« 久々のリペア | トップページ | ひらやまだいごと木村三郎 »

2007年10月 6日 (土)

適当なアリさん

朝から洗濯、ごはん作り、キャンプ用品の整備・・・いろんなことが出来る。そんな間も有給なもんで、お金は支給されている。ひたすら浪費の毎日・・・時間が出来ても、お金というものは確実に減っていく。やりたいことは多くあれど、これからの生活を考えるとなかなかガツガツと使う勇気が出ないものだ。

北海道旅行が延期となった。日程調整の問題である。面接が急に入ったためである。当面は仕事しないつもりでいた。しかし、有給を消化する間にいろんな思いがこみ上げてきた。「働かなくては・・・」という思いがよぎる毎日。日本人の悪いくせなのか・・・。

そう、時間が出来てお金が減っていくと、ある種の「不安」がよぎるものである。2年くらいは働かなくてもやっていけるだけの貯蓄はあるし、退職金が入ればさらに数年・・・という感じなのではあるが、どうも落ち着かない。「無職」という肩書きに慣れていないせいかも知れない。マンションを借りるのにも、カード作るのにも、やはり「無職」という肩書きは弱かった。今まではあっさりOKやったのに、「うーん・・・なんとかしてみます」と困惑する担当者さんの顔は印象的であった。

好きなことだけやれる毎日・・・働いている時は非常に憧れた。しかしそれは無限の富があればの話、厳しい日常の狭間にある時間にこそ、好きなことが出来るほうが私には合っているのかも知れない。

働くのが好きな訳ではない。しかし、どうも四六時中自由であれば(そうでもないが・・)、どうも時間の感覚が鈍ってしまうものである。

しかし、その時間すらまともに取れなかった、取れなくなりそうな将来が見えた会社から脱出出来たことはよかったのかも知れない。「人件費7億円削減」「採用凍結」サービス残業で成り立つ会社がさらに人件費を抑制する。本末転倒の会社方針にはついていけなかった。

就職活動をする中で、給料→休みを重視するようになった。金はどないかすれば稼げるが、時間は稼げない。それなりの生活の中で楽しむ時間が取れれば良し。

001 新しいFGが入ってきた。

FG-400W。ヘヴィゲージ対応の黒ラベル。アジャスタブルサドルでなかなかジャッキリした音を出す。ネックを少し調整し、クリーニングはまた後日。そんなことをしている時間は非常に楽しく、有意義。

有意義な時間っていうものは、狭間にあるからこそ有意義なのかも知れない。そんな思いを持ちながらロッドを回す。ネックがギギ、ギギッと音を出す。おっとっと・・。

こんなことをしている時間もお金は支給されている。

こんなことをしている間に、皆働いている。

明日、鴨川で「歌うたい祭り」が実施される。出町柳・三角州にて。多くのミュージシャンが結集して実施される。このプロジェクトを企画するのは1人のミュージシャン、ひらやまだいごさんである。その実行力には脱帽する。自分の思いを貫き、行動する・・・出来そうで出来ないことである。少なくとも、今の私には出来ない。この素晴らしいイベントに行く予定。そのエネルギーを頂戴しよう。

いまだふらつく私。いろいろ考えられるこの時間も、お金は支給されている。

そう思えば、ありがたいこっちゃ♪

しかし・・・やらしいな、オレ。お金のことばかり考えている。でも、結局何をするにもお金が絡む。先のことは分からないしどんな人生を過ごすのかなんて考えも出来ない。けど、わかっていることは「お金は必要」ってことである。夢だけでは食っていけないことも事実である。

アリとキリギリスという話を思い出した。

働かずに後々困るキリギリスくん。働いて地味にやってるアリさん。

後で困っているキリギリスくんは自業自得だと思うが、はて・・・働きづめのアリさんが美しいのか・・・と言われると疑問である。

適当なアリさん・・・てのが理想なのかも知れない(子供には悪影響)♪

|

« 久々のリペア | トップページ | ひらやまだいごと木村三郎 »

コメント

ぎょぎょぎょっ!ま、ま、ま、またですか、ミサハマさん?マニア林蔵コレクター道一直線じゃないですか。FG-400黒ラベル、懐かしいなぁ。僕持ってました。それにしてもなんかお腹周りに溜まり積もる脂肪のようにギターが増えていきますねぇ。引越ししようにも普通の生活をしようにも動きにくくなるし、ギター・メタボリック症候群って言ったらおかしいでしょうか?正直心配です。

投稿: 金井雅人 | 2007年10月 7日 (日) 15時03分

金井さん>

脂肪のほうが加速度的に増えてます(涙)
いよいよFG-300も入荷します♪

投稿: ミサハマ180 | 2007年10月10日 (水) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々のリペア | トップページ | ひらやまだいごと木村三郎 »