« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

泣かせるぜ!!

8月30日(木)京都「和音堂」にてライブ敢行!!対バンは2ヶ月振りの顔合わせ、中村だいすけさん。いや~、どっから見ても男前・爽やか♪

20070830 ①必殺仕事人「リタイヤ編」②一人旅2003~松村和子「帰ってこいよ」③23時50分④プラットホーム⑤京阪電車は午後6時⑥夏姿⑦はじめのいっぽ

「夏姿」は期間限定のため、次回は来年の6月の予定です。それまでは冬眠させます(笑)。

しかし・・・ありがたいですな。

わざわざ滋賀から、宇治から多くの仲間が見に来てくれました。遠路電車に揺られ、忙しい中来て頂きました。泣かせますやんかいさ~。TERAさん、コニさんというミュージシャンどころも駆けつけて下さいました。

妙に盛り上がりました。嬉しいです♪

「楽しかった!!」その言葉がどれだけ欲しいか・・・感謝。

課題も山積です。ゆっくりながらそれを解消していくのが、私の仕事です。とにかく、お客様により多くの「楽しみ」を。それが願いであります。

和音堂のハセさん、、モトヤさん。いろいろお手数おかけしました。また、いい環境を提供下さったことにもお詫びを言いましょう。

30日、「和音堂」に来店された、全ての方に・・・ありがとう!!またいつの日か、お会いすることを楽しみに!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

エンタの仏様

001 8月31日(明日ですな)

大阪「心斎橋 club★jungle」

大阪花火vol.6に、我らが「木村三郎」登場!!大阪の夜に木村花火がブチ上がる!!

残念ながら私は行けませんが、皆さんこぞって楽しみに行って下さい。

私の遠~~~~~~~~~~~~~~~~い目標・・・

木村三郎師匠のライブ。今年はけっこう行っていると思う。滋賀からでも駆けつけるし、姫路に戻っても、木村さんのライブをはじめ、滋賀・京都・大阪のライブには足を運ぼうと思っている。

それだけ「行こう!」と思えるライブ。今年はいろんなライブがそうであった。

どれも「感動」があり、終演後「何か」が残る。夏に行った「不惑天然堂」さんのライブ。高いレベルの演奏とお笑い路線のMC。しかし「歌」に思い描くものがあった。帰り道のなんとも言えない充足感。ライブ後のその「充足感」は帰宅と共に「寂寥感」へと変わる。

追われる仕事、追われる現実。追われるばかりのサラリーマン。

そのサラリーマンの私が唯一追えるのが「音楽」である。

追いつけないレベルの演奏を聴いても、追うことは出来る。ギターテクもなく、歌唱力もなく、楽しませることも出来ないが、音楽に向かって進むことは出来る。ギター1本あれば、それは出来る。

それを確信に変えてくれたのは、他ならぬ「木村三郎」さんのライブである。

木村さんと出会って、まもなく1年。まだ1年。出会いのきっかけ「甲賀の里 無限大祭り」がまたやってくる。この1年、私にとってまさに・・・

激動!!

「情熱大陸」で流して欲しいくらいの激動。その「エンタの仏様」の教えを胸に、歌ってきます!!

昔、敬愛していた大友康平氏の言葉

「カッコつけるってことは、なんてカッコ悪いんだろう。」

只今敬愛しています木村三郎さんの言葉

「厚顔無恥こそ、芸人の心」

相通ずるところがあります。その思いは大事に、ゴリっと胸に刻んでおきましょう。

(写真提供:もちろんデニムさん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

オチはライブ告知!!

本日、新入社員時代にお世話になった元上司が来店。

そう、あれは12年前・・・なーんにも分からない私にいろいろ教えてくれた上司。自分で全ての社員の残業をせっせとつけてはった。忙しい時はランニング一丁になって一緒に汗をかいてくれた。調査!と言って近くのダイエーの喫茶店で茶をおごってくれた。

私には、そんな「恵まれた上司」が多くいた。それは宝のような思い出。されど、そんな現場派の上司は、往々としてその上の人からはいいように思われないらしい。

私は、一緒になって汗をかいてくれる上司が大好きであった。だから私も、部下と共に汗をかける上司を目指した。されど、それはもう時代遅れらしい。書き物をしてパソコン叩いて指示するだけの、物言わぬ機械のような上司が求められているそうな。

私はそうはなれなかった。会社とのズレを感じ始めたのもそれが原因。

時代は流れている。フォークからロック、テクノに流れてニューミュージック、そしてラップ・・・歌の世界も時代の流れが刻々と。私のなんとも言えない昭和テイストの歌も、今や時代遅れなのかも知れない・・・・。

が!!

私は昭和を歌う。それが私だから。

そんな私が歌います。河原町の一角で。

8月30日

河原町三条下る

和音堂!!

19:30~

ミサハマ歌う!

スーパーマン引退ライブ

ワンマンじゃないですよ。中村大輔さんと再び!!燃えます。1000円とドリンク代握りしめておいで下さい。ただ、無理しないで下さいね。私、これからも滋賀・京都で歌っていきますので。これが最後だとは思わないで下さいね(笑)。

05991

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

就職活動中のおっさん

こんにちは。就職活動中のミサハマさんです。おっかさん、ゴメン!!

