« 「まいにちのうた」復活!! | トップページ | ヘヴィーゲージツアー2007 »

2007年12月 6日 (木)

我不可能説英語~(涙)

ナットやサドルを交換していてよく思うのだが、溝切りの作業がどうも正確でない。寸法測ってはいるのだが、どうも0.数ミリ単位の誤差が出る。ちゃんとノギスで測ったりしてはいるのだが、やはりバランスが悪くなったりもする。

かと言って、それを補正出来るようなツールは日本に売っていない。いろんな金物屋に行ったが、やはり工業用のそれは使えないし、おまけに高い。

師匠にもらった1冊の本。ギターツールの通販雑誌。

001 全編・・・

英語です (涙)

英検3級の実力で、必死こいて想像する。今はマウスポインターを単語のところに合わせると意味が出るから便利ではあるものの、チンプンカンプン。でも、英語の勉強にはなるなぁ~。

もちろんのこと・・・

決済もオール英語(涙)ふぁーすとねぇむって何?

とりあえず送信する。そこから襲い掛かってくる数通の英文のメール・・・。ブワーっと英語で書かれたメール。おいおい・・・私は・・・

だよ~

とにかく、信用しよう。するしかない。怖いなぁ~。どうもアメリカに対する免疫がない。外人見ると逃げるし、英語はなるだけ避けたいし。でも、便利なツールはやはり本場にあるのか?自分で作れるものは作るつもりだが、やはり金物は厳しい。

今日はリペアお休み。朝から病院探しとこのネット注文手続き。明日から東京です。その前にインフルエンザの予防接種を受けるつもりである。

東京観光、友人との再会、路上ライブ・・・

思い出作りツアー2007 最後は華の都、大東京。

|

« 「まいにちのうた」復活!! | トップページ | ヘヴィーゲージツアー2007 »

コメント

再開おめでとうございます!ナット溝ほんまむつかしい正確にケガキしてもペグ(ストリングポスト)との関係もあって(直線と違う)アメリカには楽器ホームビルダー五萬といるみたいマーチンもキット出してるもんなあ!

投稿: shige爺 | 2007年12月 6日 (木) 17時58分

前にFG-150の内部の塗装についてお尋ねした kintoki です

目標に向かってスゴイですね 期待しております 私の音叉ロゴのFG-150のナット、サドル交換調整も御願いしたいです 見積り下さい

溝切り 素人考えですが白い紙に再現したい溝切りを写して それを新しいナットに貼り付けて その上から削ればどうでしょうか? 同様にサドルは弦の上から着色して色抜けの部分を削る 私の家庭工作方法です 工具はどんな物なんでしょうか?興味あります 手に入ったら紹介して下さい

投稿: kintoki | 2007年12月 6日 (木) 22時36分

シゲさん>

アメリカはリペア大国ですね(驚)
いいもの多く揃ってます。

kintokiさん>

お久しぶりです。お元気ですか?

提案の方法、いいですね。実践してみます♪

FG-150のナットサドルですね。
もしよろしければ無料でやりますよ。
(木材削りませんので、元にすぐ戻せますからご安心下さい(笑))

投稿: ミサハマ180 | 2007年12月 7日 (金) 01時37分

僕、こっちで外人ですよ。

投稿: 金井雅人 | 2007年12月 7日 (金) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「まいにちのうた」復活!! | トップページ | ヘヴィーゲージツアー2007 »