« ナイショ~っ!! | トップページ | チャンスは逃すな! »

2008年10月 2日 (木)

男の花道

001 男、清原が引退した。

昨日、夜中にゴルフの練習から帰ってダイジェストを見た。王監督が出てきた段階で泣いてしまった。

清原も泣いていた。

長渕が出てきた。

素直に、感動した。あの場面には、タカミネのギター1本で唄う長渕以外似合わない。「とんぼ」がスタジアムに響く。リバーブがきついが、嫌味ではない。おそらく「とんぼ」を聞くたびに清原を思い出すのだろう。

清原は泣いていた。

記録にも、記憶にも残る男であった。おそらく、ここまで印象に残る選手はしばらく出ないであろう。それだけ壮絶な野球人生だったと思う。涙のドラフトで幕を開け、涙の引退セレモニーで幕を引く。なんとドラマチックなんだろう。どんな名監督でも、どんな俳優でも、これだけの感動は作れない。そう、感動ってのはニセモノでは作れない。

久しぶりにいいものを見た。

久しぶりに感動した。

いいものには、人の心を動かす力がある。

私も、一人でもいいから心動かすような歌を唄いたいものだ。

駅前で歌って、一人でもサラリーマンが感動してくれたら、それでいい。かつて一度だけサラリーマンの足を止めたことがある。その時の喜びは、今でも忘れない。

|

« ナイショ~っ!! | トップページ | チャンスは逃すな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイショ~っ!! | トップページ | チャンスは逃すな! »