« 麻薬バカ | トップページ | 焦躁感 »

2009年2月 3日 (火)

実家に住むってこと

18歳で家を出てから36歳までの間、ずっと1人暮らしをしていた。割と実家には帰っていた方であるが、それでも2ヶ月に1回くらいであった。

4月に実家に戻ってから、オカンが初めてダウンした。今朝起きたら、オカンが真赤な顔をしていた。薬を探すも、カラだった。「しもた、俺が飲んでもた!」後悔しながら、姉貴を呼んだ。とりあえず、昼まで介抱したってくれ、と。兄弟の連携はやっぱりいいものだ。

仕事中も連絡を取り、仕事は早めに切り上げて家に飛んで帰った。

熱測ったまま、部屋で寝ていたオカンを起こし、晩ごはんの仕度をした。今日はさすがに巻き寿司。姉貴が買ってきたらしい、巻き寿司がドンと机に鎮座していた。寿司だけでは流石にしんどいので、お吸い物を作ることにした。

①ダシを取る ②塩・しょうゆで味を整える ③卵をポトンと落とす ④隠し味に一味

東北東を見ながら、お吸い物をズズーっとすすりながら巻き寿司をかぶる。

mixiの日記と今日はかなりかぶっているが、やはり実家にいるってのは、こういったスクランブルの時にその機動力を発揮するものだ。京都や滋賀も近いっちゃ近いが、こういった小回りが効かない。

今日も大阪や京都ではライブが行われている。飛び入りライブもあるようだ。

大阪や京都に住んでいれば、仕事終わりにフラリ立ち寄ることも出来るだろう。そんな生活にまだまだ未練があるのも事実。

しかし、やはり大切な親。近くにいてこういった時、役に立てる方がいいのかも知れない。

今日の昼間、ABCラジオで(上沼恵美子のココロ晴天)、吉本新喜劇の小藪座長が言っていた。「もっとオカンに親孝行したったらよかった。」と。

親を亡くしたものだけが言える、重みのある、思いのこもった話に涙した。

今日くらいは、オカンがダウンしたときくらいは親孝行もいいものだ。それ以上に親不孝ばっかした私だから、ね・・・。

|

« 麻薬バカ | トップページ | 焦躁感 »

コメント

親孝行したい時には親はなし(反省)安定を求める多いに良し!ライブなんぞ何時でも行ける
安定を求める多いに良し!生活基盤も出来んで何が音楽!昭和じゃ有るまいし(ゴメリンコ)


投稿: 派遣社員 | 2009年2月 4日 (水) 19時48分

親の愛は無限!とくにオカンの愛は!オカンは大事です!生きてる間に気づき、少しでもお返ししましょう!少しでもオカンにとっては、どえらい嬉しいもんです\(^_^)/ ミサハマさんのオカンもめちゃくちゃ嬉しかったと思いますよ(*^_^*)

投稿: | 2009年2月 4日 (水) 22時26分

シゲさん>

生活基盤、やっぱり必要で・・・ね。

ナナシさん>

少しでも親孝行・・・それが今まで
苦労かけた恩返しかと思ってます。

投稿: ミサハマ | 2009年2月 8日 (日) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麻薬バカ | トップページ | 焦躁感 »