« 適当なアリさん | トップページ | 食べて聴いて♪ »

2007年10月 7日 (日)

ひらやまだいごと木村三郎

朝からオークションサイトより入電・・落札しましたとの事。朝からバタバタとメールのやり取りをする。忙しい時に引越し屋の見積もりやなんやの電話が・・・。

午前10時、新快速に乗る。京都駅からは久々に京都バスに乗る。停留所を聞く観光客に愛想のない返答・・・京都バスはこれだから困る。バスの窓から四条通りを見るのは何年振りだろうか。いつもと違う光景が新鮮である。

午後0時、出町柳に到着。本日は「鴨川歌うたいまつり」でした。大阪のミュージシャン「ひらやまだいご」氏による野外イベント。大阪方のミュージシャンが多いので、歌っている人が誰なのかすら分からなかった。急いでプログラムを見る私。

時折見る、十三「テハンノ」のライブインフォメーションで見かける名前が多い。その方々が生で歌っている訳である。中には全く知らないミュージシャンもいた。しかし、各人のパフォーマンスはさすがである・・・というか、場慣れしている。数々の戦歴がその威風堂々としたステージに繫がっているのだろう。

男性も女性も、皆個性が違っていて決して飽きることはなかった。3曲縛りであったので、もっともっと聞きたいと思った。これが次回の各人のライブ集客に繫がるのだろう。

待ってました!!

001 木村三郎さん♪

2曲目・・・懐かしいリバーブの効いたギターの音調べが響く。

「バラ色トンネル」

・・・ダメです、その曲は。私・・・泣いてしまいます。切々と唄う木村さん。その歌に私は人一倍の思い出があるんです。悩める私を助けてくれた、まさにトンネルから脱してくれた歌なのであります。

グールグルと、いろんな思いが走馬灯のように過ぎりました。

その後の呉さんの熱い歌、タさきさんのまっすぐな歌、そしてだいごさんの面白切ない歌・・・ご馳走攻めは最後まで続きました。タさきさんは明日も歌が聞けるのでさらに楽しみになりました。

この「ひらやまだいご」というミュージシャン。無料イベントながらこれだけのパフォーマンスに仕上げてくるその力・・・凄いものがあります。ひらやまさんの人脈と人柄がここまでに仕上げるのでしょう。そしてボランティアでの参加である裏方スタッフの面々。「だいごくんのために!」と集まった面々は、お金では繫がらない確かな絆で結ばれているんだと思います。

そして「木村三郎」さん。もう言うことございません。ご馳走攻めの中でも、やはり私にとって最大のご馳走はこの方でした。改めて、木村さんとの出会いに感謝しております。

・・・・・

1年前、ちょうど秋の時期に木村さんと出会いました。そこから、ライブにしても生活にしても、私の人生が激変しました。おそらく木村さんと出会ってなかったら京都で唄える機会は無かったと思います。そして、今回のこのイベントに参加していなかったと思います。いろんなミュージシャンと繫がっていくことが出来た起点こそ、木村さんとの出会いだったと思います。

暗くなったラスト・シーン。

いろんなことを思いながら見ていました。このイベントに参加したことは、また後々なにか私に影響を残すことでしょう(笑)。

ひらやまさん、木村さん、ターフーさん、そして多くのミュージシャンの方々、スタッフの皆様、お疲れ様でした。楽しかったです。

|

« 適当なアリさん | トップページ | 食べて聴いて♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 適当なアリさん | トップページ | 食べて聴いて♪ »