« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

ご縁ありますことを・・・

昨日、大阪のワンドロップにライブを見に行った。あ・・・宣伝

3月1日(土)大阪・谷町9丁目「ワンドロップ」20:00~

対バン:夜士郎さん・春什八番さん・ミサハマさん

遅くから始まります。ゆっくり来て下さい。遅く来ても楽しめることうけあいbottle

・・・で、昨日ライブ会場にて1人のミュージシャンと知り合いました。「まいにちのうた見て、ここに来たんですよ。」とか。そこに偶然私がいたもんでお互いビックリ。いや~、こんな偶然もあるもんだなぁ~と、その後の話は盛り上がりました。

先日受験した会社の筆記試験も(なんとか)突破!!次回が乾坤一擲の勝負でございます。諦めかけてた矢先の連絡でしたので、安心したやらビックリしたやら・・。

というものを私は非常に大事にします。会社に合格するもの「縁」でございます。ライブで出会う仲間や先駆者も「縁」でございます。ギターにも「縁」があります。私にはギブソンは縁遠かったようでございます。FGを弾いた時の安心感・・・これも「縁」だと思います。

縁がなかった方とは別れて行きます。こちらの思いと、先方の思いが食い違えばすれ違えば別れて行きます。二度と繫がらない縁もあれば、またいつの日にか戻る縁もございます。そんな偶然も楽しいかも知れません。

私の在職していた12年間に出会った同僚・上司・パートさん・アルバイトさん・・・みな「縁」で繫がりました。こちらは退職し、離れることとなりましたが、この縁はまだまだ続いていくと思います。別れても繫がったままという縁もあるのだと思います。

あとは意中の女性との「縁」を待つのみ・・・これがどうして、なかなか難しい。

これからの人生、私はどれだけの方々と縁を繋ぐことが出来るのでしょうか。どれだけの方とご縁が無くなってしまうのか・・・。出来るだけ「縁」というものは大事に大事に、大切にしたいもんですね。

あなたとの「ご縁」がこの「まいにちのうた」ってのもいいですね♪

| | コメント (2)

2008年2月27日 (水)

ストレスは発散させよう!

001 オバマ氏に「恥を知れ」発言で荒れるヒラリー。

あなたこそ恥を知れ!!

負けそうになったら泣いてみたり、敗色濃厚となったら相手を罵倒する・・・結局、そんな程度の人間じゃねぇかよ。そんなもんが大統領になんかなるな。

まぁ、誰がなっても特に生活は変わらないでしょうけどね。日本嫌いのヒラリーより、オバマさんの方がいいか。小浜に来そうやし♪

恥を知らなきゃいけない事例はたくさんある、この日本にも。

親が子供を殺す。理由は「節約のため禁酒・禁煙」でのストレス・・・ストレス貯めるなら、収入上げてストレス発散させる方法考えろよ!!

大阪のいらんハコものを残せという婦人団体。別に大阪の一等地になくてもいいんちゃうん?電車便利なんやから。オバハンら近くて便利やから反対してるんちゃうんけ?

軽症で救急車呼ぶバカども。そんなことするから、本当に危険な状態の人に救急車がまわらなくなるんじゃ!!

お粗末なお役人。懲戒解雇じゃ、貴様ら!!そしたらどれだけお金が浮くか!!

あ~、イライラするわい。格差社会を産んでいるのはまぎれもないお役所の怠慢。そしてモラルのない人達による迷惑行為。全てが交じり合って、正直に正しく生きている人を困らせる。そして正直に生きるんがバカらしくなって、またモラルの無い人が増えてしまう。

美しい日本・・・どこ行ったんでしょうか?

風俗行ってもいいじゃない。それでストレスが発散されるなら。

主婦が深夜まで遊んでもいいじゃない。主婦こそストレスとの戦いなんだから。

旦那がスナック行ってもいいじゃない。毎日ストレスと闘ってるんだから。

ストレスをためるからアカンのです。うまくストレスを発散させて、毎日頑張りましょう。ストレスのない生活ってのも、つまんないと思います。適度なストレスを抱えて、一線を越えたらなんらかの方法で、ストレスを発散させましょう。

宇治の店にいた時、飲み会でよくストレスを発散されていたパートさんがいました。ガーバガバ飲んで、ゲーラゲラ笑って。夜中まで飲んでましたが、それでいいんだと思います。旦那にそれを注意する権利はないと思います。主婦のストレスは、男性が想像する以上に深いです。

私が結婚しても、嫁さんを束縛するつもりはございません。遊びたい時には遊びに行けばいいんです。1人でご飯くらい作れますからね。奥さんは決して「お手伝いさん」ではないのです。

・・・なんて心配は、結婚してからしな!!とオカンに怒られそうです(涙)。

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

ホーケイOK(激闘編)

全国数万の悩める皆様、こんばんは。2月10日の手術ブログで、微妙な評判(?)とアクセスを頂きました。今回は術後の報告です。初めてこちらをご覧の方は、「まいにちのうた」2008年2月10日のブログ「ホーケイOK」を参照下さい。

ここからは少しリアルな描写もございます。遠慮される方はここでやめときましょう。

・・・・・

・・・・・

・・・・・いいですか?

・・・・・女性は覚悟して見て下さいよ(見てないか)

・・・・・では行きます!!

さて、手術後ですが・・・「激闘」でございます。

まず、包茎手術は「抑圧」との戦いです。なにせ切って縫ってる訳でございます。伸縮自在の術に毎朝悩まされる訳でございます。それを抑えるように包帯で締め付けている訳でゴザイマス。締め付ける=血流が悪くなるという訳で、先端は腫れ上がります。毎朝5時に起きたくもないのに起こされて、ことある毎に「イテテテテ・・・」いや~、激闘!!

