« 2007年総括① さよならフレンドマート宇治 | トップページ | 2007年総括③ 京都・大阪進出 »

2007年12月20日 (木)

2007年総括② バラ色トンネル

くどいようですが、2007年夏・・・私の人生においての最大衝撃波が起こりました。

滋賀県は八日市市(東近江市)、音楽と笑いの殿堂「太子ホール」にて公演されました

木村三郎「垂直の水銀」

001 ちょろっとだけ「舞台美術助手」としてスタッフに加えて頂きました。ド真剣にいいものを作ろうとする演者・スタッフ。どっかの会社が「ド真剣」という言葉を気安く使ってるのがムカつくくらい、皆ド真剣でした。

ちょうどこの頃、会社に対していろいろな思いが鬱積しておりました。自分を殺してまで我慢して仕事しないといけないのか・・・そんな思いが過ぎっておりました。

そんな思いを抱きながら、私は公演を見ておりました。

クライマックスに入ったその時に流れた歌・・・

暗い場内に蒼く・白く輝く無数の小さな灯りをバックに流れたその歌・・・

「バラ色トンネル」でした。木村三郎さんの歌です。

泣けました。マジで泣きました。それまで我慢していたいろんな思いが一気に流れてしまいました・・というより、いろんな思いを行動に変えようと思いました。

数日後、辞表を提出したのは御存知の通りです。各方面、サプライズでした。

私的には、自然の流れと感じました。なるべくしてこうなった・・・これも「運命」と思い、サバサバしておりました。そりゃ、多くの同僚との別れは辛かったです。しかし、これから先数十年とこの会社でいるには、あまりにも「人生の無駄使い」をするんじゃないかと思いました。親孝行もまだ出来てませんし・・・。

休みは心からリラックスして休んで、いい音楽を聞く時間にしよう。それにはまず、休める会社が一番だと思いました。殺人企業にいてはそれは不可能です。

Kimura2 「歌に力あり」

人を感動させるに理由はいりません。いいものは人を感動させる・・・それだけです。

来年1月、滋賀県に木村三郎さんは数回やってきます。ぜひ、聴いて下さい見て下さい。

ウソは言いません。きっと何か思うことがあるはずです。

メジャーではありません、全国区でもありません。しかし、私はオススメします。ぜひ一度、木村三郎さんの歌を聴いて下さい。

そうすれば、私が見た「バラ色トンネル」も分かってもらえると思います。私がこうまで感動した理由が分かってもらえると思います。

来る1月20日(日)滋賀県・甲賀市「竹の音」に木村三郎さんはやってきます。もうひと方出られますが、その人はどうでもいいです(ちなみにそれは私なんですが・・)。ぜひ、木村三郎さんを見に、聴きにいらして下さい。その日だけはJR草津線を新幹線だと思って、我慢して乗ってきて下さい。ドライブがてらにめっさ遠い甲賀の里まで来て下さい。

私の思いを強要するつもりはございません。捉え方は人それぞれです。

でも、これだけ言わせる「何か」があります。それだけは保証します。

もしこの「まいにちのうた」をご覧の皆様で「行きたいけど足が・・・」という方。ご一報下さい。私も行きます(歌いますから・・)ので、4人までなら行きは送ります(京都・滋賀在住のミュージシャン以外の方に限ります)。リハがあるので近くの喫茶店で時間潰してもらうことにはなりますが・・・。帰りは自腹で帰ってね♪駅までは送りますよ!!

お問い合わせはこちらまで

YAMAHAFG専門 ミサハマギター  CEO:濱野景一

fg-500saiko.hamano-himejian@nifty.com

もしくは

fg-500saiko.47410himeji@docomo.ne.jp

まで!!このアドレスは数日のうちに消しますから、お早めにっ!!

|

« 2007年総括① さよならフレンドマート宇治 | トップページ | 2007年総括③ 京都・大阪進出 »

コメント

どっかの会社が「ド真剣」という言葉を気安く使ってるのがムカつくくらい、皆ド真剣でした。←(笑)あのド真剣は軽いですよね~

投稿: ツジトモキ | 2007年12月22日 (土) 01時38分

ツジくん>

軽かった・・・ホントに。

しかし、反面教師にはなりました。
私はこれから「ど真剣」に生きるでしょう(笑)

投稿: ミサハマ180 | 2007年12月22日 (土) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007年総括① さよならフレンドマート宇治 | トップページ | 2007年総括③ 京都・大阪進出 »