35歳の転職ってことで、いろいろと話題になっております。一番多いのは・・・「なんで?今けっこう給料もらってるやろに?」「就職ないで。」「結婚出来ひんで。」等。

確かにいろいろ就職活動しとりますが、年収はガクーン!!と落ちます。おそらく200万くらい落ちると思われます。これでは嫁さんの来てもないってもんだ(笑)。一生独身決定か!?とまで囁かれております。

私は入社の時「土日なんて人多いだけやし、平日休みの方が空いてていいわ。」と思っており、この流通業(サービス・販売業)を選びました。数年来はその通り、平日休みで全然不満はありませんでした。ただ、私の過ちは、時代は変化する・自分も変化するということに気づかなかったところでした。

スーパーは正月もほとんど営業となりました。年末から休めたもんじゃないです。

「正月は家族で」この大切さを30歳になって改めて感じました。

それで私は、転職を決意しました。年収は低くなるかも知れませんが、お金は無理すれば少しは節約も出来、最低限の収入さえあればなんとかなります。しかし、若さやパワーといったものは確実に衰えていきます。衰えきった定年後、さぁやろう!と言ったものの、出来ないことが多いと思います。先のことを考えていてもだめなんですけどね(笑)。

ならば、今出来ることをしたい!!

それが私の全てです。実家に戻れるかどうかはまだ不透明ですが。

人生、お金が全てです。金がないと生きていけませんからね。しかし、最低限のお金と最大限の楽しみこそ、人生に必要なんだと思います。

はっきりいって・・・

就職口、ないです!!(豪語)

しかし、選ばなければなんとかなります。単に稼ぐ道具と考えるなら・・・。でも、それではまた嫌になって辞めてしまうと思います。少ない門戸に最大限のパワーを。

母へ

35歳にしてプータロー、ごめんなさい。でも、なんとかしてみせまっさ!心配しないで、また稼ぎはじめるからさ。兵庫に戻ります。せめて盆・正月はオカンと過ごしましょう。

↑絶対見てません。実家にはネット環境がありませんので(寂)

親父へ

35歳にしてプータロー、ごめんなさい。でも、絶対オカンには迷惑かけへんからさ。そのうちに「○○に就職したし。」と仏前に報告するからよ。

↑天国から見てるでしょう。「あのバカ息子め・・」と思っているでしょうが(涙)

働いて、ギター弾いて、親孝行しながら生きていく。その思いと「垂直の水銀」というライブが合わさって、私に転職を決意させました。決して・・・

細木数子にそそのかされた訳ではございませんから!!残念!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

隠密同心

隠密裏に動く転職活動。

ネットで公開して、誰が隠密と言えようか(笑)。

けっこう「辞めるんですか~」の声が多くなってきた。出来ればひっそり去りたいものだ。どうも店長が嬉しそうに言いまわっているようだ。実際・・・

ホンマに嬉しそう(怒)

まぁ良い。結果を残してやる!!という訳で、仕事探しツアー2007のため、姫路文化センターでライブしてきます(ウソ)。姫路で面接です。

では、また明日!!明日はスタジオで練習さ♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

姫路と京都

しばらく行ったり来たりの生活になりそうです。姫路・京都で職探しをしております。

とりあえず、4月まで職探しのため京都に滞在。敷金が安いアパートにでも越して、じっくり行動したいと思います。目下のところ、伏見に戻ろうと思っております。なぜか住民票も残ってますし(汗)。

あさって、姫路で面接です。

即決せずに、じっくり選んでいきたいと思います。もう二度と転職はしたくないから。転職にこれほどパワーがいるとは正直思ってませんでした。

後10日ほどのスーパーマン生活。消化試合にならないよう、いる限りは全力で片付けていきたいと思います。その後は引越しやなんやで、この「まいにちのうた」もしばらくお休みさせていただく予定です。

詳細はまたアップします。

「まいにちのうた、見れねぇよ。」「楽しみにしていたのに・・。」「いつ復活するの?」とご心配の(コアな)ファンの方、どうぞmixiにご入会下さい。携帯mixiで、私の日記は見れると思います。マイミク大募集!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

超せないオカン

8月23日・・・オカンと初めて「地蔵盆」とやらに出かけた。姫路に地蔵盆って風習があることに驚いた。滋賀のそれとは違って、キャンプファイアーの巨大版みたいなやつだ。山伏みたいな人が大勢で、般若心経の大合唱!!壮大である。

002 オカンと連れ立って地蔵さんまで歩いた。うちわをパタパタさせながら、つまらん思い出話に花も咲く。小学生以来であろうか、姫路の町を歩くのは。昔よく遊んだ川や池、遊びに行った○○君のうち・・・どれも懐かしかった。

地蔵さんで知り合いのおばちゃんと出会う。口々に「息子さん、よく一緒に来てくれるなぁ。」とオカンに。その質問の意味が分からないのであるが、どうもデカい息子とオカンが連れ立って歩くのが珍しいそうな。

そりゃ、帰った時くらい行動共にしますわな。

親子ですから。

大切なオカンですから。

おそらく、オカンは私の胸のうちを見透かしていたのだろう。でないと私がこんな急に帰るなんてめったに言わないから。それを口にせず、時間は過ぎていく。

24日、昼からオカンは出かけた。フラダンスとカラオケらしい。

その間、ギターをバカバカ弾いていた。そして、ふと電車に乗って姫路の最東の町、大塩に向かった。親父や一族の眠るお墓がある。「墓参り」という重大なイベントを忘れていた。

お墓の親父に語りかける。「とにかくあと25年はオカン連れていかんといて。」と。ついでに「オレ、勝手ばっかりしてゴメン」と。申し訳ない気持ちでいっぱいのまま、お墓を洗う。

天国の親父は今の私を見て、どう思っているのだろうか?親不孝ばかりしている私は地獄行きのため、親父とはもう会えないかも知れないので今のうちにいっぱい会っておこうと墓参りを欠かさないでいる。

永遠に超せなかった親父。超せそうにも無いオカン。

両親は偉大だ。そんな両親に手をかける殺人犯息子・娘が世の中にはいる。私はそんな奴らは絶対に許せない。

電車に乗って滋賀に帰って、オカンからメール「あんたの人生や」

・・・・・・・・・・

涙で画面が濡れました。大切にしよう。もう少ししっかりしたライブが出来るようになったら、一度ライブに呼ぼう。今年中に、屋久島に連れて行こう。

明日、旅行センターの同僚に相談してみよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

食わず嫌い

どーもネガティブチックな日記が続いてますなぁ。少し雰囲気を変えてみましょか♪

学生時代、ハウンドドッグやブルーハーツのライブによく行きました。プロって凄い!!と思っていて、学校でやっている軽音楽部の文化祭ライブなんかを聞いてもピンと来ませんでした・・・というか、むしろ冷めた目で見てました。