術後3日がホントに大変。お風呂に入れない訳です。患部をキレイにしたらダメなんですから。「術後こそキレイに消毒」って気がすると思いますが、幹部は傷がある程度治るまでは不潔にしといた方がいいらしいです。消毒してしまうと、雑菌も死滅しますが治そうとする「自然治癒力」も同時に死滅させるらしいです。そして雑菌はすぐ復活するらしいです。親知らずの手術の時も先生に「歯を2日絶対に洗うな」と言われました。同じことなのでしょう。

3日目・・・術後、やっと包帯を取り替える日が来ました。本日からシャワーも解禁。これほどシャワーが待ち通しかったのも久しぶりです。包帯は出血とまともに出来ない尿で汚れまくりでございます。患部にくっついた包帯はシャワーで柔らかくして取るわけです。クリクリクリ~と包帯を取ります。そしてご対面でございます。

いや~・・・痛々しい

写真を掲載したいとこですが「映倫」の関係で・・・。リアルに「縫い目」があります(汗)。しかし、使用前使用後はリアルなくらいに分かります。「真性包茎」は大きくなっても皮が被ってます。「仮性包茎」は大きくなると皮がむけます。私は後者だったので、そんなに違和感はなかったですが、格納状態ですでにむけている訳です。多少違和感は覚えます。

ここから数週間は「消毒」と「包帯」の日々です。しかし、毎日清潔に出来るので気は楽です。きれいに洗って包帯できるんですから。しかし、「洗う」ってことは怖いです。縫い目がパーンと切れたらどうしようか・・・!!そう思うとオチオチ洗えません。シャワーでシャワシャワっと流す程度しか怖くて出来ません。イソジンをチョンチョンと縫って包帯を巻く・・・地味な画でございます。

痛みはやはり残ります。伸縮自在の術を使った時はさすがに痛みます。というか、抑圧されているので痛むのです。傷口が傷むってことはありません。しかし、失敗例の写真を見ると「エラいこと」になっています。見るも無残な姿になってしまった症例を見ると、やはり恐怖は拭えません。「しなきゃよかった・・・」後悔の念は、この頃から強くなります。

ずっとジャージでウロウロしてました。Gパン痛くて穿けないのです。要するに「触れると痛い」って感じです。ライブにも、トレーラーの練習にも、買い物にもジャージで行ってました。そしてなにより苦痛なのが「おしっこがまともに出来ない」ってことでした。先は抑圧のせいで腫れあがっている訳です。真っ直ぐ飛ぶ訳ありません。

そんなこんなで2週間・・・と言いたいとこですが、私は禁を破って1週間で包帯をやめました。消毒もやめました。自分の自然治癒力に賭けてみました。早い社会復帰を求めました。消毒は自然治癒力を落とす・・・という自分の理念に基づいて、やめてみました。

おぉ~、痛いじゃねぇか(汗)すぐに消毒に戻りました。

しかし、2日でやめました。それからは痛くなることもなかったです。数年ぶりに穿くブリーフでしっかり固定して、出来るだけ刺激を与えないようにやってみました。それまでの痛みと、イソジンによる他の部分への炎症もなくなり、グングン回復。2週間を過ぎて、Gパンも穿けるようになりました。ライブでも歌えるようになってました。

患部はもう、タオルで洗っても大丈夫なくらいにくっつきました。機能回復のリハビリを始めました。かなり機能が落ちていることはリアルに分かります。そしてなにより、以前の姿とはまるで違う様子になっています。

体にメスを入れるってことは、もとには戻らないってことです。

これから包茎手術を考える方は、これだけは認識しておいた方がいいと思います。

いい意味でも悪い意味でも、元にはもどらないってことです。人間の体は科学では解明出来ない神秘のものです。それは知識を超えるものです。全てが成功するって訳じゃないと思います。いい部分が出れば、犠牲にする部分もあるのです。

だから、「安さ」を求めるってのは危険な面もあります。かといってドカドカ金かかるところに行くのもどうかと思います。する、しないにしても、病院選びにしても、どこまでするかにしても・・・自己責任です。

現状・・・戦前の70%くらいまでは機能回復していると思います。正直「しなくてもよかったなぁ~」って思いもあります。見えない部分なので、別段緊急性があった訳でもないのですから。しかし「変わろうと思った時がチャンス」でございます。

いろんな文献を見ていると、やはり悩める方は多くおられます。

悩むなら、したらええやん、包茎手術

自分ほど、人は気にせん、仮性包茎

出来るだけ、早く手術の、真性包茎

私はそう感じました。あとは自分の決断だけです。痛みっていっても、コケてすりむいた時の方が痛いってくらいです。先進の技術で、安全性も上がっていると思います。

やろうと思ったなら、やりましょう。決断できないのなら、やめときましょう。

命に関わる手術じゃないってことなんですから、包茎手術なんて・・・。

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

逆差別を斬る!!

実家から京都に戻る。新快速内での出来事。

えらく騒がしい車内。どないしたんやろうかと思うと、1人の青年が席に立って、網棚にぶら下がって叫んでいる。もちろんその席には座れず、多くのお客が迷惑している。誰かしら「迷惑やからやめろ。アホかお前!」と言っている。その言葉も全く聞く耳持たずに傍若無人の青年。

とあるおばさんが・・・「なんてこと言うの!アホなんて言ったらだめ。障害がある人かも知れないんだから。」とえらく擁護していた。

おいおい、ちょっと待てよ。

障害があったら、何しても許されるのかい?他人に迷惑かけても許されるのかい?

