« 知事橋本とランナー福士 | トップページ | 試験と試練 »

2008年1月28日 (月)

夢では食えねぇ・・・

本日もギブソンをいじっていた。ナット作成始め。先日のバック割れを直した跡のタッチアップ塗装をする。ラリっちゃいながらラッカーを重ねる。磨いては重ねる。

001 エボニーでこしらえたADJサドルを装着するまでもう少しかかりそうである。いろいろとさわってみて、分かることも多くある。少しでもいい音が鳴ればいとおかし♪

ボディー内部を鏡で探検してみる。ヤマハとはまるで違う工程が見られる。ヤマハがまだダイナミックギターというクラシックギターのお化けみたいなのを作ってた時代に、このJ-45は作られたことになる。そう考えるとやはりギブソンの方が音響的にもよく考えられているのだろうか?それだけ歴史があるということは、音に対するこだわりも深いのだろう(ただ・・アメリカやしなぁ~)。

今、ギター屋開業に対して少し疑問を感じております。

あまりにも知識のないことに、自分自身にいろいろ疑問が湧いております。「このギターは・・・」「こんな場合ならこうすれば・・・」その知識があまりにもなさすぎてます。いろんなリペア工房の写真を見ても、作業レベルがあまりに違いすぎます。まだ始めたばかりなので、当然といえば当然なのですが・・・。

おそらく、コツコツいろんなギターをいじって経験を積んでからのことですな。まだ、ギター屋を名乗るには早すぎます(販売はしていきますが・・)。ナットとサドルだけでも、自信を持って出来るようになって、次のステップに向かおうと思います。・・・と言う訳で、ヤマハのギターを少しずつ放出して、いろんなメーカーのギターを扱ってみようと思います。そして少しでもリペア出来るようになりたいと、改めて。

まず、このギブソンを。とにかく鳴るようにしたい。とりあえず、ギブソンの60年ものがどんな感じで鳴るのかを聞いてみたい。

そして、2月に入ったら就職活動して3月にはサラリーマンに戻りたいです。そこでガッツリ資金を貯めて、副業としてコツコツやっていこうと思います。そして将来、リタイヤしてチマチマっとギター屋やりたいな、とか思います。50歳くらいかな。

先のことは分かりませんが、確実に言えるのは「資金なくして商売出来ず」です。そして「腕なくして商売出来ず」です。

いよいよ生活費にも限界が来ております。バイトしてやっていくなら就職するのも同じですし。いろんなことしようと思うと、やはり働かないといけません。

夢だけでは食べていけない・・・そう感じる毎日です。

でも、夢は捨てたくないですね。頑張ります。今夜はライブに行く予定でしたが、風邪がまだ完治していないのでじっとしております。その分ラッカーを夜も噴いております。

明日、古物商免許の申請と、大型特殊免許の試験日でございます。

|

« 知事橋本とランナー福士 | トップページ | 試験と試練 »

コメント

リペアのレベルを上げるには、自分のギター奏法のレベルを上げるのも非常に重要だと思います。ギタリストの細かい要望に応えられるようになる為にも、その人の弾き方を分析できる力が必要です。最近はDepapepeやら押尾コータロー等から入る人も少なくないので、皆さん非常にレベルが高いです。でも山が高いほどやり甲斐のある仕事だと思いますので是非頑張ってください。

投稿: 金井雅人 | 2008年1月29日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知事橋本とランナー福士 | トップページ | 試験と試練 »