« 連休完全燃焼! | トップページ | 風邪ひいてまんねん・・・ »

2008年11月26日 (水)

川口剛生木村三郎浅田純平

その辺にいれば、普通の優しそうなおっさんである。

しかし、GIBSON持てば途端にロケンロールな兄ちゃんになる。

滋賀に住んでいた時代に知り合い、衝撃(笑撃?)を与えたミュージシャンである。マイペースながら、ガシガシにロケンロールするその姿は、まさに圧巻である。

なんやかんやで京都を離れてこっち、半年以上ライブを見る機会がなかった。先日、滋賀行脚の際にようやくそのライブを見る機会を得たのであった。場所はやっぱり、八日市の音楽と笑いの殿堂

東近江 太子ホール

やはり、滋賀で音楽といえばここだった。私、ミサイル濱野が生まれたのもここだ。恐ろしいブッキングをすることで有名なこの「太子ホール」。今回のライブもまた、恐ろしいまでのブッキングであった。

川口剛生、タマキ(月下美人)、しばしゅー、HOBOけいすけ(敬称略)という恐ろしいバンド。歌もパフォーマンスも、なにもかも最高であった。というか、猛烈に自分のヘロヘロ人生を反省していた。36歳にして落ち着きかけている自分のヘロヘロ人生を反省していた。これほどのパワーを、ロケンロールを、私よりも年上な兄ちゃんが出している。

川口師匠だけではない!!

私にとっての「神」的存在の木村三郎さんのステージもそうだ。いつにも増してパワー全開で迫ってくるステージに、私は圧倒されてしまった。バンドの間に挟まった順番であったが、まったく1人でやっている感のない、圧倒的なパワーであった。これは後から登場した、井上 卓氏にも言えることだ。

トリのくらげスカッシュ、ギターの浅田さんのパフォーマンスもそう。とにかく「圧倒的!!」なのである。全てが、圧倒的なのであった。

そう、この圧倒的さが私には足りていない・・というか、無い!!

その反省を込めて・・・「ヘロヘロ人生」って曲を作ってます。あの夜を忘れないために。

会社でも、音楽でも、出来る人を模範にしたい。

鉄の男、木村三郎さん、川口剛生アニキ、中村ゆきまささん・・・皆、豪傑である。そんな豪傑になれなくとも、近づけるようにやるのみである。

風邪をひいた。

しかし、少しだけでもギターを弾こう!!

|

« 連休完全燃焼! | トップページ | 風邪ひいてまんねん・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休完全燃焼! | トップページ | 風邪ひいてまんねん・・・ »