« 緩急 | トップページ | 新年度 »

2007年4月 6日 (金)

指導するということ

部下に少し厳しい指導をした。

だいぶヘコんでいた様子(とのこと)。

ここで「よく頑張った!」と言ってしまっては、せっかくの熱意を無にしてしまいそうだ。しかし「それくらい当然やん!」と言ってしまっては、せっかくの気持ちを台無しにしそうだ。

よく頑張ってくれた。しかし、まだまだ求めるところには至っていない。

なんとか彼を、主任として送り出したいものだ。新たな仕事だ。

私の前任の主任は、とても優秀であった。彼もそれは知っているだろう。そんな彼にこんなメッセージを残して会議へ向かった。

「○○主任を越えるのはキミには無理だ。しかし、オレを越えるのははるかに簡単だ。だから早くオレを越せ。そうすりゃいい主任になれる。」

頑張って欲しい!!ヘコたれるな!!

なんか、自分にも言っているみたいだ。

平○堂1番店の主任、1番店の社員・・・

そんなプライドなんていらない。満足出来る仕事さえ出来ればいいのだが・・・

|

« 緩急 | トップページ | 新年度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/14584550

この記事へのトラックバック一覧です: 指導するということ:

« 緩急 | トップページ | 新年度 »