就職して、ギターをひょんなことから握ることとなった。それから人生が変わった。

インディーズミュージシャンのライブをよく見るようになった。プロの精錬されたステージとはまるで違う、ぬくもりのある世界であった。すぐ近くで演奏する姿を見ることが出来、会話のキャッチボールがあり、とても居心地のいい空間である。

その世界に自分も足を踏み入れるとは思わなかった。

インディーズを「自己満足」と思っていた。その意識を変えてくれたのはそれこそインディーズのライブであった。決して自己満足ではない、そこには「熱さ」がある。それが観客のこちらにも伝わってくる。これはプロのミュージシャンからは感じられなかったものである。それが私には非常に心地よかったのを覚えている。

まさに「食わず嫌い」であった自分に反省。

多くの諸先輩方のライブを見て、ただいま勉強中の私。お客様にその「熱さ」を伝えられる・・・そんなミュージシャンのはしくれでいれたらいいなぁ~。若干、ミュージシャンとは違う歩みである私(笑)。まぁ、漫談家でもいいか♪

今から姫路に帰ります。いろんな思いを胸に、ギター担いで練習に帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

さらば平和堂 「ライス君登場」

石川から転封されて、滋賀県は愛知川町にやってきた。いや~

のどか!!

まさに「The 田舎町」って感じ溢れる町である。爺さん婆さんの歩く姿をよく見かける。うーん、ここは滋賀県なんだ・・・そう改めて感じた。

若い社員ばかりの愛知川店。妙に団結のあるその若者たちのコミュニティーになかなか入っていけない私。元来人見知りの私・・・なかなか切り込めない時間が過ぎる。その中にやたらパシリ扱いされている男が1人いた。

河村征司・・・そう、かの伝説のユニット「PMC」のリーダーである。食堂でやたらご飯を食べる彼に「ライス君」と名付けたのも私。まだ、私もライス君もギターのギの字も知らない、ごく普通の青年であった。

愛知川の時の私はパワーが最高潮の時だったかも知れない。伝説のじゃがりこ3m滝陳列。地蔵盆ケーススナック3mピラミッド陳列・・・とにかく、ドカーンと積むにかけては他をよせつけない威力を持っていた。

そして、よく怒っていた。事務所のドアを蹴破ったこともあるし、ライス君に八つ当たりしたこともあった(反省・・)。在庫をドカーンと持って、売りまくるという上司受けの悪い主任であった。

ここで会った仲間はステキさんばかりであった。

店長が3人変わった。3人目の店長と全くベクトルが逆を向いており、合う訳もなかった。しょっちゅうケンカ。言うことは聞かないやなんやで・・・。

淡い恋をした愛知川店。しかし、店長にファイルを投げつけるという暴挙をやらかしたミサハマさん。2年で京都は亀岡に転封となるハメに。

ライス君との出会いは、ミサイル濱野として動き出す「試金石」だったのかも知れない。ライス君と出会っていなければ、ギター50本持つヤマハバカにはなっていなかったと思う。今でこそ「マーティン」を持つライス君であるが、FGも弾いていた時期があった。嬉しい限りですなぁ♪

今でもライス君には感謝です!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

さらば平和堂 「石川に帰りたい」

堅田店でいざこざをおこし、分かり易いくらいのタイミングで異動が出る。

「濱野、異動や。」「わかってます。加賀店でしょ。」「なんでわかった?」

「あんたの態度見てたら一発で分かるわ!

1997年2月。私は石川に旅立った。初めての異動、新店、そして関西圏を始めて出ての仕事。不安はいっぱいであった。しかし、オープンが近づくにつれその不安はなくなっていった。関西出身の社員ばかりで、皆いい人ばかり。和気藹々とした雰囲気にテンションは日に日に高まった。

ツーリングでは日帰りで信州に行ける好立地。走ったこともない道がいっぱい。おまけに海の幸はバツグンに美味い♪そして、なにより関西弁がうけた。話すだけで人気者になった気分であった。人も温かかった。仕事行くのが楽しくて仕方なかった。あっという間に数ヶ月が過ぎていた。

いきつけの散髪屋も出来た。住民票も加賀市に移したそんな矢先・・・

「異動や。主任やから断れんかった。」滋賀に強制送還(涙)こたつとスキー板を出して、店のみんなと鍋をつついた翌日の出来事であった。

「石川に行きたい」ではなく「石川に帰りたい」・・・言葉の表現が変わった瞬間であった。

続く・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さらば平和堂 「堅田激闘編」

一昨日の落雷より電話回線が故障。本日復旧!!ご無沙汰ですね(笑)

いろいろすったもんだありましたが、本日人事部に正式に通達され(たらしい)、晴れて退職の手続きが始まりました。

総務から「まぁ、パートと同じ用紙でええやろ。」と1通の退職届を頂戴しました。所詮、去るものの扱いはこんなもんです。店長は嬉しそうな顔で「寂しいなぁ~」と言っておられました。この二人は労働基準監督署行き決定ですな(笑)。まぁ、発つ鳥跡を濁さずと言いますから、そんなこっすいことはしませんがね(多分♪)。

12年間・・・長いようで短いようで・・・。入社した頃は私も23歳でした(!)。初めての給料でナナハンの頭金払いました。堅田で数々の伝説を残しました。

紅茶ポッキーが爆裂売れると予測した私は、バッカバカと注文しまくり、他の店に入荷しないくらいブツを押さえました。バイヤーにはクソクソ怒られましたが、無論売れました。年末にはどん兵衛を10tトラックいっぱい発注して、必死こいて完売させました。まだ「昔のスーパー」って感じの残る堅田店は絶好調でした。

しかし、1人の独裁者が転勤してきたことで、その店は180度変わりました。そして私も反乱することが多くなり、社長や取引先をまきこむ大事件を引き起こしました。私は絶対間違ってないという自信がありましたが、権力という壁には敵いませんでした。

そして私の堅田人生は幕を下ろしました。北陸の地が、私を待っていました(つづく)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

バラ色トンネル

引っ張りますなぁ~・・・と思われてるでしょう(!)

