« 就職あたふた話 | トップページ | 実家にて »

2008年2月23日 (土)

因数分解

就職の適性テストを受けてきた。

働いてた時には全く使ったことのない「記憶」をフル稼働させて挑んだ。されど、12年間でいろんなことを記憶してきた私の脳は、それ以前の記憶をどこかへ押しのけていたようだ。

因数分解・・・久しぶりに見た。無論、撃沈であった。

しかし、これは自分の準備不足。おそらく落ちたであろう選考結果を待つ日々が続く。これからの対策も見えたから、収穫とするか。とにかく、何か対策を講じなければ同じ失敗の同道巡りである。問題集を買って、勉強することにした。

神戸も今日は猛烈な風が吹いていた。

001 神戸駅にトボトボ向かう。

かなり興味のあった会社だけに、その喪失感はデカイ。しかし、自業自得なんだよね~。勉強してないからアカンのよね~。

河原町に着いた頃には復活していた。

結果はともあれ、また頑張ろう。

35歳の転職に、クヨクヨしている時間はない。

|

« 就職あたふた話 | トップページ | 実家にて »

コメント

わけのわからない就職試験が日本には多すぎます。

投稿: 金井雅人 | 2008年2月23日 (土) 20時07分

金井さん>

しかし私たちはそれで闘ってきたのです。
12年前も・・・。
採用基準は企業さんにお任せです。

投稿: ミサハマ7 | 2008年2月23日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 就職あたふた話 | トップページ | 実家にて »