障害者の方々と接する機会が今まで幾度とあった。もちろん頑張ってはる。私ら健常者の何倍も大変な思いをして頑張ってはる。そして、我々が普通と思うことに挑戦している。その姿は美しい。健常者と同じ社会で活躍している姿は本当に感動する。

しかし、同じ社会で行動するってことは、人に迷惑をかけてはいけないってことだと思う。車椅子を押してあげる、エレベーターのボタンを押してあげる、手を引いてあげる・・・そんなのは「お手伝い」で迷惑ではない。やりたいように暴れる、言いたいことを言う・・・それが迷惑なのだ。

座っている人を押しのけて、椅子の上で跳ね回る・・・その行為は健常者であろうが障害者であろうが、マナーという面では反する行為だ。「障害者かも知れないから怒ったらだめ!」というあのおばさんの発言はいかがなものだろう。障害者じゃないかも知れないのに、あたかも障害者と決め付けるような発言とも取れる。

障害のある方は社会に出るな・・・と言っている訳ではない。どんどん社会に出て頑張ってくれればそれでいい。されど、それを「特権階級」のように考えている一部の「逆差別」が許せないだけである。

同和問題も然り、障害者問題も然り。この「逆差別」を特権と捉えるバカどもがいるから、私は腹が立つのである。電気代払わない、税金払わない、一般人を攻撃する、障害者だから当然・・・わずかの人々のために、全てを悪く捉える現象になるのだ。

実際に、私の身内が過去にこの「逆差別」者により攻撃された。

だから私は、よけいに逆差別には過敏にならざるを得ない。無論、私は差別はしないし興味もない。全くする必要がないから。みんな同じ人間やし、出身や何やで優劣なんぞ決まらないからだ。ただ、逆差別を利用するバカが許せないだけである。

同和行政について、最近だいぶ行政も目が覚めてきたと思う。それでいい。それが同和問題を解消する一番の方法だと思う。簡単なことだ。どの地区も同じような待遇にすりゃいいだけだ。まさに差別のない政治である。

障害者施設は・・・もっと資金投入が必要だ。とある養護学校を見学した。昭和の風薫るボロい校舎だった。そこにこそ資金を投入して、まずバックアップせねば。一般の学校にパソコンどかどか導入する前に、もっとやるべきことはあるはずだ。

頑張れ!!橋本知事よ~♪

| | コメント (0)

2008年2月24日 (日)

実家にて

昨晩より姫路に帰省中。

いや~、なにからなにまでオートマチックな世界はどうだろう・・・。勝手に出てくる食事。勝手に洗われ干される洗濯。冷蔵庫には食料の山・・・。

だれますな。ありがたいけど、だれますな。

スープの冷めない距離・・・先日受験した会社の常務さんも、某ビートゥーさんもおっしゃってたが、ほんとに大事だと思った。すぐに救援には行けるが、かといって至近距離では厳しい。お互いにだれる気がした。

「こっちに就職しても、明石か神戸に住むわ。」「そないしぃ。私もしんどい。」

親子の会話って、意外とスムーズ。まぁ、いずれは帰りますけどね。ともかく、実家から30分圏内がお互いにいいのかも知れませんなぁ~。

ともかく、春過ぎたら神戸で家探し。

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

因数分解

就職の適性テストを受けてきた。

働いてた時には全く使ったことのない「記憶」をフル稼働させて挑んだ。されど、12年間でいろんなことを記憶してきた私の脳は、それ以前の記憶をどこかへ押しのけていたようだ。

因数分解・・・久しぶりに見た。無論、撃沈であった。

しかし、これは自分の準備不足。おそらく落ちたであろう選考結果を待つ日々が続く。これからの対策も見えたから、収穫とするか。とにかく、何か対策を講じなければ同じ失敗の同道巡りである。問題集を買って、勉強することにした。

神戸も今日は猛烈な風が吹いていた。

001 神戸駅にトボトボ向かう。

かなり興味のあった会社だけに、その喪失感はデカイ。しかし、自業自得なんだよね~。勉強してないからアカンのよね~。

河原町に着いた頃には復活していた。

結果はともあれ、また頑張ろう。

35歳の転職に、クヨクヨしている時間はない。

| | コメント (2)

2008年2月22日 (金)

就職あたふた話

明日は筆記試験。一番私の苦手とするところだ(汗)。

12年前・・・日本酒のメーカーで英語試験で破れた。

半年前・・・英語の読解で破れた。

どんな筆記試験なのか分からないが、とにかく無防備で攻めたら大学生には勝てない。柔らかい頭の学生に、筆記試験で勝ち目はない。おっさんの脳は確実に固い。しかし、そう言って負け戦にする訳には行かない。勝ちに行くのだ!!

そのため、時事問題集や業界誌を購入。ヒソヒソこそこそ頭に入れる・・・。

本日は石川に寿司を食べに行った。往復6時間の旅。元同僚を京田辺まで送っていった帰りに、次回ライブの落語を覚え始める。頭を鍛えるために、ホンモノの落語を覚えていくことに。今回は人気の古典「愛宕山」をば。

車内でブーツブツ喋っている私は非常にキショかったと思う(涙)。

とにかく明日だ。頑張ろう!!

001

| | コメント (2)

2008年2月21日 (木)

曇りのち晴れ

本日はけん引免許の練習日・・・

あかんなぁ・・・。なかなかうまくいかない。いたずらに時間と金を無駄遣いしている気がする。方向転換・・・つまりはバックなのだが、これがまた難しい。分かっちゃいるものの、うまく後ろに下がらないんだよね~。

1回1万円の練習・・・今日で7回ってことはそれだけで7万円・・・金かかるぞっと(汗)。とっととダメもとで試験受けてもいいんだが、これがなかなか。

うーむ・・・どないかせんといかん。

どげんかせんといかん!!