木村三郎「垂直の水銀」

あの衝撃から1週間経つのに、まだ抜けきらない感動と寂寥感。なんだろう・・・この感覚。現実モードにスイッチを切り替えないといけないのだが、スイッチすら見つからない。関係者はこれを「垂直の水銀シンドローム」と言う(笑)。

そして、今日(18日)のライブ。午前中にいろいろと考えることがあったので、よけいに見たかった。京都まであと少しのところで事故による渋滞。知る限りの裏道を駆使して丸太町に向かった。

「ひらやまだいご」さんと「木村三郎」さんの2タイバン。驚異的な内容である!!

「ひらやまだいご」さん。「らぶほ」から始まるひらやま節♪会場は常に爆笑の渦。ひらやまさんとの出会いも昨年の「無限大祭り」からである。まだ直接面識はないが、ひらやまさんのライブは非常に楽しみであった。完全に飲まれ、ずっと笑っていた。

そして「木村三郎」さん。言うことはない。完璧!!楽しんだし聞き入ったし満足したし。それよりなにより・・・

最後の曲「バラ色トンネル」

P8127893_2 再び過ぎる、「垂直の水銀」

今日は一番前の方での観戦だったので助かったが、私は泣いていた。感動して、寂しくて。ジーンとあのシーンが蘇ってきてしまった。どうしようもない感情が込み上げる。それを止める術を私は知らない。

汗だくに歌う木村三郎さんの姿に、このシーンがオーバーラップしてしまった。そうなると、私のもろい感情はどうしようもない反応をする。そう、「泣く」しかないという信号しか出せない我が感情神経センター。

そしてとどめの「光と闇のポルカ」。もう、コントロール不能!!ずっと歌っていた。帰りの車内でも、行きしの車内でもヘヴィーローテーションで聞いていた。もう歌詞もしっかり覚えた。

ライブ終了後、なんと贅沢にも木村さんに見送って頂く。木村さんのいちファンでしかない私の現状の心配までして頂く・・・。もう、感情はとまらない。全力で横断歩道を走る。

竹屋通りを駐車場に向かう間、涙はとまらない。まぁ、誰も通ってなかったので恥じることでもないのだが。

私の人生は、大きく曲がり始めた。昨年の「甲賀の里 無限大祭り」から、確実に変わり始めた。そこにいたミュージシャンのタさきさん、ひらやまさん、わかささん、TERAさん、オイワさん、そして木村三郎さん。祭りの関係者であるLucyさん、TAKEさん、番頭さん、トモロさん、デニムさん・・・。あらゆる方と知り合いになったおかげで、大きく考え方が変わった。人生が曲がり始めたのではなく、真っ直ぐに戻り始めただけなのかも知れない。

こと、木村三郎さんに出会ってからの私の変貌は周知の通りです。

いろんな思いと、現状をクロスして考えると、私にはやはり「退職」という道しかないと結論を出しました。確かに定職がなくなり、確実なる収入はなくなります。不安という名のプレッシャーは毎晩私を襲います。されど、今しか出来ないこと、今しか出来ないこと、決断出来ないこと、楽しめないことはいっぱいあります。60歳定年になってからそれが出来るか、楽しめるか・・・その保証はありません。ならば、なんとかなる今こそチャンス!!

それが私の結論でした。それが私の「バラ色トンネル」なのかどうか分かりません。

しかし、おぼろげに見えてきたものはあります。それに賭けてみます。

今も心に、木村さんの「バラ色トンネル」が響いています。青や白のイルミネーションが、私の胸でピカピカしています。これを信じてみようと思います。

我が12年間に、悔いはなし!!

(写真提供:デニムさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

イテテテテ・・・(17日)

店で転倒・・・(涙)

たんこぶと右肩痛打(涙)イテテテテ・・・

負傷のため実家へ帰ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

ニュータイプ

001 「サービス残業」と言うから悪な訳で・・

「根性大会」と言えば善になる。

以前は「これだけはやってやる!」という意気込みで売場を作ったものだ。じゃがりこを3m積み上げて仰天させたり、売場いっぱいに芋けんぴを並べたり、井右衛門を幅3mに渡って積み上げたり、桜の造花で売場を埋めたり・・・楽しい売場作りはまさに「根性大会」であった。

そんな売場を作るにあたって、サービス残業なんて思ったことも無かった。それによって、各自の力量を磨きあったものである。

数年前から・・・

「派手な売場作り禁止」この指示が私を殺したようなものである。オールドタイプの私は、この指示についていけなかった。どの店行っても同じ売場・・・。非常につまらん。同じ地域にクソほどある会社なのだから、各店舗で独自の色を出さないと差別化出来ないはずなのに・・・。

メシ食うヒマも忘れて売場作りをする私。同じことを新入社員にさせただけで、ボロクソに怒られる。旧タイプはそれでよく、新タイプにはダメだということであった。

どちらかというと、私は「オールドタイプ」らしい・・・。

別にが使えるかどうか・・という訳じゃない(マニアック!!)。昭和のテイスト溢れる歌、昭和テイストな話題、昭和の香り漂う笑いのツボ・・・。どっからどう見ても新しいタイプではなさそうだ。

個人的に気に入っているオリジナルソング・・

プラットホーム  夏姿  とある恋物語

どれも「昭和」である。なんとも古くさいようで、懐かしいようで・・・。そんな色を出す私には今のおしゃれな売場作りにはついていけない訳である。

こんな言葉を御存知ですか?某企業の5大用語でした。

ゴイゴイ! パンパン! サクっと! ベーっと! ドカーンと!

