンビニで昼ご飯を食べる金である。ギターの弦やピック買ったり、友達と遊ぶ金である。

いろんなライブを通じて、またこのホームページでも、mixiでも、多くの人と繋がっている。いや、繋がることが出来た。それは決してお金で繋がっている訳ではない。何かの縁があって繋がっているはずだ。これからもそうであろう。

金で繋がる縁なんて、ホントにモロいと思う。

仕事でもそう。「こいつに頼めば安く見積もりしてくれる」ってより「こいつに頼めばまぁ安心して頼める」・・・そんな関係でありたい。そんなお客さんにはこちらから安くなるように提案するってもんだ。一時の損得勘定で動けば、きっとそのお客さんとは縁がなくなる。

金で買えないもの・・・これからも大事にしたいもんだ。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

政治家リストラ策

鴻池さん、やっちまったよ。

自民党・・・いや、政治の世界では、不倫は「健康問題」らしい。羨ましい限りだ。

不正を働くえらい人、天下りして甘い汁吸う元官僚・・・どうも世の中、えらい人の思うがままに作り変えられている気がする。

そんな中、民主党はお家騒動。だれが代表になろうが、景気が回復するとは思えない。どっちゃでもえーがな、って思う人は多いと思う。それだけ日本の政治に皆関心を持っていないだけ。

政治家を半分にして、給料も半分にする。議員特権なんぞ撤廃していけば、国の借金なんてあっという間に返せる気がする。

民主党の騒動を見て、ますますアホらしくなった。

高速道路は1000円になり、非常にありがたい。おかげで四国へパパパーンと行けるから。しかし、数年後の消費税アップは覚悟の上・・・。いい大学出て、政治家になって、苦労ってもんを忘れた人たちが考えた景気対策なんて、しょせん頭でっかちの人達の考えそうな、その都度主義である。お金の大切さを忘れている政治家が多い。

古賀さん、あんたのことやで。クソ道路族が!!

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

ミサイル濱野@高松

火曜、水曜と四国へ出張だった。

距離にして140kmほど。遠いと言えば遠いが、近いと言えば近い。

昔、ラジオをよく聞いていた時代、「JRT四国放送」をよく聞いていた・・・というか、よく聞こえた。大阪のラジオ局並みの感度で受信出来たからだ。オールナイトニッポンは、四国放送で聞いていたと思う。

今日、渋滞に巻き込まれながら適当にFMのチューニングを合わせた。DJが言うには「FM香川」・・・へぇ~、香川のFMが入るんや。まぁ、瀬戸内海挟んでるだけやし、入ってもおかしくはないよな・・・と。

たった2日の出張だったが、何故か四国に入ると気合も入る。

何故こんなに、四国が好きになったのか。いや、いつからこんなに四国への愛情が深まったんだろう。やっぱ、バイクかな。大学2年の時、何も目標が見つからなくなって、学校さぼって四国へ旅した。それが四国初めであった。それ以来、なんやかんやで四国に来ている。今年なんぞ、プライベートでも何回海を越えただろうか。

兵庫町のアーケード。少し広くなったところでギターケースを広げ、少し唄った。

きれいになった駅前の広場でも、少し唄った。

妙に旅気分が溢れる町、高松。特に目当ての店もない、来ないといけない理由はない(仕事は別ですよ)。されど、プライベートでもなぜかよく来る四国。

きっと今月、あと1回は四国に行くだろう。高松で唄うだろう。

うどんを食べ、塩江温泉に浸かり、駅前でブラブラ・・・それだけでいい。

何故か心癒される四国。住みたいくらいだ。支店出来ないかなぁ~なんて思ったりも。

得意先に女性営業さんが着任された。心惹かれる私・・・そんな思いも胸に秘め、また私は瀬戸大橋を渡るんだろう。そして唄うんだろう。新たなチャレンジ「高松でブッキング」。

HOBOけいすけ氏のように、私も渡り鳥になれるだろうか・・・無理っぽいな。伝書バト止まりだ(笑)。

思い続けると実現してきた私のライブ活動。四国は高松で唄う日も、きっと来そうな気がする。

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

泉谷しげるが泣いた

「あいつは死んでない!」と、忌野清志郎氏のお別れ会に参列しなかった泉谷しげるがライブ会場で泣いたそうな。「雨上がりの夜空に」を熱唱し、感極まったらしい。

これぞ「友情」って感じである。

そんな友情で結ばれた男と男って、ごっついカッコイイと思う。

死んだ時、泣いてくれる人は親兄弟、親戚以外いるやろか?

