« ミサハマ首相 | トップページ | 有給休暇ってもの »

2007年9月13日 (木)

大友康平の言葉

「夢でメシは食えない」

昔、大友康平(元:ハウンドドッグ)が言った言葉だ(文庫より抜粋)。レコードが売れなく、どうしようか・・・でも自分達でもっとやってみたいとメンバー達が言った時の言葉らしい。いかにも現実を捉えた言葉だ。その昔大友自身は、自分の家庭に起こった金を巡る出来事からそう思うようになったのだろう。

多くのアマチュアミュージシャンが、その問題と闘っているのだろう。ミュージシャンだけではない、多くの夢を追いかける人々がそう思っているのだろう。

いろいろと夢に向けて考え始めた私。その時にやはりその言葉がアタマを過ぎります。

おそらく親は「サラリーマンして、普通に稼いで家庭もって・・・」と言うでしょう。ギター屋するっていったら「儲かるわけないやん」と言うでしょう。それは、食べられなくなって悲惨な生活をする子供を見たくない・・という、ありがたい親心なんだと思います。

だから、うわっついた意思だけでは説得出来ません。今、私の思いを表現出来るだけの材料を集めています。親に計画書を出し、なんとか納得してもらえるよう考えてます。

私は長男で、一族の跡取りです。代々の墓を守っていかなくてはなりません。私の代で一族を絶えさせる訳にもいきません。子供作って、守っていかなくてはならないのです。だからこそ、あらゆる方向で進路を考えなければなりません。かと言って、自分を殺してあと20年働いて、何が残るのでしょうか?疲れきった私が残るだけな気がします。

今週末、実家に帰ります。その時には答えが出ると思います。

しかし、せっかく描いた「夢」は、どんなカタチにせよ、大事にしていきたいと思います。専門学校に行きながら弟子入りするも手。働きながらスキル伸ばして、いずれ実行も手。アルバイトしながら弟子入りするも手。我流で進んで行くのも手。

方法はいろいろあります。一番あかんのが「諦める」ってこと。大友康平は諦めなかった。ミサイル濱野も諦めない。

くじけそうになったら、この歌を唄ってます。ハウンドドッグ「アンビシャス」♪

|

« ミサハマ首相 | トップページ | 有給休暇ってもの »

コメント

後継ぎとは何と古臭い長男で養子に行った友もおりますよう!親は案外そうは思ってません!(商売でもしてたら別ですが?)同じアマチュア音楽家でも基礎が出来てる人は全然違うプロでも血のにじむ練習してる。ある声楽家一日何キロも泳ぎ体作りしてる(息切れなんかしない)勘違いの音楽家多すぎです!外国なんかゴロゴロいます!(反省)文化の低さと言えばそれまでですが?

投稿: shige爺 | 2007年9月13日 (木) 20時46分

僕も長男です。でも結婚して家族を作って養っていくことと、お墓を継ぐ事は別だと思うんですけど。色々な事を考えるより、今は一本立ちする術を身につけることに神経を注いだ方が良いと考えます。

投稿: 金井雅人 | 2007年9月14日 (金) 04時49分

シゲさん>

私・・・やっぱ古い人間なんですかねぇ・・・。

金井さん>

本日、目標が出来ました!!
詳しくはブログで(?)

投稿: ミサハマ1 | 2007年9月15日 (土) 03時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサハマ首相 | トップページ | 有給休暇ってもの »