昔はこの言葉だけで、売場が作れたものです。嗚呼、オールドタイプ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

私はそないに値打ちはない

最終判断をする夜。眠れずに日記を書く。

残念だが、私にはそないに値打ちはない。私如き人材は会社にゴマンといる。私より能力の高い後輩もうじゃうじゃいる。私が留まる必要もないのである。

母が姫路にいる。今はいいが、パワーは段々落ちていく。それを助けるのはやはり私の究極の仕事なのだ。それには今の仕事は続けられない。ただそれだけ。やはり、盆・正月といった「家族」を大切に出来る時間に休めることを優先したい。

去るべき時期を逸しているのかも知れない。会社にとって大切な「決算」時期である。だが、私にとっても大切な35歳・・・30代中間地点なのである。今迷って、40代になって後悔は出来ないのである。私はいわゆる「崖っぷち」である。

赤ラベルFG-180に「2万円」の価値しかつけない人もいれば「7万円」の価値を見出す人もいる。その人の価値観により、評価も変わるものだ。でも、その評価が間違っていれば、いくらオークションでも値段すらつかない。

私もそんな、FG-180と同じなのかも知れない。でも、私は決して「ハカランダ」ではない。普通の「マホガニー」である。そんな価値観で評価されたいものだ。まちがっても「ハカランダを表面に張ったナトー」にはなりたくないものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

演劇公演考

先日行われた、木村三郎「垂直の水銀」公演。

2007_08110005 舞台を作り、道具を作り、台本を作り、演技を指導し、音響を整え、照明を設置し、客席を設営し、チケットを販売し、お客様を喜ばせる。

この結集が、多くの感動を生んだのだと思う。

これほどの感動が生まれるその舞台裏は、それはもう激しいものだと思う。実際激しかった。それは「真剣」であるからこその緊張感が生む力である。

よく、新世界や健康ランドで演じられる「○○一座公演」。

キャラバンのように移動して、その場所場所で同じ公演をしていく。毎回毎回同じ公演ではあるものの、固定場所での公演でないので、その都度設営から全て仕上げていかなければならない。

とても大変。まさに演者・スタッフ一丸で闘わないと何ともならないであろう。

何気なく見ていたそんな公演のポスター。少し見方が変わると思う。

健康ランドで○○公演を見て、力をもらう人も必ずいるはずである。それほどの力を持つ舞台の力。この夏ひしひしと味わうことが出来た。

舞台、恐るべし!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

いざ、本丸へ!!

うーむ・・・

敵は以外なところにいるようだ。難攻不落の城攻めをする前の心境。敵は本能寺にいると思ったが、意外や意外。攻め方を考える必要が出てきたようである。

さて・・・

今日はクレームデーでした。疲れます。何も出来ません。ただでさえいろいろ考えることがあるのに、クレームは全てを奪います。

だが、今日は少しいいこともありました♪

夜、バイクで京都までクレーム処理に向かいました。渋滞を予測してバイクをすっ飛ばして向かいました。

001 このまま敦賀港へ向かい、北海道へ飛んで行きたい・・・そう思いました。

グゴゴゴゴゴ~と咆哮するエンジン。チュンチュンに熱くなるエンジン。

これくらい熱くなる人生を送りたいものだ。

久しぶりに宇治を通って帰ることに。でも、店には寄らなかった。半年しか経っていないのに、長く離れていた気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

真・ミサハマ劇場

さ~てお立会い!!なんちゃってサラリーマン実践中のミサイル濱野がなんちゃってミュージシャンとなってはや5年。いよいよ人生の第2幕が始まろうとしております。

不思議なくらいの希望

猛烈に襲う不安

なんとかなるさの楽観

どうなるんやろの絶望

35歳無職の焦燥

35歳孤高の挑戦

・・・・・

まさに、劇場だ。なんだ、この興奮は!!怖くてブルブル震える。これは恐怖か!?いや、武者奮いでや~!!あいや、いざどうなることやら。しかし後には戻れない。一度こぼれた水は再び椀に戻ることはない。

001 昨日感動した

木村三郎公演「垂直の水銀」

終了後、誰もいなくなった舞台をぼーっと見ていた。闘いの終わった舞台。そこにはまだ、熱気が残る。

いろんな思いを胸に、じーっと見ていた。

何かを生み出す力・・・そんな力を自分も持てないだろうか?自分にはいったどんな可能性があるのだろうか?

それを探し始めるには少し遅すぎたのかも知れない35歳。

しかし、取り戻すには充分の35歳。

独身でよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

今日はまだ書けません!!

とにかく昨日夜から今日の夜までの1泊2日。

公約通り(!?)この夏1番の思い出となりました。詳しくは数日前のブログをご覧下さい、ませ(笑)。

詳しくは書けません。また明日のブログを楽しみにしていて下さいませ。

暑い1日でした、今日も。

熱い1日でした、今日は♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

背水を敷く男たち

転職・・・皆それなりの覚悟で来ているのだろう。

悲壮感漂う表情のオンパレード。私ときたら・・・「まだ働いてるし・・・」それが甘さに繫がるのだろう。生活がかかる男たちの「背水の陣」には敵わない。

仕事しながらの転職活動・・・どうでしょう?

やっぱり、バサっとリセットして、私も「背水の陣」を敷くべきなのだろうか!?