「あぁ、死んだんや~。」で、二度と話題にのぼることがないってのは、寂しいやろな。

死んだ時に思い出に残れるような、短くても濃い人生を歩みたいものだ。伝説になんてならなくていい。せめて人の記憶の片隅にでも残れるような、濃い人生を歩みたい。

そんな時に口ずさんでもらえるような曲が1曲でもあれば、それでいい。

そんな曲を作って、自分自身の足跡にしよう・・・という気持ちで、音源作成始め!!

(と言ってもまだ機器の説明書読むことからのスタートですが・・)

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

ある意味ゴールデンウイーク最終日

土曜日。晴れ。

旧友と会う。ご飯を食べ、しゃべりまくり、楽しい午後のひととき。

夜は大阪「かつおの遊び場」へ。ニゴー君を見に行く。3ヶ月前に見た彼とはうって変わって、びっくりするくらいステージ慣れしており、表現豊かに唄う唄う!!若いパワーって凄い、そしてステージの場数を踏むと、こうまで恐ろしく進化するんだと改めて。

夜帰宅すると、千葉から親戚のおばちゃんが来ていた。御歳70歳。同窓会を2件はしごするらしいそのパワーは、恐ろしいものがある。夜中に談笑し、寝る。

日曜日。快晴。

会社の社長と、社長とお付き合いのある方々とのツーリング。いい方ばかりで和やかにバイク談義。お一方はハーレーダビッドソンの凄いのに乗ってはった。いや、あの鼓動感はさすがハーレーである。皆を魅了するハーレー。

大山・蒜山をご機嫌にツーリング。これは気持ちいい。晴れた空に新緑が映える。

001 パーキングエリアは本日も大混雑。

ETC1000円の力は凄い。家族連れが多く、アットホームな感じの公園でのバーベキュー。

子供が出来たら、家族が出来たら・・・

週末はこうやって過ごしたいものだな。

家でゴロゴロの休日もいいが、たまには屋外の空気を吸って、俗世間で溜まった垢を落とさないと。

テケテケ走るちびっ子を見ながら、そんな家庭もいいものだと思った。

その時は車だな、やっぱり・・・

バイクはご機嫌に高速を走る。顔が日焼けしたみたいで、痛い。

なんやかんやで知り合った面々で行くツーリングは、次回の計画を軽く打ち合わせて終了となった。

バイクもギターも、人との繋がりをどんどん拡げてくれる。趣味が多いと大変な部分もあるが、それを超えて楽しい部分が多いものである。

これで明日が休みやと、なお嬉しいのだが・・・。

いざ、四国へ!!出張が近い。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

男と女のシークレットゾーン

営業車で聞くのはABCラジオ。

だいたい運転中に聞くのは「全力投球、妹尾和夫です」である。その番組の金曜日のコーナー「男と女のシークレットゾーン」。かの昔、さんまの「明石家電視台」のアシスタントもしてはった安井牧子さんが、その持ち味のエロい声でエロい投稿を読むコーナー。

今日の話題は、30歳過ぎの旦那さんの話。

親と同居していて、子供2人。毎晩仕事と子育てでヘトヘトな夫婦。そんな最中、親が旅行で留守。子供を寝かしつけてそのまま寝てしまった旦那を起こす嫁。

「ねぇ・・・しようよ。」「へ?何を??」「もぅ・・・何回言わせるの。」

1年振りの夜の合体は、そりゃもう・・・♪

・・・・・ほんまかいな、と思う私。そんなもんなんかな、とも思う私。

子供が出来ると、確かにバッタバタでエッチどころではないだろう。甥っ子や姪っ子の世話を少ししただけでも疲れるのに、我が子ならばよけいに疲れるだろう(それを上回る喜びがあるのだけれども)。夜は少しでも寝たい・・・そう思うのが定説である。

それがセックスレス夫婦ってものに繋がるのだろう。

セックスってのは、子供を作るための営みである。それと同時に、愛を確かめ合う時間でもある。夫婦になるにつれだんだんとセックスが減る・・・愛を確かめる時間と体力が無くなってしまうのだろうか。まぁ、そんなことしなくても愛を確かめることが出来るのが、本当の夫婦なのかなぁ。

男と女って、難しい。

そう思うと、一人者は気楽だ。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

積み重ね

昨日は夜、道頓堀に出向いた。大阪・道頓堀「かつおの遊び場」にてライブを観戦。同世代ミュージシャン「ゴーティン」がレコ発(CD発?)ライブとのこと。見るっきゃナイト!!

