« 明日ライブです(告知) | トップページ | ライブ後記・・・ »

2008年2月 1日 (金)

死刑執行

本日、死刑が執行された。3人の死刑囚がこの世を去った。昨年末からまだ期間が開いてないにも関わらず実施された。

このニュースが出たら、必ず張り切りはるのが「死刑執行反対派」である。マスコミは楽しんでいるようにその団体を刺激するインタビューを始める。反対派の意見としては「死刑が執行されて、遺族の悲しみが晴れるのか?」ということである。

そんなもん、晴れる訳がない。死んだ人は生き返らないんやから。

されど、その命を奪った犯人が懲役を終えれば社会に出てくる。社会からは殺されたようなものだが、息は出来るしメシも食べられる。模範囚よ装えばさらに短い刑期で出てくる。

遺族はそれが許せないのだ。

私がもし、子供(いないけど)親兄弟が殺されて犯人捕まったら・・・死刑にしてほしい。万一、死刑にならずに出てきたら出てきた後でオレが殺してやる。たとえ自分が罪人になっても、許しはしない。

反対派の気が知れない。自分の親や子供が殺されたら「いいよいいよ。刑務所で反省したらそれでいいよ。」って言えるのだろうか・・・?

人間の出来た人達だ・・・と思う

しかし、それには確実に「冤罪」を無くす捜査体制にせねばならない。死刑制度を存続させるためにも、警察検察各位には慎重な捜査と取調べをして頂きたい。

ニュースを見て思わず拍手してしまった。

私はまだまだ、人間として未完成なのかも知れないが・・・。

|

« 明日ライブです(告知) | トップページ | ライブ後記・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日ライブです(告知) | トップページ | ライブ後記・・・ »