それはさておき・・・

今夜から、滋賀県八日市「太子ホール」に宿泊します。敬愛する「木村三郎」さんの公演のお手伝いです。・・・ってほど手伝ってはいませんが。いちおう(なんちゃってスタッフ)というポジションで、出来ることをやってきます。

仕事?なんとかなるでしょう。別段、私がいなくても売れるものは売れるし、売れないものは売れないんだから(まさに割り切りの局地!!)。

もやっとした気持ちを断ち切るべく、出陣してまいります。

明日、木村三郎公演においでのお客様。気をつけておいで下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

気はココロ

朝9時前。出勤の仕度をしてトボトボと仕事への道を歩んでいく。

店まであと2分というところで、トマトに水やるのを忘れたことに気がつく。出社は9時30分。いろいろすることがあるので早めに出社するつもりだった。

①まぁ、1日くらい大丈夫か・・・とそのまま会社に向かう

②あかんあかん。このクソ暑い中ではしおれてしまう。帰って水をやろう

結局、うちに戻って水やりをした。出社はギリギリ間に合った。

人間は「暑ぅ~」と思ったらいつでも自販機で潤える。もの言わぬトマトは人間が水をやるまで耐え忍ぶしかない。そう考えると、とても可哀想になった。自分に例えたら・・・砂漠に放り出され、1日救援を待たなくてはいけないことに・・・。我慢出来ないであろう。空を見上げても救援は来ない。明日にならないと来ないことを知っていても、空を見上げるのだろう。そして絶望感に襲われるのだろう。

トマトが喜んだかどうかは分からないが、ともかく脱水症状にはならんかっただろう♪

この優しさを女性に向けることが出来れば・・・己の不器用さに笑ってしまった。

再度出社する際、道にセミが転がって足をバタバタさせていた。おそらくもう寿命幾許もないのだろう。せめて涼しい木陰で・・・と、拾って木に泊まらせてあげた。

この優しさを女性に向けることが出来れば・・・

ギターに向けます、この優しさを♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

ひと夏の思い出

ビキニ姿の彼女を見るのは1年ぶりだ。今日、彼女と海に来た。しかし人が多い。これでは迷子も出るわなぁ~、と彼女と談笑。

オレンジのビキニを着た彼女を注視出来ず、目線をそらせていたら「どないしたん?堂々と見たらええやん、彼女やのにぃ。」と笑われる始末。ブートキャンプしてるらしく、最近またスタイルが良くなった。見習わないと・・・。

昼まで少し泳いで(水遊びして?)昼はカレーを食べた。おそらく業務用のバーモントカレーやろなという味であったが、やはり外で食べると美味しい。800円という価格にはいささか疑問であるし、陽に焼けた若い兄ちゃんの接客もどうかとも思ったが、やはり最愛の彼女と食べるカレーはまた美味しいものである。

午後2時ごろまで日焼けして、帰ることにした。海水浴帰りの運転はつらい。

つらい・・・

つらい・・・

つらい仕事の中、そんなことを考えて「ひこにゃん煎餅」を並べてました。恐るべし「ひこにゃん」人気!!ひこにゃん巨大人形の前で写メを撮る人も!!煎餅がホイホイ売れる♪

もう盆前です。海にも行かず、夏を全然満喫してません。

されど、昨日のお手伝いがこの夏最高の思い出となりました♪

11日、本番の「木村三郎公演」を見たら、それが最高の思い出になるんでしょう。昨日の思い出はこの夏2番目の思い出となります。

それでも貴重な思い出です。よかった、思い出の出来た夏になって・・・。これで絵日記もちゃんと書けます(笑)。

あ、そうそう・・・

ヤマハギター、大放出します。ヤフオクに出品しまくります。昨晩いろいろ考え、やはり弾けるだけの所有にします。そして練習します。

対象は赤ラベル以外の10数本を予定しております。

身の丈を考え、本数整理です。決してギブソンに心動いた訳ではございません(笑)。私はコレクターではありません。単なるヤマハ好きです。

弾いてなんぼですわ・・・。今の環境では、弾けません。

ヤフオクをまたご利用下さいね♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

直接指導!!

太子ホールに向かいました。

来る8月11日、12日に行われる「木村三郎公演」の準備のお手伝いに向かいました。

再三申しておりますが、私の尊敬するミュージシャンとしまして・・・①小野田了さん②中村ゆきまささん③山口のりこさん④木村三郎さん。その1人の木村さんのお手伝いが出来るなら・・・と、いざキャバクラ鎌倉の勢いで向かいました。

まずは工務課Lucyさんより直接指導。今日は高速カッター、鉄柱の留め方を教えてもらいました。なかなか難しい・・・。こちらを締めるとあちらが歪む・・・悪戦苦闘でございました。お邪魔ばかりでしたが、私はスキルアップ出来たと喜んでおりました。

太子ホールの番頭さんの手作り焼きそばの晩ご飯。たらふく頂きました。料理上手な番頭さんの焼きそばを食べながら、木村さんのギターを聞いておりました。

なんと贅沢な時間!!

その後、木村さんから15分間練習プログラムを教えて頂きました。さすがに速攻出来るものではありませんが、少しずつ頑張ろうと帰宅後さっそく段取りをば・・。直接指導を頂ける機会を得た私は、天にも昇る気持ちでございました♪

しかし、やはりギターが上手い!!感心しっぱなしのひと時でございました。

8月入ってからこっち、まともに休んでいなかった私。疲れもピークでございましたが、太子ホールにいる時間、ひと時と「しんどい」なんて思いを思い出すことはありませんでした。本当に、楽しい時間ってどうして早く過ぎるのであろうか!!

