« ぽっかぽか | トップページ | 2007年総括② バラ色トンネル »

2007年12月19日 (水)

2007年総括① さよならフレンドマート宇治

2007年の始まり・・・宇治にて、初めての元旦出勤であった。

それまで元旦営業でも休んでいた。職権乱用!?帰省理由!?部下に社員がいたので無理矢理休めた。しかし、その頃私の下に社員はいなく、初の元旦出勤となった。

しかし、元旦でも仕事に来たくなる店だった。頼もしくユーモア溢れる店長、ガッツ溢れて楽しい先輩・同僚社員、社員以上の働きをしてくれるパートさん達、アホながら楽しいバイトの面々・・・。仕事するのが楽しかったなぁ~♪

しかし、楽しい時間もつかの間・・・転勤になった。

店内のスナックプラザで合同送別会。頼まれてもないのにFG-180片手に大声で歌った。同僚とともに歌った。私らしい印象でさよならしたかったのはタテマエ、本当はバカしとかないと泣いてしまいそうだったからだ。

12年間で最高のパートさん達に恵まれた。どんな人員削減命令が出ても、この面々だけは守ってやろう!と心に決め、その意思にパートさん達も泣きながらよくついてきてくれた。おかげで2年間予算連続達成。私の経歴に輝かしい実績を頂いた。私はそんなことよりこのパートさん達と一緒に、一丸となって闘えたことが嬉しかった。

ある意味、この輝かしい実績が私を退社に導いたことは皮肉であった。デカい店、出世なんかしたくなかった。ずっと現場主義でいたかった。しかし、デパートのような巨大な店は、私を現場主義ではいさせてくれなかった。1番デカイ店に行った途端、私は私を見失った。そして私は、そんな自分が理論賢者の管理職になっていくことが苦痛だった。

フレンドマート宇治・・・12年間のハト社員として、最高最大の思い出。オープニングスタッフだったので・・ってのもあるが、やはりパートさんに感謝したい。あの店だけは大切に、好きでいられる。

いつかまた、パートさんを集めて好きなだけ飲ませてあげたいものだ。

退社してはや3ヶ月。会社に戻りたいとは思わないし後悔もない。ただそれは、会社に対しての思い。フレンドマート宇治に関しては、戻りたいとも思うし辞めたことに後悔を感じる。パートさん達に申し訳なく思っている。

しかし、乗り越えなくてはいけない。その思い出を胸に、生きていこう。歌っていこう。

ミサハマ語録①

「販売は現場でするものだ。会議室で販売は出来ないし、脳みその中でも販売出来ない。販売は、リーダーの意思とパートさんの意思がリンクした時、結果が出る。そして常に現場に出て、気合いで売れば結果が出る。」

フレンドマート宇治のバックヤードで、圧倒的な販売数1位を取った「芋けんぴ」の試食を作りながら思ったことである。ボリボリとつまみ喰いしてたパートさんの顔を今でも覚えている。

ありがとう、フレンドマート宇治。

|

« ぽっかぽか | トップページ | 2007年総括② バラ色トンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぽっかぽか | トップページ | 2007年総括② バラ色トンネル »