まぁ、急いで取らないといけないもんでもないので、少しクールダウンしてからまた練習に行こう。ヘコんでても始まらないからね~♪

あさっては就職試験の適正テスト・・・ペーパー試験で落ちるとヘコむなぁ。そして3月1日は大阪でのライブ。なかなかもって忙しい毎日、それだけに充実している。

試験練習費捻出のため、ギターを数本売った。それでいい。必要としているものだけ残していけば、それでいい(ほとんどやけど・・・)。今しかやれないことがある。今ヘコんだり我慢してても、きっと後々後悔する。だから今は思った通りに行動している。

ハトの会社で働いている相方は、私の直面している嵐よりもっと激しい「ハリケーン」の中で闘っている。私の嵐なんぞ、プゥーみたいなものである。なら、その状況に甘えることなく、もっと攻めないといけない。まだ私は毎晩グースカ寝れて、ライブに行けて、のほほんと過ごしている。もっと攻められないと・・・(Mではない)。

Gパンが普通に穿けるようになった。改めて健康の有難さを痛感。ジャミラ(円谷プロ)みたいな歩き方しか出来なかったが、やっと普通に歩けた。まだかえしの部分に糸が残るものの、それなりに普通の様相を取り戻してきた我が息子。

いや~、毎日ある意味「激闘」だ(笑)。頑張ろう!!

| | コメント (2)

2008年2月20日 (水)

さらばギブソン!!

1961年製 ギブソンJ-45 チェリーサンバースト

いきなり私の手元に来たそいつは凄かった。「さすが40歳」と思わせる深い音。うぉお~と惹き込まれた・・・いや、弾きこまれた。

クラック直したり、ADJサドルを木を削って作ったり、塗装したり、ナット作ったり・・・いろいろと手をかけた。今までのギターで一番手がかかった。それだけに愛着が湧いてきた。直せば直すほどにいい音になっていく。これが出会いってもんか・・とも思った。

しかし、FGと弾きくらべた。FG-2000という、ヤマハFGの最高傑作のギターと弾き比べてしまった。一昨日のライブ終了後に弾きくらべてしまった。

慣れかもしれないが・・・私にピンと来たのはFG-2000の鳴りだった。ガラスを割ったような1,2弦の鳴り。太鼓叩いたような6,5弦の響き・・・「そりゃ、ハカランダやもん!」って言われればそれまでだが、やはりギブソンは、FG-2000を初めて弾いた時ほどの感動は与えてくれなかった。

J45 もったいない・・・

惜しい・・・

そう言われても、心は動かなかった。

さらば「J-45」

俺には・・・

俺にはやっぱりFGが合っている。俺は日本が好きなんだ(・・ん?)。ギブソンが似合わないんだ。ボロいFGでペチペチやるのがいいんだ、俺は。

ドンペリやナポレオンは似合わないんだ。赤玉やいいちこが似合うんだよ~。俺にエビちゃんが似合わないのと同じ。俺にポルシェが似合わないのと同じ。

俺はやっぱり「FG」が好きなんだよ~。

合板で、モサっとしているFG。サスティーンがなくても、低音がなくても・・・俺にはFGが合うんだよ~。

さらばギブソン!!

ギブソンが似合う腕と男になったら、またこっちから挑戦するよ♪

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

ライブ顛末書

2月18日、近江八幡「ピッコロ」でのライブ。

泪さん・けん蔵さんという強豪との対バン。むむ・・・役不足。どないしましょ・・・と思っても仕方ない。いまさらスタイルなんぞ変わらない。私なりのスタイルで。

初めて「GIBSON」を使ってのライブ。やはり私にゃ合わない気がする・・・。どうもゴンゴン鳴るその響きが、私にゃ合わない。慣れればそうでもないのだろうが、どうも違和感は拭い切れない。

前回の大阪「ワンドロップ」でマスターに指摘された事項をずっと考えていた。噺と歌のバランスが悪く、何故かライブ自体に締まりがない。それをずっと考えていた。ライブはあくまで、歌である。その歌にパワーがないせいか、私のライブにはボリュームがない・・・そう考えることが多かったのは事実である。

今回のライブ。テーマは春・・・古典落語「愛宕山」を少々拝借。

しかし、まだまだ尻すぼみライブに変わりなかった。やはり「歌」に全然パワーがない。よって、しゃべり→歌と進むとどうしても歌で盛り上がりが一気にダウンする。

幸いかな、お客様の暖かい声援で楽しくは出来た。しかし、現状の精一杯を出してもやはり、歌のパワー不足をカバーすることは出来なかった。けん蔵さんのステージを見ると、それは確実なる思いとなった。

いっそのこと、歌わず噺だけにしよか・・・とかも思ったが、やはり一応はなんちゃてミュージシャン。歌で表現したいこともある。何が足りないのだろうか・・・まぁ、その答えはライブを重ねていって探すよしようか。

そう・・・続けていって見つけるしかないッス。

私にはギターの腕もなく、歌もヘタっぴである。しかし救いは、少しだけ噺が出来ること。この「ほんの少し」の可能性をうまく利用すれば、相乗効果を狙えるかも知れない。まぁ、すぐに答えは出ませんけどね♪

頑張りましょう。満足出来るその日まで・・・

Mandan1 写真提供:デニム兄さん

| | コメント (2)

