« 素人漫談家の急所 | トップページ | ミサハマさんの家族 »

2008年3月10日 (月)

勇気ある決断かい?

昨日ライブ前、少しだけマラソンを見ていた。高橋尚子がえらく失速していてビックリした。まだ9kmくらいやったのに、先頭から遅れ始めていた。「どないしたんやろ?やっぱ歳か?」とか思ってしまった。結果、27位完走ではあるが、オリンピック選考には漏れた。

そこまではいい。よく完走したと思う。しかし、その後の会見がどうだろう?

「手術してました」「下痢でした」の言い訳大会。マスコミはその会見から「悲劇のヒロイン」に仕立て上げる。ましてや「手術してました」は会見まで秘密にしていたとか。おいおい・・・手術してました、は

負けた時の言い訳保険か!?

ガックリきた。心配かけたくないからか知らないが、事前に言うべきじゃなかろうか。負けてからその事実を公表するってのはいかがなものか?確かに、周囲に心配かけたくないという気持ちは分かるし、プロとしてそれを言うべきじゃないっていう姿勢は理解出来る。しかし、それならば最後まで言わないで欲しかったし、言うなら先に行って欲しかった。いいやん、「怪我してますねん。」って言ってから走っても。「下痢ってますねん。」って言ってから走っても。それを惨敗の後の会見だけでは言わないで欲しかった。

プロがライブした。あまりいい音じゃなかった。その後のインタビューで「ギターが壊れてたんだよね、ハハハ。まぁ次があるしよっ。」とかカッコつけて言っている。それと同じような気がした。そのライブを楽しみにしてた人に失礼ではなかろうか!?

プロはプロ。事前から調整して体調やコンディションを整えるのもプロ。多くの人に感動を与えるのがプロ。その調整をミスって、それを終了後に堂々と言うのだけはやめて欲しい。今回の高橋の会見には本当にガッカリした。

次のオリンピックを目指すつもりか知らないが、そんな気持ちならもう引退して、若手に道を譲るべきじゃないんだろうか?金メダル獲ったという実績があっても、いつまでもその肩書きは(実戦では)通用しない。

頑張っては欲しい。しかし、プロなら言い訳せんで欲しい。

・・・とエラそうなこと言ってます私は、アマチュアで言い訳ばっかりです。ごめんなさい。本当はこんなこと、言う資格もないんですけど・・・。でも、私達が憧れるのが「プロ」なんですから。

私が死ぬ時・・・やっぱ言い訳するんやろな(汗)。

あの時こうしてればこうやったんやろな~・・・あの時あそこにいたら、良かったんやわ~・・・そんな事言いながら地獄に落ちるんやろか~。

というわけで実家に帰ります。日記は2日ほどお留守にします(かも)。

|

« 素人漫談家の急所 | トップページ | ミサハマさんの家族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素人漫談家の急所 | トップページ | ミサハマさんの家族 »