« 嵐山でのヒトコマ | トップページ | 腹痛の中・・・ »

2009年1月26日 (月)

プロミュージシャンと太鼓持ち

ひっさしぶりにPCで書く、この「まいにちのうた」

昨晩は「斉藤哲夫」ライブ@音や 嵐山にての宴であった。店出たのが22時で、姫路に着いたのが24時。やはり感じる遠さかな。しかし、そんな遠さも何とも思わせないのが、ライブであり、ギターであり、歌である。

トップバッターの私は、誰一人と知り合いのいない(つまりは集客出来ていない・・)中でステージに立った。皆こちらを見る。そりゃそうだ、ステージに立てば私も「ミュージシャン」なのだ。皆、何をするんだろうか・・・そんな目で見てはる。

1年前までの私は、ここで完全に舞い上がってしまっていた。

しかし、不思議と始まるまでの緊張感はどこへやら。目の前のお客様を「どないかして楽しんでもらうぞ!」って感がどんどん出てくるのだ。大阪でライブして、けっこうそんなシチュエーションに当たることが多かったせいか、知らぬ間に鍛えられていたのかも知れない。

お客様はおそらく、いや間違いなく、プロの「斉藤哲夫」のステージを見に来はってるはず。前座なんぞ「早く終わって~」と思ってはるのかと思っていた。しかししかし、お客様は私のステージをしっかり見て下さり、笑って下さり、ノッて下さった。お客様の温かさを感じながら、私は自分の小さな考えを恥じていた。演奏が終わり、大きな拍手を頂いた時には本当に涙が出そうであった。

その後の斉藤哲夫さんのステージは、さすがであった。

無駄のないステージ。歌としゃべりが絶妙なバランスなのである。非常に気持ちのいいライブ運び。そう、これこそがプロの仕事なのだ。お客さんも満足げな表情をしておられたのが印象的であった。無理に拍手求めなくとも、沸き起こる拍手と喝采。

プロの凄さは流石である。されど、インディーズはインディーズで凄いものを持っている。

どっちが優れているとか、どっちが正しいとかはない。プロでも、インディーズでも、お客様に楽しんで頂くってことに違いはない。自分たちだけで楽しんでいる、一部のワイワイ集まるバンド連中を見ていると、よけいにそう感じることがある。内輪ネタで一部だけ盛り上がり、挙句の果てに友達をステージに上げる。そして「なんか練習みたいなや。」と言い放った、あの心斎橋の○○ホールの彼らのバカさを改めてバカだと感じた。

太鼓持ち・・・男芸者のことでございますが、これがなかなか難しい仕事で・・・

名作「愛宕山」のひとコマ。私のライブの出だしである。

主役にはならなくていい。しっかりと太鼓持ちを勤めて行きたいものだ。

|

« 嵐山でのヒトコマ | トップページ | 腹痛の中・・・ »

コメント

見破られました。お久です流石!哲夫さんの人柄でファンも来る?昔のフォークは皆そうでした。なぎら氏もぜひ生で!

投稿: 派遣社員 | 2009年1月28日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐山でのヒトコマ | トップページ | 腹痛の中・・・ »