« 思い出の恋 | トップページ | スーツ買いました »

2008年3月24日 (月)

評論家という仕事

やたら殺人が横行している現在の日本。その捜査体制においてのチョンボを、評論家とやらが糾弾していた。

どうもこの「評論家」って職業が嫌いだ。全て「結果論」で話をするからだ。うまくいった事項に関しては特になにも目立った発言をしないが、少しでも結果が悪い方向に動くと、それみたことかとばかりに攻めてくる。

現場に立っている人が、その経験から評論するならばいい。それは現場ってものを知っているからこそ出る意見があるからだ。その意見には素直に耳を傾ける。それが必ず結果を出せることだと分かっているからである。しかし、多くの評論家は「書面上・知識上」だけで評している。現場のしがらみや、分かっていても出来ないことがあることを棚に上げて、「自分らならこうする!!」とばかりに評論を始める。

「やってみぃ~!!」と言いたくなる。

現場って、そんなに甘くはない。明らかに過失があるのなら構わないが、自分の知識だけで現場の実情をそっちのけで発言するのはよくないと思う。

評論と指導は違う。指導とはその人を評することで、その人のスキルを伸ばそうとするもの。評論はあーだこーだと攻め立てるのみ。褒めちぎる評論家を見てみたい。

「好き嫌い」ならばいいけど、「評論」はもう少し考えないといけない。

あくまでも「現場」の評論は「現場」でしか出来ない。されど、政治の評論だけは大歓迎だ。なぜかって・・・?政治の現場が腐っているから。腐った現場では評論も出来ない。

その結果が、福田政権支持率20%代を物語っているのだから・・・。

|

« 思い出の恋 | トップページ | スーツ買いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出の恋 | トップページ | スーツ買いました »