« ライブ告知 | トップページ | ○○フェチを語る »

2008年3月 2日 (日)

谷九の夜空

大阪・谷九「ワンドロップ」でのライブが終わった。

対バンは夜士郎さん、春什八番さん。それぞれが個性を爆裂させたライブ。こと、夜士郎さんは私的にいろんな思いがあったため、対バンするにあたって非常に光栄なことだった。

最近、この「ワンドロップ」によく来るようになった。滋賀や京都では出会うことの少なかった「濃厚な」ミュージシャンが多く集い、夜な夜なステキなライブをしている。マスターのブッキングの妙もあるだろうが、とにかく濃度が濃い。そして、ここで出会うミュージシャンとの繫がりがまた広がりつつある。

京都から京阪と地下鉄で約1時間。そない遠い距離でもないのでひょっこり行くのだが、現在の私の行動の中心となりつつある。京都の和音堂、三津寺のパルチ(パルチザンというライブバーです)と同じく、酒の苦手な私でも酒が進みます♪

大阪での初ライブを踏んだこの場所で、昨日・・・2度目のステージを踏んだ。

ここ1年、自分なりにステージの進行を考えた。歌の間に「こんにちはぁ~」と落語のマネ事を始めたのが最初だった。オチ研出身でもない私であったが、そのマネ事を乱発するようになり、自分なりに飽きがきた。そして、全編落語的進行で間に歌を挟む形式となりつつあった。しかし、間の歌にパワーがなく、落語中心のライブになってしまった。そして今回は頭をメインの噺にして、その後ドドーンと歌を唄っていこうと考えて、冒頭に古典落語「愛宕山」のフレーズを使わせてもらい、春の歌を並べていった。

しかし、春の歌の在庫がなかった。1曲は春の歌であったが・・・。

結果、毎度お馴染みの強引グマイウェイとなってしまった。自分なりに進行は工夫したつもりであったが、まだまだ改善する点は多々あると感じた。同時に今の曲在庫では、とてもじゃないが太刀打ち出来ないところまで来ていた。

いろんなライブを見て、ライブ進行の妙を感じている。しかし、そこにあるのはやっぱり「歌」である。歌のパワーあってこそ、MCが生きるものである。

その限界点を見つけたため、しばしライブをお休みして曲作りと練習とライブ観戦をしていこうと思ったのだ。もちろん、飛び入りには出ていって刺激を吸収しようと画策はしている。落語のネタも覚えながら、曲をこしらえて自分のものにしていって、練習して、なんとか見えた頃にまたステージに「ブッキングライブ」として復活したいものである。

ワンドロップから出て階段を駆け上がり、谷町筋に出る。

少しだけ見慣れたその夜空を、その時の思いも歌に出来ないものかなぁ・・・と、やたら高いタクシーに乗りながら考えていたのでありました~♪

大阪・谷九「ワンドロップ」月末は猛烈な飛び入りライブもあります。ぜひ!!

http://homepage2.nifty.com/cafe_onedrop/index.html

↑ 一度クリックしてみて下さい。興味持ったら、ライブ見に行きましょう!!

|

« ライブ告知 | トップページ | ○○フェチを語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブ告知 | トップページ | ○○フェチを語る »