いや~、凄かった。いいライブを見た。素直に感動し、素直にヘコんだ。

同じ世代(1972年製)で、あそこまでやれるんだ!という感動

同じ世代(1972年製)で、こうまでパフォーマンスに差が出るという感傷。

そのステージの素晴らしさよ、とにかくお客様のノリが猛烈であった。それは彼の歌が素晴らしいだけでなく、やはり常連として確固たる地位を得ている証拠である。腕とかだけの問題だけではない。1つ1つの積み重ねが、昨日の大盛り上がりの会場を作り、ライブを大成功に持っていったのだと思った。先発のtkd69さんのステージも同様、やはりいろんな積み重ねの成果だと思った。

にわか仕込みは、所詮バレる。

メッキは、剥げるのだ。

自身を見直すには、ちょうどいい機会だったかも知れない。

反省の意味を込め、今日もギターを握って練習した。仕事帰りで疲れているが、不思議と自発的にギターを弾いていた。

取り残されんように・・・1972年会ミュージシャンでは、ドンケツでキャリアの浅い私。ドンケツで腕もない。せめて、取り残されないようにせんと・・・(汗)。

| | コメント (4)

2009年5月 5日 (火)

14年振りの阿蘇山

003 馬刺しを食べに・・・

5月3日・4日と「九州TOUR」!!

高校時代の親友と、珍しくバイクではなく車での旅。もちろんETC1000円の恩恵を頂くための車旅である。

バイクと違い、車は積載能力に長けているため、ついついいらんものも積んでしまい、肝心なものを忘れるという事態に・・・。やはり慣れていない旅に戸惑いを隠せない私。

ひたすら高速を飛ばし、大分に入る。

テントを張る予定だったが、雨がひどいため宿を探すがどこも満室。そりゃそうだ、GWやしね・・・。

仕方なく、キャンプ張るつもりでとあるキャンプ場へ。ラッキーなことに簡易ロッジを格安で提供頂き、なんとか濡れ濡れのキャンプを避けることが出来た。温泉に入り、語らい、グースカ寝た。

翌朝(4日)・・・寒さで起きる。

阿蘇山を見に車を走らせる。14年振りの阿蘇山である。

002 曇天から、えらい風雨に変わる。

多くのお客さんが訪れていた。えらい混雑っぷりである。

22歳の私が、かつて同じ場所に降り立っていた。250ccのバイクで下道を走り、雨でも風でもテント張って旅していた私も、同じように火口を眺めていたのだろうか。

火口を覗きながら、自分の旅の歴史を振り返っていた。

1100ccのバイクを転がし、雨降れば「宿・・・」と転換するヘタレ旅行者と化した自分の変わりっぷりに笑ってしまった。

14年で変わってしまった自分。やれやれ、こうやって人はおっさんになっていくんだろうな。

熊本市内で馬刺しをシコタマ食べた。これは14年前も同じである(笑)。

地獄のような高速道路の渋滞(のべで80kmくらい)に巻き込まれながら、1日早く旅を終えた。疲れた腰をなぜながらの朝。子供のいない子供の日も37年目を迎えた。

車の旅も悪くない!!

| | コメント (2)

2009年5月 1日 (金)

拝啓、木村三郎氏

久しく師匠(勝手に弟子入り)のステージを見ていない。

CDは相変わらず、我が愛車でヘヴィーローテーションで唸っている。嗚呼、「バラ色トンネル」のCDはないものか・・・。

追いつける相手ではない。原付で1200ccのバイク追いかけているようなものだ。されど目標にしていたい「木村三郎」氏。そのライブを久しく見ていない。あの予想出来ない展開とリズム溢れるギター、打楽器のような演奏と独特のメロディーラインの歌。

5月はライブをお休みする。その分、他のミュージシャンのライブも見たい。

その中で、やはり見たいのが「木村三郎」氏のライブ。京都か・・・遠いな。しかし、それでも見に行きたいと思えるのが凄い!!

Kimusabu スロハン!!

必ず行きますから♪

勉強させて頂きます!!

| | コメント (0)

5時間30分の壁

以前はきっかり6時間寝たら起きる私であった。

しかし、最近は5時間半で起きてしまう私。

・・・ろ、老化か!?

ストレスで寝れないのかな、と思っていたのだが・・・どうもそんな感じではないようだ。こうやって、歳とっていくと寝る時間が減っていくんだろう。寒い話だ・・・。

寝る時に、最近決まって「妄想」することにしている。仕事のことを考えると寝れなくなるので・・・。

やっぱり、可愛い女の子と○○○すること。

さて、何を妄想しましょかね、今夜も。

可愛いあの子と○○○。あの子はギターを弾いていた。歌もうまい♪

○○○・・・それは「対・バ・ン」!!

ヘヘヘ。何を想像しましたん!?

・・・アホな事考えず、早く寝ようっと。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »