« とにかくやってみる | トップページ | 風邪にて・・・ »

2008年1月24日 (木)

J-45破壊計画

本日は雪の予報であったが、えらくいい天気である。

珍しく朝早く起きて、リペア訓練に入る。

まず、ヤマハの錆びたペグを塗装(メッキは出来ない)。くたびれた金メッキを剥がし、金色のラッカーで塗装。バフかけてまた塗装・・・最終クリアで仕上げる予定だが、1日で1スプレーが限界だな、この天気じゃ。FG-401Wにはやはり金色のペグが似合う。銀色の予備ペグはあるが、なるだけイメージ通りに。

そして真打ち、J-45の修理にかかる。とにかく・・・くたびれている箇所が多い(涙)。

①ブレイシングの剥がれ・割れ②ブリッジプレートの欠損③サドルの破損④バックの割れ

数えただけでも嫌になるなぁ~。安く入れても修理に出すと数万円コースだ。オークションの怖さである。とにかく、現状でも弾けるがやっぱり弾くからにはしっかり直したい。かと言って一気に全部直せる訳でもないので、ともかく一つずつ・・・。

まずはバックの割れの修正をば。

割れ目に接着剤を流し、内側から薄い木でパッチする。パッチはデカいと音に影響ありそうなので、松材で薄く薄くこしらえて貼り付ける。つっぱり棒を中からはめて出来上がり。つっぱり棒も手製だ。今日はまずこのつっぱり棒作成から始まったのであった。

1日ほっとく必要があるので、圧着している間にサドルをこしらえることにした。

セラミックのサドルは入荷時に割れていた。弾けないこともないが・・・。黒檀材をゴーリゴリ切って、形を作る。そしてノミやベルトサンダーで削っていくのだが・・・パカっと割れたり何やで何度も作り直す。いや~、木だけに「気(木)まぐれ」。完成間近でパキっと割れるあの瞬間はさすがにブルー(涙)。

001 そして、なんとか完成。

弦高は最低ラインで3mmとまずまず。もう少し削れるなぁ~と思いながらも、ひとまずホッとする。ハカランダで作りたかったが材の在庫がないので、また入ったら作ってみよう。

今日はこれで終了。

明日はブレイシングの割れと剥がれを直しますか。

直した後で、いったいどんな音がするのか楽しみである。直している最中は「クッソ~、なんでうまくはまらへんえん!!」とイラっとすることもあるが、出来た後の音の変化を楽しめるのはいいもんだ♪

しかし・・・手間かかるギターだ。これで鳴りが悪かったら・・・ショックだ。

|

« とにかくやってみる | トップページ | 風邪にて・・・ »

コメント

破壊計画って・・・。
リペア奮闘記でしょ(笑)。

投稿: デニム | 2008年1月24日 (木) 21時06分

やっぱり力木(ブレーシング)剥がれとんや?しかしまあ楽器用木材高すぎます!黒檀それよりハカランダ底抜けに高い(チリトテチン風)日本人!木切りすぎ!育てるのに何年かかるか

投稿: shige爺 | 2008年1月25日 (金) 00時06分

デニム兄さん>

は、破壊に近いです。
壊れたギターはいい音しますよ♪
(直せばですがね・・)

シゲさん>

そうでもなかったですよ。
黒檀は。

投稿: ミサハマ180 | 2008年1月25日 (金) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とにかくやってみる | トップページ | 風邪にて・・・ »