2008年2月17日 (日)

山手線「京都行」

尼崎に面接に行ってきた。けっこう言いたいことを言ったつもりだ。それで落ちれば縁がなかっただけだ。お話を聞いていると、素晴らしい会社である。もっと話を聞きたかったが、話は意外な方向に進み、話し足りなかった。次回の案内を頂く♪

もし決まったら、初めての「神戸市民」になる可能性も高い。

さて、帰り道・・・普通電車に乗る。淀川の橋の途中で電車が急に止まった。車内に流れる不安な空気・・・。「ただいま緊急停止しております。原因を調査しており・・・。」というアナウンスが流れた。皆ザワついている。あの事故を皆思い出したのだろう。

私は写メを撮っていた。

001 数ヶ月前の「東京行脚」の際に感動した、山手線の車内液晶画面案内。「さすが東京じゃのぅ!」と思った。その後で乗った大阪市営地下鉄の字だけの案内を見て「うわ・・」と思った。

それが今日乗った普通電車。

おぉ~♪

液晶やんけ!!

関西もいよいよか・・・と、不安な空気流れる車内で1人ニヤニヤしていた。やっぱりキレイなぁ~。最先端の電車に乗っているみたいだ。こんなこと書くから、関東方に「マジ遅れてるぅ~」とか言われるんやろな。

電車は無事動き出した。私は大阪で降りて、心斎橋へ寄り道し、京阪電車で帰るおなじみのコースを辿る。このコースもひょっとしたら、あまり利用出来なくなるかも知れない。

就職しないとやはりやりくりが大変。腕1本で生きていけるほど、職人の世界はたやすくない。無事就職できて、余暇を取れたらコツコツ腕上げていこう。

来月はいろいろと支払いが70万ほど来る(汗)。失業手当よ・・・急いでくれぃ~sweat01

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

感動出来る自分

朝から号泣していた。

NHK「ちりとてちん」を見ていた。徒然亭草若の最後のシーンだった。

師匠が臨終の間際に、弟子の落語会が行われた。まるでその落語会を見ているかのように、臨終の床で師匠は笑っていた。そして落語界が終わると同時に臨終するという、ありふれたと言えばありふれた話。

しかし、よく出来たドラマだ。ドタバタの中にしっかりとドラマがある。

「ちゅらさん」「ふたりっこ」に続く名作である。

この「ちりとてちん」を見ているせいか、先日来たNHKの集金にしっかりと支払った。こんないいドラマを見せてもらってるのに、お金を払わない訳にはいかない。

涙の対価はしっかり払った。NHKよ、またいいドラマ待っているぞ!!

落語を少々かじっている自分には、かなりズシーンとくる本日の話しであった。感動作は、歌であろうが映画であろうがテレビであろうが私を動かす。

感動出来る自分がまだいることを確認。私はまだ人間でいられるようだ。

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

復活間近!!

リアルに回復していく我が息子。

手術後は、あまりの痛みにオチオチ寝ることも出来なかったが、やっと本日・・・まともに歩けるようになってきた。無論、無理すれば歩けるのだが、何の違和感もなく歩けるようになってきた。今だ包帯を巻いている我が息子。しかし間もなくそれも取れるのだろう。

やはり人間、怪我したり病気したりすると弱気になったりするものだ。特にライブ前やったのでその傾向は強い。

あ・・・本日はライブ告知

2月18日(月)近江八幡「ピッコロ」

対バン:泪・けん蔵・ミサイル濱野(ロック・爆裂・漫談)です。

それが終わると、後は大阪1本。そしてしばし、ミサハマさんはライブ休止でございます。飛び入りでまた武者修行しようと思っております。

やればやるほど、難しく、奥深く、しかし確実に進歩していくギター。いろんなライブを見てどんどん吸収して、ひと周り太った私・・・ちゃうわ、ひと周り成長して、またブッキングにお邪魔したいな・・・と思っております。

はよ芸風固めないと・・・sweat01

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

歌の品位

昨晩、次回ライブのための新漫談が出来た。間に合うだろうか?

木村三郎さんをまんまリスペクトしたような感じになってしまったのだが、やはり同じではいけない。そこに私のテイストを加えて少し違うものにしようと、もがいて出来た作品。

最近の私のお気に入り「新大阪ラプソディー」に続く、風俗の歌である。

最近どうも、エロい歌詞に流れている気がする。どこまでエロさを出さないで歌えるかってところに重点を置いている。リアルに表現せずに、聞き手の頭でいろいろ画にしてもらえばいいかと思う。

ギブソン生音で攻めようかと思っていた次回のライブだが、師匠より「ナットやり直し」指令が出たため、急遽FGで参戦することに。それでも何故か、マイク録りでギター鳴らしたい気分である。

自分の体験したことを歌に出来ればなぁ~と。オシャレな歌は私には作れない。意味深な歌詞、流行のフレーズ、スラスラ流れる恋の囁き・・・そんなものは作れない。泥臭い、昔の歌が好きなのだ。そしてそんな万人受けしそうにない歌を歌っていきたいもんだ。

なにかと「品位」ってもんがクローズアップされる昨今、私は昭和のもっささをどんどん出して行こうと改めて。いつまでも天邪鬼な私でございます。

| | コメント (2)

2008年2月13日 (水)

お知らせ

2月18日(月)

滋賀・近江八幡市「ピッコロ」にてライブ!!

対バン:泪・けん蔵・ミサイル濱野

本日日記諸事情によりお休みします。ご了承下さいまし♪

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

何でやのんナンデモン

韓国の南大門が消失した。放火らしい・・・

「腹いせに燃やした」まるで自分勝手な言い分である。それだけで何でも燃やすのか?恐ろしい話だ。600年くらいの歴史が、そんなバカ男のために1晩で燃えてしまうのだ。たとえ復元してもそれはパッチもん。歴史のホンモノではない。

しかし・・・

そんな簡単に入れて燃やせて、そして消化設備もないような管理をしていた政府はどうなんだろう。国宝だろ?なら警備もしっかりとして、消火設備もしっかり装備しとかんとあかんのちゃうんかな~。

私はまた、こんな感じで韓国が発表するのかと思った。

「南大門放火、日本人の仕業か」「日本が韓国の歴史を消そうとしている」

そう言われるのかと思ったよ、フゥ~・・・。最近の韓国や中国の日本バッシングにはあきあきだ。旅行に行ったら金巻上げようとばかりに日本語使ってくるくせに、「言葉の強制」という戦中の話をまだ言ってくる。

・・・おっと、危険な発言。放送コードにひっかかったので、今日はこの辺で・・・

先日スーパーで買ってきた、瓶入りのザーサイ、にんにく。どちらも中国製。私は中国製でもなんとも思わない。不買運動にも参加しない。だから中国も、すぐ何かにつけて「戦中の惨劇」をネタに不買運動をするひ・・・

ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (2)

2008年2月11日 (月)

管理職残業未払いについて

うぉっ!!昨日のバカげた包茎話から一転、今日は真面目だ♪

朝から激痛で起床、外は暗い・・・。男は朝から例のものが起きている。私は今、それに包帯を巻きつけている。ということは大きくなる時、締め付けられる計算になる。この痛みはハンパでない。すぐに起きられる、新手の目覚ましだ・・・・。

ニュースで昨今話題の「管理職残業」について。今日もNHKでニュースしていた。弁護士会が電話を受けまくっていた。100時間以上残業しても全く残業手当はつかないとか・・。外食産業や流通業では、今まで「当然!」という聖域である。それがマクドの店長が訴えたのを皮切りに、セブンアンドアイは残業つける方針に転換。いい方向に流れている・・・のか、本当に!?

おそらく、管理職には手当てがついている。それが無くなって残業がつくようになるのだろう。しかし、店長ってのは時間管理してなんぼ。結局、それを達成しようと思ったら例によって「ただ働き」「サービス残業」に繫がるんじゃなかろうか。ガソリンの暫定税率と同様、無くなったら無くなったでどこかに弊害が出るんだと思う。

しかして、ただ働きしていいってもんじゃない。前職の管理職は私に堂々と「ただ働き」を強要していたが、私も小さいとはいえ管理職・・・時間管理はせねばならない。何の気なしに残業つける新人君のケツは、私の残業カットで乗り越えないといけなかった。結局、管理職はそういうケツ拭き役なのである。

マクドの店長が言っていた。「従業員より給料が少ない」それはおかしい。

やはりそれなりの対価を払わないと、管理職なんてやってられない。それがおおよそ管理職の思いであろう。しかし、そうも言ってられない、哀しき中間管理職(涙)。

管理職にまともに残業手当支払ったら、大概のスーパーは破綻するであろう。イオンなんか速攻で会社更生法適用じゃねぇか!?もちろん、前職も同様。規模が大きければ大きいほど、その問題は深刻になっていく。

午前10時から午後7時まで営業。毎週○曜日は定休日。正月は3日から・・・この「昭和的」な営業をするスーパーこそ、これからは生きていけるんじゃないだろか?もちろん、それは管理職の残業が全部つくという前提ではあるが。

24時間営業、朝は9時から、夜は23時まで・・・便利さを求めると必ず不便被る人が出てくる。便利さの代償は大きい。しかし、それに慣れている私たちにえらそうに「残業つけてやれ」とは言えないのかも知れない。

やめてしまえばいいんや、24時間営業なんて。セブンイレブンも7時~23時って意味やんけ。電気必要じゃなくなればエコにもなるし。逆に23時から7時の「イレブンセブン」作って、かわりべんたん営業(リレー営業)したら廃棄もなんとかなるんちゃうやろか?

しかし、深夜によくコンビニにお世話になる私。女性がチカンに襲われて逃げる時、コンビニの明かりを見つけたらどれだけ心強いか・・・。赤ちゃんが急に発熱して、氷足りなくなった時にコンビニがないと・・・。

スーパー24時間営業反対!!コンビニ頑張れ。その代わり手当てを増やしてあげてほしい。

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

ホーケイOK!!

mixiではかなり隠して日記書きましたが、こちらは堂々と・・・

全国数万人のホーケイの方、こんばんは。ミサイル濱野です。本日、ホーケイ手術をかまして参りました。私は火星人(細木数子は土星人ですが・・)なので、別にする必要もなかったのですがねhappy01時間のある今、いろいろ片付けてしまおうかと。大型特殊、けん引免許に続いてこの包茎手術・・・まったく意味ないことに莫大なお金突っ込んでますsweat01

さて・・・

某クリニックに向かう。受付を済ませてカウンセリング。HPでの価格であっさり出来るもんだと思っていたのが大きな間違い!!なんやかんやで金額がア~ップ!!「おいおい、やられたんちゃうか??」と思いながら説明を聞く。手術や状態にもいろいろ個人差があって、低価格で済む人もいれば、えらく金額かかる人もいる。私の状態は

上の下

らしく、普通の金額にいろいろプラスする必要がある。一度は「いや・・・ちょっと・・。」と思ったものの、あの大事な部分を手術するんだから、少々かかってもいいや・・・と思い決断。ちなみにネットで帰宅後調べると「80万~100万」とボられた人もいるらしい。まぁ、そんなひどい金額じゃなかったのでいいとするか♪それでもギブソン1本買えるくらいの金額かかりますよ(涙)。

