« お客様の依頼 | トップページ | 陽気な春先 »

2009年4月 5日 (日)

思い出の六枚橋

滋賀県に里帰りしておりました。

土曜日・・・案の定渋滞していた「宝塚トンネル」。おかげで八日市まで3時間半もかかってしまったよ。八日市「太子ホール」での飛び入りライブに参戦。2曲・・・たった2曲やるために、ホテル予約してガソリン燃やして高速乗って、滋賀まで走った。

「なんとバカなことを・・・。」こう思うのは普通の人。

「それでも行きたい、唄いたい!」こう思うのは、ミュージシャン。

唄ってきました、2曲と噺。京都の飛び入り部隊(通称:飛び職)のけん蔵さん、ファイアー川畑さんも京都から参戦。みな、2~3曲のために遠方より来る。凄いことだ。

そのまま夜は八日市に宿泊。心の故郷でもある滋賀。久しぶりに仕事の夢を見ずに、ぐっすり眠ることが出来た。

日曜日。朝から八日市は音楽三昧。「東近江ジャズフェスティバル」が開催されていた。八日市界隈のいたるところでライブが行われている。街中音楽三昧のイベントである。

昨晩と同じ会場に足を運ぶ。ライブを満喫する。

あ~、やっぱり落ち着くな、滋賀は。ほっこりしますわ。

そのライブ会場に向かう前に、少し寄り道をした。沖野という町から近江八幡の上田という町へ車を走らせた。その昔、2年半私が通勤に使っていた道である。

001 「ガチャコン」と言われる近江鉄道。

客はいつも数人しか乗っていない。わずか数キロの距離で500円かかる日本一高い私鉄である。

かつて、この道をブツブツ言いながら走っていた。「豆腐どれくらいいるやろか?」「パン足りるかなぁ~。」「井右衛門3000本発注したけど、残るかなぁ~。」

八日市市から近江八幡市に入ると、国道8号線と交わる「六枚橋」という交差点に出る。

ここで私はいつもスイッチを入れていた。普通の兄さんから、主任へのスイッチを入れていた。

ふらりと店に入る。懐かしい顔が発注をしていた。

ここでは、私はいまだに「主任」で呼ばれる。時間が止まっている。

もう主任じゃない、と何度言っても、主任で呼ばれる。まぁ、いいか。

滋賀県に入ると、私はあの頃の私のままなのかも知れない。ギャンギャン叫んでパートさんを泣かし、上役にもギャンギャン叫んでいた、熱血主任の私がそこにいる。失敗を省みず、攻め100%の私がそこにいる。

高速道路に入り、姫路東インターを降りる。

私は現在の、しょぼくれた小さな私に戻る。

そう、もう戻れない。今の私がここにいる。

今と戦い、あの頃の血を取り戻すべく、明日からまた戦いだ。

疲れきったら、また滋賀に戻ろう。あの頃には戻れないが、多くの仲間がそこにいる。

|

« お客様の依頼 | トップページ | 陽気な春先 »

コメント

かなりローカルな話題と当人達しかわからないネタですな~。
世の中はそんなすてたもんちゃうやろ

投稿: 浜名湖のうなぎ | 2009年4月 6日 (月) 23時51分

過去の主任とやらの栄光とプライドすてな前に進めんのとちゃうか?!

投稿: | 2009年4月 7日 (火) 06時40分

それよ。
主任だろ…

投稿: | 2009年4月 7日 (火) 07時00分

別れて初めて彼女の大切さを知った感じですかね?

結局、幸せに出来なくて
でも…忘れられない。男の後悔のうたに聞こえます。
天職だったかも知れないが…今では、あなたの知らない男が彼女を幸せにしいてる事でしょう。どんなに尽くしても楽しかったとしても別れてしまっては意味が無いのです。

投稿: ゴマ | 2009年4月 7日 (火) 10時31分

うなぎさん>

ローカルですな。でも何故か好きで・・。
世の中、まんざらでもないかな?

名無しさん>

栄光やプライドなんぞ、とっくに捨てて
というか、持ち合わせておりません(笑)
あくまで「思い出」話です。ずっと名前で
呼ばれてませんでしたから。

ゴマさん>

別れたり、手放したりして後悔することは
あると思います。
しかし、新たな出会いもあります。

投稿: ミサハマ | 2009年4月 7日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お客様の依頼 | トップページ | 陽気な春先 »