« カタパルト | トップページ | 2008年総括② 18年ぶりの姫路 »

2008年12月28日 (日)

2008年総括① 多くの出会い@大阪

昨年11月、13年間働いた職場を辞めることにした。それなりの役職につき、年収もそれなりになっていただけに、猛烈な反対を内外から頂いた。しかし、理不尽と自分の人生スタイルにウソはつけなかった。それに、実家のことが気になっていたこともそうである。

11月から2ヶ月、ひたすらニート生活。ライブを見まくり、ギター弾きまくり、そしてギターのリペアを学ぶため、多くのギターを手に入れ、師匠のところに足げに通った。

年が明けて2008年、ギターとにらめっこの生活は変わらない。退職金等の蓄えもじょじょに減ってきて、生活が少しだけ窮屈にはなっていたが、やはり時間の自由ってものは多くあった。その時間の多くはライブ観戦に費やした。

大阪のライブステージに多く通うこととなった。谷町、千日前、心斎橋・・・いろいろ行くうちにいろんな出会いがあった。

1972年生まれのミュージシャンと多く出会った。ふらっと立ち寄ったところに何故かその出会いはあった。彼らのライブを見るうちに、自身もっと頑張らねば・・・そう思うようになった。働きもせず、だらだら生きている自分が何故か恥ずかしくもなった。

そんな彼らとは、夏に合同でライブをするまでになった。彼らとの出会いが、かなりいい刺激となり、ライブ活動に多く影響を受けた。1972年生まれの同志との出会いが、今年のベストバウトに輝いたといっても過言ではない。

ギター屋を目指してYAMAHAのギターを直したり、サドルナットの製作をしたりと、いろんな技術を学んでいた。しかし、経験のなさと音楽学の欠如に疑問を持ち始めた。好みの音を表現出来ない・・・それにはやはり、もっと音楽を聴いていかないといけないと思った。無論、いまでもリペアはこつこつしている。もっとギターの音に精通したあかつきには、ギターのリペアを大々的にしたいな、と思った。

就職活動を始めたのは、そんな冬の終わり。

今では、仕事に追われる毎日が再び始まっており、なかなか72年会のメンバーと再会出来ないのだが、お互いに切磋琢磨していき、来年また72年会でライブをしたいと思う。

|

« カタパルト | トップページ | 2008年総括② 18年ぶりの姫路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタパルト | トップページ | 2008年総括② 18年ぶりの姫路 »