« 芸人の心② | トップページ | 上を見て歩けば »

2007年6月25日 (月)

印象派

人を評価するって難しいものだ。管理職をしてて、これほど嫌なことはない。

私は評価される身分でもある。どんな評価されても文句言わない。それだけが自慢。評価なんてものは上の人がするもの。CであろうがDであろうが文句は言わない。

ライブの出来も私自身がするものではない。最近そう思えるようになった。自分で勝手に評価し、ヘコんでいた時代(ってほど大袈裟ではない)もあった。フライヤーに書かれた言葉、メールや書き込みでの評価・・・有難いものである。時に厳しい意見を頂戴する。しかし、それは本当に真剣に聞いて下さっている証である。

前回の京都ライブ。

知った顔がほとんど無い中でのライブであったが、多少なりともキャッチボールが出来た。

多くの仲間が来てくれるライブでは味わうことのない孤独感。しかし、なんとかしたろやんけ!という熱意。その狭間で歌った。

まだまだ熱意が緊張と照れに隠れていた。

全く知らないお客様を「!?」と注目させて、最後はヤンヤヤンヤと盛り上がりたい。それが私の思うところ。そうなれば、それこそが私の評価であろう。

プロみたい、上手、感動した、ステキ♪・・・と言う言葉より

面白い、凄い、熱い・・・という言葉こそ、私に対する最高の評価である。

頑張ろう。とにかく、歌っていこう。

Photo_6

|

« 芸人の心② | トップページ | 上を見て歩けば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/15560038

この記事へのトラックバック一覧です: 印象派:

« 芸人の心② | トップページ | 上を見て歩けば »