さて、手術台の上にマグロ状態に寝かされ、先生が登場。いろいろ説明を受ける。そして麻酔の注射・・・これが痛ぇ。ブッサブッサと10本以上打ち込まれる。「我慢して下さいね~。」って言われても痛いもんは痛い。35年生きてきて一番痛い注射だった。

しかし、その麻酔のせいかしら非常にその後は無痛♪スッパスパ斬られていたらしいんだが、全く感じない。これはありがたい。しゃれの効いた先生で「痛み伝わるように実況しましょか?」なんて言われたり。

ちなみに手術は40分くらいかかりました。

いろいろとアフターケアの方法を教えてもらい、すぐ帰宅。以外なくらいあっさり終わった。先生曰く「仮性なら特に治す必要もないんやけどね・・・。」と。実際日本人の半分以上は仮性包茎らしい。わざわざ十数万円かけてそんなことせんでも・・・ってことである。私の場合も特に緊急にする必要はなかったらしい。しかし、術後すぐに仕事バリバリ出来るってもんでもない。一応メス入れるわけやしね。だから今のうちにめんどいことはたってしもとこ!ってところである。

してしまえば何ってこともない。しかしする!って決めるまでが難しい。

なんでもそうだ。やってしまえば何てことない事が多い。しかし、やり始めるまでの決断が大変なのである。

数日、痛みとの闘いが続く。嫌やなぁ・・・

002

| | コメント (3)

2008年2月 9日 (土)

ギブソンいいぞ♪

深夜に帰宅。とりあえず8日分をば・・・

朝からギブソン直していた。ようやく完成のメドがついた。午後から試奏・・・新しい弦を張る。弦高はもうちょい落とせるなぁ・・・まだ低いとは言えない。

ガシガシ弾いてみる。

あの、こもった様な音がよくぞここまでシャッキリとしたもんだ。いい感じである。低音は幾分大人しくなったが、やはりヤマハのそれとは違う、迫力のある音だ。

やはり・・・いろんな音を聞いていかないといけない。いろんなもの、いろんな事に興味を持っている今、ギターもやはり一つのメーカーにこだわる理由が見えなくなった。

ヤマハ大量放出決定。とりあえず20本ほどオークションに出す予定。最終、半分くらいの本数にしてから姫路に帰りたい。

就職活動を再開!!いろんな思いを感じた5ヶ月を抱えて、いざ尼崎へ!!

何を残して、何を求めて、一番自分に何が必要かを求めた結果を出した。

私はまた、平日の鬼になることを決めたのかも知れない。そして、ライブというものに出るのも見るのも犠牲にするのかも知れない。でも、ライブが出来ないことはない。もちろん、見れなくなる訳でもない。

それすら出来ない会社なら、こちらから断ろう。出来る会社なら精一杯努力しよう。

まぁ、落ちたらそれまでですがね(笑)

8日夜、愛知川の時の同僚と居酒屋でエロ真面目トーク。19時から始まった宴は25時まで続いた。相変らずの飲みっぷりの姉さんと、相変らずの食べっぷりの私。上客だったのかしら、店長と従業員全員でのお見送り・・・恥ずかしかった。そりゃ2人で16000円食べればそうかもな(汗)。

平日休みでも、私には親友がいるのだ。そう思いながら京田辺に向かったのでした。

| | コメント (2)

2008年2月 7日 (木)

謝るのは倖田來未だけ!?

001 わざわざビデオに撮って見てみた。

ほとんどスッピンのようなクーちゃんは可愛い♪しかし、その表情は終始曇っていた。

「羊水が・・・」という一連の発言。しかし、あのラジオは「録音」だったのだ。つまり、放送前に充分チェックする時間もあったろうし、第一録音中にミキシングルームでこの発言を聞いているはずやろから、その時にNG出せばしまいの話しである。

そのニッポン放送のディレクター陣の謝罪は聞いていない。クーちゃん1人でテレビの前で謝罪しているのだ。どういうこっちゃ??

私はぶっちゃけ、クーちゃん嫌い。ケバい女は嫌いである。

しかし、今回はクーちゃんを褒めてあげたい。発言は軽率だったかも知れないが、きちんと謝罪に出たのは素晴らしい。

見たかこの姿を・・・ボケた国会議員。

見たかこの姿を・・・吉兆のボケたおばはん。

見たかこの姿を・・・不祥事起こす社長さんよ。

生放送でない時の油断が発端・・・ある意味クーちゃんも被害者である。プロがプロの仕事出来なくなったなら、ラジオディレクターなんかやめちまえ!!

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

巧みな戦術

とあるお笑い番組を見ていた。

普通に面白い。それは芸人が面白いだけではない。編集等、ディレクターとか裏方の巧みな技が面白さに弾みをつけている。

バカやってるようなお笑い、バカでも出来ると思っている年寄りが多い。

バカでは出来ないのだ、お笑いってのは。「あんたアホやから、吉本行きぃ~。」ってのは、もう過去の話。今やお笑い芸人になるにも高学歴が必要だ。

巧みな戦術で人を笑わせる。それはどんな数学の公式よりも難しい。最近売れていく芸人は高学歴。いろいろ知識と見聞があり、次にどう持っていくかという鋭い読み・・・お客さんの表情やぬくもりを見抜く洞察力・・・。

昔の叩き上げの芸人は、努力と経験でそれらを身につけてきた。

現代の芸人は、知識と情報でそれらを身につけてきた。

笑いでメシを食ってるだけあって、さすがである。最近切に、そう思うなぁ・・・。面白さはある意味「計算」である。腕とかネタとか努力だけではなんともならないこともある。

次回ライブまでに、もう少しだけ成長したいもんだ。

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

大型特殊免許への道

000 2月5日・・めでたく

大型特殊免許合格!