午後10時、太子ホールを後にした。本当なら泊まりでお手伝いしたいくらいだったのだが、名残惜しい気持ちを残して帰宅した。

帰宅後、一気に疲れが・・・。それでも充実した休日でした。

またまたギターに情熱が。頑張ろう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

闘う男

本日夜の出来事。午後7時の遅い「昼ご飯」。

とある社員が、上長と話ししていた。私はただただ、その会話を聞いているだけだった。最初は今後の方針の打ち合わせであったが、徐々にエキサイトし始め、加熱し始め、そのうち口論に近い状態であった。

闘う同期の話は、非常に的を得たものであった。というか、それだけ自分の仕事に自信があるからこそ、それだけ闘えるのであろう。確固たる自分の意思が、会話の随所に見られた。その男は、確かに仕事が出来る。私もそこは認めるところである。

しかし、哀しいかなサラリーマンの世界では、上長と闘うことはご法度である。

私はそこまで闘えない。そこまで自身が仕事をちゃんとこなしている自信がない。やることやっていれば言う理由もあるだろうが、私は全然仕事が出来ていない。だから評価がどうやと口は決して挟まない(仕事への文句は言いますがね・・)。

今日はクソクソ怒られた。

怒られているうちは、まだマシだ。怒られることが無くなった時・・・

①完璧に仕事が出来ている ②もう諦められた

このどちらかである。かつて宇治の店で、私もそうであったからよく分かる。

我ながら、舞い上がってしまった1日であった。大きい店にまだ慣れていない。ドカドカ入荷する荷物に久々にテンパってしまった。

まだまだ修行である。怒られはしたものの、今日はサッパリした1日であった。さすがにヘコみはしましたけどね(笑)。

パンチドランカーならぬ、「怒られドランカー」状態。打たれ慣れてきた・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

熱いぜ!!

こんばんは。ミサイル改め、不発弾濱野です。「フハハマ」と呼んで下さい。

①木村三郎公演が熱い!!

来る8月11日、12日。滋賀県東近江市「太子ホール」にて開催。残念なことにチケットはSOLD OUT!!残念。裏方として参加します(少しですが・・)。我が心の師でもある(本人未承諾)木村三郎さんの公演、楽しみで仕方がないッス♪

②フハハマのライブが熱い!!

来る8月30日(木)。京都市河原町三条下る「和音堂」にてライブ開催。対バンはなんと再びまみえる中村大輔さんと。爽やかな中村さんのライブに、こってりしたフハハマの漫談が融合。熱いというより、むさくるしい??中村さんが爽やかにしてくれますから、ぜひおいで下さいませ。チャージは1000円となっております。19:30~。

③就職活動が熱い!!

どれだけ自分は求められるのか・・・12年目の診断ということかな。少なくとも、今の会社には求められていないようです。私のような「古い人間」は。ガンダムの世界もそうですが、時代はやはり「ニュータイプ」を求めているようです。

④mixiが熱い!!

「誰ですかぁ~?」というくらいに新しいお客さん(足跡)がある。嬉しいことである。が、隠密裏に行っている就活がバレ始めている今日この頃。

これだけ本名出せば、検索されても仕方なし。されど、それは全然オッケー!!より多くの人に見てもらえ、ご意見頂戴出来ましたら幸いです。

熱いと言えば・・・

本日、仕事が昼までで終われば、夜はわからん屋にライブ観戦行こうと思ってました。結局、仕事がスケジュール押して行けなかったんですが・・。ヘタレな私です。そう・・猛烈なライブ観戦数を誇る巨塔が2人おられます。某デニム○さんとTOM○さん。おそらく今日もどこかのライブ会場に足を運んでおられるのであろう。演者としては非常に有難いのだが、ハードではないのだろうか?そのパワーは熱い!!そのパワーに負けないライブをしていかなければ(TOM○さんは演者でもあるんですがね)。

という思いから、今日は頑張って練習もしましたよ。

↑に関しては・・・熱いぜ、フハハマ♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

かけがえのないもの

かけがえのないものは、人それぞれ・・・。

バイクであったり、ギターであったり、ヴィトンのカバンであったり、ダイヤの指輪であったり・・・。まさに人それぞれである。

しかし、「親」とか「友人」とか「同僚」ってものは、さらに特別なものである。かけがえのない「モノ」とは言えない。「存在」そのものがかけがえのないものなのである。

「出会い」というものがもたらす力は、計り知れない。

この会社に入った。多くの先輩後輩同期と出会った。私がここまで来れたのも彼らのおかげである。この会社に入ったから、北陸の素晴らしさを知った。

この会社に入ったから、相方「ライス君」と出会った。ギターを始めた。

ギターを始めて、「八日一週間」と出会った。そこで彩紋さん、番頭さんと出会った。歌うことを始めさせてもらった。ギターが好きになった。泪さん、小野田了さん、さわださん、雄一くんと出会った。そして、我が尊敬する四天王の一人「中村ゆきまさ」さんを知ることとなる。

彩紋さん、番頭さんと出会ったことから、「ロッキー」に出会った。「ひがしのもり」と出会った。そして「竹の音」と出会った。自分のライブスタイルというものが見えてきた。TAKEさんという人と出会った。

TAKEさんと出会って、いろんなミュージシャンとの輪が拡がった。こと、「木村三郎」さんとの出会いは私にとっての最大の出来事であったかも知れない。トモロ師匠、TERAさん、だいごさん、わかささん、タさきさん、HOBOけいすけさん、カダフィーさん、ヨーエンさん、kahoさん、・・・まだまだ多くの人と出会った。

京都に住んだ。「山口のりこ」さんのステージに出会った。衝撃を受けた。おかげでライブスタイルが固まってきた。桜井さんと出会った。京都でライブすることとなった。「Boochin」さんと出会った。いろんな実践的なアドバイスを頂けるようになった。

「柾目ウッドメーカー」と出会った。そこから、いろんなギターとの出会いが始まった。

全て、出会いから始まった。

そして、その出会いによって自身、何かしら変化があった。

これこそ「かけがえのないもの」である。こと、音楽に関してこれほど大切なものはないだろう。

店の仲間とラーメンを食べに行った。その帰りの車、そんなことを考えていた。この車に乗っている時間も、私にとっては「かけがえのないもの」である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

