« ノーギャランティー | トップページ | たまには今後も考えよう »

2007年7月10日 (火)

ボーナスのうた

ボーナスが出た。

何を買おうかと迷える状況ならいいのだが、今まで集めたギター代やら何やら、いろいろ精算しなければならない。もちろん貯金もせねばならない。

結局、少しだけ残る結果となった。まぁ、有難い年2回のイベントである。

初めてボーナスで買ったギターが「LL-33J」である。

Ll33jxx283j なけなしのボーナスを握り、心斎橋へ向かった。

他のヤマハギターは店内の手の届くところに展示されてあったが、こいつはガラスケースに入っていた。キラキラ光る貝のバインディングが印象的だった。

弾いてみた。

なんときらびやかな音なんだろう~♪と、感動した覚えがある。やはり20万を超えるギターは凄かった。軽いし、ネックの握りがとても気持ちよく、音量が凄かった。

このギターが20年くらいしたら、どんな音するのかが楽しみである。Lシリーズはあまり私には合っていないのだが、こいつはとてもお気に入り♪

ボーナスは、人に夢を与える玉手箱。

このギターがあったからこそ、FGというギターにたどり着いた。ボーナスがあったからこそ、これだけギターが集まった。

毎日バタバタ働いて得たボーナス。薄い明細に秘められた重さを改めて感じた。

|

« ノーギャランティー | トップページ | たまには今後も考えよう »

コメント

そうかあ!ボーナスか5年前に卒業しました。(笑)今は実力給です(早い話が日雇い)定年前貰ってた給料(在籍30年)すでに子供に追い抜かれました。(笑)しかし休み殆んどなし!趣味も出来ないらしい。(金の有る時ひまなし暇なとき金なし)ようできてます(笑)

投稿: shige爺 | 2007年7月11日 (水) 18時27分

シゲさん>

ボーナスという言葉で、私は・・・
「何を買うのも自由だ~」

そんな錯覚が、新たな借金を生みます

投稿: ミサハマ7 | 2007年7月12日 (木) 01時19分

初ボーナスで買うギターにはみんな思い出と思い入れがあるようですね。かくいう僕も初ボーナスでオヴェーションのアダマスIIを買いました。あのカーボントップとエポーレットという多孔サウンドホールに憧れて、やっと20万以上のギターを手に入れた感激は今でも忘れられません。でもそのギターも今は手元を離れています。オヴェーションの後に買ったマーティンもギブソンも離れていきました。そしてFGだけが残りました。これからは自分の腕だけが頼りの生活になりますが、FGだけは死守したいと思ってます。

投稿: 金井雅人 | 2007年7月12日 (木) 14時31分

金井さん>

>自分の腕だけが頼りの生活

・・・サラリーマンとしては、その言葉が非常に
たくましく聞こえます。ステキです。
腕1本で生きていく・・・私もそんな生き方が
似合っているのかも知れないと思います(特に最近)。

投稿: ミサハマ7 | 2007年7月12日 (木) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/15719484

この記事へのトラックバック一覧です: ボーナスのうた:

« ノーギャランティー | トップページ | たまには今後も考えよう »