結局、7万円ちょいかかったなぁ。安いんか高いんか分からないが、ともかく取れた。

初めて練習場でショベルカーに乗った時、全然言うことを聞いてくれないハンドルに参った。大型を取った時とまるで違う勝手に困惑した。

初めて試験受けた時、緊張はなかったが結構乗れていない自分に気付いた。正直受かったと思ったが落っこちた。2回目は落ちた自信があった。今回3回目は絶対落ちたと思っただけにビックリした。

ナナハンの限定解除(もう死語だ・・)の時もそうだったが、けっこう「やけくそ」気味に乗った時は以外に合格しているものだ。「カーブはこのくらい慎重に・・・」「加速はこれくらいメルハリを・・・」って考えて乗った時って、以外に落ちた。「えーい!!」とばかりにギクシャクしたやけくそ乗りの時は、以外にメリハリがついていいのかもしれない。

おそらく、私の人生でなんの役にも立たない免許かも知れないが、どこで役に立つか分からないので・・・まぁ取ってよかったとしよう♪

免許証の住所が「伏見区」になった。

次に狙うは「けん引免許」。これが取れれば、普通に道路走る乗り物は全部乗れることとなる。また金がいるけど、取れる今に取っておこう。

今やれることは、今やっておこう。

| | コメント (2)

何に重きを置く?

実家にしばし帰っておりました。

帰省最中に、とある企業から面接の連絡を頂いた。私が12年勤めていた業種と同じ業種からの連絡だった。つまりは「流通業」・・・私の最も得意とする業態ではある。

前職の過酷さには慣れているのだが、その際に思っていたのが「土・日の休み」の問題であった。いろんなライブやイベントに行くには土・日が休みの方が動きやすいからである。土・日にステキなライブが多くあり、それを知っていながら悔し涙を流すことが多かったからだ。

退職して、土・日のライブにも出かけられるようになった。もちろん、平日も休みのために平日にもライブに出かけることも多かった。

私はそないに実力がないので、ブッキングライブはたまにしかない。

そこで大事なのが「飛び入りライブ」である。これは私の実力試しやミュージシャンとの繫がりを構築するにはいい場である。そしてそれは大抵「平日」に実施されることが多い。そう、「平日」なのだ・・・。

平日のライブも見に行った。どこも集客は非常に厳しい。しかし、妙にエネルギッシュなライブも多い。平日にライブしていないとこも珍しい。

私に合った休日スタイルは、どれがいいのか・・・改めて考えてみた。

土・日休みの会社に勤めると、平日のイベントには参加出来ない。私の生命線である「飛び入りライブ」になかなか参加出来なくなる。かといって平日休みに戻ると、土日のライブになかなか行けなくなる。

理想を膨らませて飛び出してみたものの、その理想が自分に合っていないってこともある。いい光景ばかり浮かべていたものの、実際はそないにいい景色でないこともある。

難しい現実と、難しい選択が私に待っていた。

さて、どうしたものか・・・。

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

ライブ後記・・・

通用しない!!

まるで手ごたえが無かった。

大阪の夜は、私にいろいろと教えてくれました。

来月、ちょうと1ヶ月後にリベンジ出来るチャンスがあります。それまでになんとか建て直しまする!!

大阪城は、まだまだ頑丈である。私の手持ちの武器では攻撃が当たらない。恐るべき、難攻不落の城である。

「親方様!!」「まだじゃ、まだこれからじゃ!!」

ゆっくり大阪を満喫しようと思っていたが、急にJRに飛び乗った。点検や急病人のため、猛烈に遅れた快速の中で、いろいろ策を練った。

人間は、失敗した直後が一番危機感を持っている。その危機感を維持して、なんとか陣を建て直して次の戦に臨みたい。

決戦は2月18日、3月1日。いざ鎌倉!!

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

死刑執行

本日、死刑が執行された。3人の死刑囚がこの世を去った。昨年末からまだ期間が開いてないにも関わらず実施された。

このニュースが出たら、必ず張り切りはるのが「死刑執行反対派」である。マスコミは楽しんでいるようにその団体を刺激するインタビューを始める。反対派の意見としては「死刑が執行されて、遺族の悲しみが晴れるのか?」ということである。

そんなもん、晴れる訳がない。死んだ人は生き返らないんやから。

されど、その命を奪った犯人が懲役を終えれば社会に出てくる。社会からは殺されたようなものだが、息は出来るしメシも食べられる。模範囚よ装えばさらに短い刑期で出てくる。

遺族はそれが許せないのだ。

私がもし、子供(いないけど)親兄弟が殺されて犯人捕まったら・・・死刑にしてほしい。万一、死刑にならずに出てきたら出てきた後でオレが殺してやる。たとえ自分が罪人になっても、許しはしない。

反対派の気が知れない。自分の親や子供が殺されたら「いいよいいよ。刑務所で反省したらそれでいいよ。」って言えるのだろうか・・・?

人間の出来た人達だ・・・と思う

しかし、それには確実に「冤罪」を無くす捜査体制にせねばならない。死刑制度を存続させるためにも、警察検察各位には慎重な捜査と取調べをして頂きたい。

ニュースを見て思わず拍手してしまった。

私はまだまだ、人間として未完成なのかも知れないが・・・。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »