« どうなる!?ミサハマ | トップページ | 修理屋ミサハマ »

2007年9月18日 (火)

ミサハマ180

CMでお馴染み「リクネク」で転職先をマシンガン攻撃。数件の企業に履歴書メールを送る。時代だなぁ・・・全てネット、ネット・・・。しかし全てにおいて

「~35歳位迄」という制限付き(涙)。年齢制限だけは、熱意ではかわせない。

うーむ・・・まだまだ若いもんには負けないんじゃがのぅ・・・。

001 1966年製の「FG-180」

もう41歳である。でも当時の価格の7~8倍の価値である。このライトグリーンのFGもめっきり見なくなった。

ギターは歳を重ねる毎に深みを増す。

人間はどうだろう?

体力は衰えるが、深みはどんどん増していく。しかしそれが企業の採用のものさしには決してなっていない。

経験よりパワーなのであろうか?

同じ給料なら、その辺の若いもんにはまだまだ負けない人もいるだろうに。なかなかうまくいかない世の中である。職人の世界だけは、正当評価なのかも知れない。

時期総理には、「天下り」をぜひ撲滅してもらいたいものだ。

さて、このライトグリーンFG-180。かなり久しぶりにケースから出した。数日前はめっきり音もこもっていたが、外気にさらして弾いてやったおかげか、深い鳴りを取り戻した。いい味のあるFGの音だ。赤ラベルの180とは違う、深い音だ。

ミサハマ180も、この鳴りを取り戻さねば・・・!!ミサハマ7で収まっている場合ではない。

パンパン届く「今回は貴意に沿うことが出来ませんでした」の返答メール。

いずれ私に合った職とギターと彼女と巡りあうのだろう、と今日もお気楽なミサハマさん。とても職にあぶれた35歳とは思えぬこののん気さ♪

まぁ、これが本来の私なのだろう。「ノックは無用」に出演したら・・・

「のん気さん、ど~ぞ~」

と横山ノックに呼ばれていたんだろう(古ぅ~)。だって、考えてても仕方ないからさ。

世の中、なんとかなるものよ・・・と、自分で自分に言い聞かす。内心はビビリである(笑)

|

« どうなる!?ミサハマ | トップページ | 修理屋ミサハマ »

コメント

初めての転職不安ばかりと思いますが先ずはハローワークに!アクドイ情報誌も多い(経験者)したい仕事で食えるようには忍耐と根性です!彼女も仕事もエエと思ったらアタック!過去(未練)を引きずる!あきません

投稿: shige爺 | 2007年9月19日 (水) 00時21分

あれ、就職活動ストップして、あれ一本に絞ったんだと思ってました。やはり心が揺れますか?僕も34から35になる時にミサハマさんと全く同じ思いをしました。日本は年齢制限があるんです。それが嫌で外に飛び出しました。一方、今いる所は年齢制限はありませんが実力制限があります。ダメな人は自然に淘汰されていきます。何千万円もの高い授業料を払って、4段階ある難関の国家試験を突破してようやく資格を取っても、5年以内の離職率が60%に近いという非常に厳しい世界です。でも何とか頑張っていきます。異国にいてもFGは友達です。ミサハマさんも頑張ってくださいね。

投稿: 金井雅人 | 2007年9月19日 (水) 02時18分

シゲさん>

まぁ、のんびりやりまっさ。
彼女は・・・まぁ、ボチボチボチ・・・・

金井さん>

今だ迷走中でございます。
サラリーマンしながらリペアを勉強している人と
出会いまして、いろいろお話を聞いております。
専門学校はやめました(授業少ないので)

投稿: ミサハマ180 | 2007年9月19日 (水) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうなる!?ミサハマ | トップページ | 修理屋ミサハマ »