柾目ウッドメーカーでの時間

本日は休日。されど朝から仕事(涙)。仕方なく働く。しかし、念願の新Gパンを購入。6年間穿いたGパンであったが、さすがにくたびれていた。Gパン売場の女性が美人で驚いた。こんな人、店にいたんだなぁ~。彼女は私が社員とは気づいていなかった(涙)。

午後2時、うちを久しぶりに掃除&バルサン。洗濯するも、夕立の前触れか・・・。

午後3時、ギターを弾きまくった。でかい音だ。次回ライブの歌なんぞを弾き倒す。

午後5時、柾目ウッドメーカーに向かう。ライブで酷使しているThe FGのナット異常。6弦がビビるのだ。大事な武器だけに、すぐに点検に向かう。

001 5分で直った。ナット溝の削れであった。新兵器でササっと直す清田氏。今日も鼻歌混じりである。

もう1本、さきほどまで練習に使っていた「FG-300MS」のサドルナット交換である。デカい音なれど、どうもハリと深みのない音であったので、2人で模索した。

牛骨サドルとナットに変更。ブーン・・・と深い音が広がる。本当にミラクルである。音量そのまま、音の深みは素人の私の耳でも一目(聴?)瞭然である!!

柾目ウッドメーカー・・・流石

柾目ウッドメーカー・・・最高

恐るべし!!柾目ウッドメーカー。ホンマに素晴らしい!!

いろんな修理があっただろうに、いろんな話にお付き合いして頂いた。私はしばらく、柾目ウッドメーカーの営業担当になることにしました。もっと多くの人にこの変化を味わって欲しいから♪

話は核心へ・・・

午後10時過ぎまで話をしていた。ある意味「人生相談」。故郷が同じということもあって、いろんな話をしてもらえる、聴いてもらえる。

こんなリペアーショップがあるだろうか?

親身になってギターのリペアー相談もしてもらえる。売りっぱなしの大手楽器店とは違う。細かく修理希望を聞いてもらえる。そして低価格。仕事は丁寧。私がいる間にもお客さんが2人ほど。それぞれ満足したご様子でお帰りであった。

なんとか、多くの人にこの「柾目ウッドメーカー」知ってもらいたいなぁ~。

営業部長(自称)に任命されました。頑張って宣伝します。もち、ボランティア♪

ミサイル濱野は、頑張る人を、尊敬する人を応援します!!

「おまえが頑張れよ・・・」との声が聞こえますが、何か!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

みんなの「芋けんぴ」

私が新入社員の頃など、上司に「○○日休み下さい」なんて言えなかった。言ったもんなら・・・「百年早いわ」と一蹴されそうであったから。今はメールで「休み下さい。」絵文字付きのメールを軽く送ってくる。時代なのかと笑って返すのだが・・(汗)。

時代遅れのブルースが弾けそうな夜11時。

本日は会議でございました。エライサンの話やバイヤーの話を聞いておりました。睡魔との闘いは「過酷」の一言でございました。

そんな中・・・お菓子の計画書に懐かしい写真が載ってました。昨年私が宇治の店で積んだ「いもけんぴ」の売場が載ってました。「前宇治の主任は50ケース発注して540コ販売しました。当時のNo.1です」・・・と。

ふと、思い出しておりました。

あの「芋けんぴ」No.1は、決して私一人で作り上げたものではありません。確かに商品を積んだのは私でしたが、みんなで代わる代わる試食を出しました。裏で長い芋けんぴをバキバキ小さく折って、絶えず試食に出しておりました。その積み重ねがあの結果でした。まだ出来て1年ちょいの店でしたが、みんなの力で売った結晶でした。並み居るデカイ店に負けないその力でNo.1を奪いました。私の宇治での誇りです。

その仲間も、1人2人と去っていったと聞きます。まだ半年も経ってないのに環境は大きく変わってしまいました。非常に哀しいことですが、店を離れた私にはどうすることも出来ません。しかし、去っていった人も私にとってはずっと「大切な部下」です。忘れることなど出来ません。

芋けんぴの写真を見ながら、ドタバタとみんな走り回っていたのを思い出し、少しセンチな気持ちになりました。あのパワーが今、ありません。あのメンバーだからこそ、あの環境だからこそ出来た、唯一無比のものです。

思い出深い、宇治の店。感傷に浸っている余裕はないのですが・・・。

夜、ラーメンを食べに行きました。

001 ズルズルとラーメン食べてました。

宇治の店の帰りも、槙島の「来来亭」でよくラーメン食べてました。おかげでこのお腹です(汗)。

辛いことがあると、ついつい宇治のことを思い出します。

あん時あーしとけば・・・

あん時こー言ってれば・・・

後悔先に立たず。なんとも悔しい気持ちを胸にしまい、ラーメンを食べてました。

今年も芋けんぴの季節がやってきます。

その商品を見るとまた、思い出すのだろうな・・・。

その思いを込めて、売場を作ってみようか。今年はうちが一番になるように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

歌いたい心境

最近、非常にネガティブ。

いかんなぁ・・・ライブが近いのに・・・。

ということで、久しぶりにギターを握った(サイレントギター)。小声ではあるが、歌った。しかし、やはり大声で歌いたいものである。明日は会議、あさっては休みなもんで、外で大声で歌おう!!と思った矢先の

台風・・・

天までオレを・・・(涙)

歌いたいパワーを貯めて溜めてタメテ・・・

8月30日(木)京都「和音堂」にてライブです。ギター弾きます。1ヶ月ぶりのライブでございます。腕がなまっています。気合いで戻します。その間に木村三郎さんの公演もあります。パワー頂きます。そして頑張ります!!

仕事の上ではネガティブ。しかし私生活はポジティブ・・・

全てがネガティブになることのない私・・・いいのやら悪いのやら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »