« ギター屋復活 | トップページ | タイフーンツアー2007 »

2007年3月10日 (土)

御存知!柾目ウッドメーカー

昨日、FG-403を持っていった。御存知!「柾目ウッドメーカー」!!

「ヒザヅメ」という言葉がある。よく私の仕事で使われるのだが、要するにマンツーマンにて指導したりコミュニケーションをとることである。この「柾目ウッドメーカー」ではまさに、その人のこだわりを「ヒザヅメ」にて話す。「こうしたい」「こんな音にしたい」「こんな感じに直して欲しい」「予算はこれくらいで」・・・それから作業に入る。だから安心。されたくもないことをされることもないし、お会計の際に「えっ?そんなに・・」ってこともない。今まで20本近く診てもらったが、どれもオリジナルを越えた、素晴らしい音になった。

001_118 工房でガーリガリ、変化していくFG。

転売する気があるなら、オリジナルを大事にしてカスタムしないであろう。私はすっかり、売る気がなくなっている。だからこそ、しっかり自分の好みの音にしてもらう。

牛骨のサドル・ナットに換えるだけ。ホント、それだけである。もちろん、ネック調整やオクターブ調整もしてもらうが、音は変わる。本当に変わる(木材製品のため、個体差はありますよ)からビックリ!!

やはり「音」にこだわりたい。懐かしい音を出す、20年戦士ならなおさら。安いFGを仕入れて、自分好みの音に仕上げてもらう。磨きと軽い調整は自分でする。

そして、自分のものとなるギター、そして音。

そして・・

たまりにたまった37本(涙)。しかし、柾目仕様のFGは、もう手放せない。確かに邪魔である。しかし、私にとっては宝物。

「ん?自分のギターはもっともっといい音出るんじゃないか?」

「うわ~、落として割れたよ~。治るんかなぁ?」

「久しぶりに出したらネック反ってた。弾きにくい。なんとかなるかなぁ。」

なんとかなるものです。一度ご相談してみて下さい。出来ないことは出来ないと言って下さります。しなくていいことはしなくていいと言ってくれます。作業も見ることが出来ます。

ご愛用のギターの、健康診断にぜひ「柾目ウッドメーカー」を!!

1人でされている工房ですので、特に広告を出されているわけではありませんし、宣伝依頼を受けた訳でもありません。これは・・・

ファン  の声です!!

柾目ウッドメーカーHP:http://ha8.seikyou.ne.jp/home/tk53/

国産・外国製問わず、アコースティックギターのことは相談にのってもらえます。お近くの方なら直接お伺い下さい。きっと・・・

ギターは元気になりますよ。

Masameknbn

|

« ギター屋復活 | トップページ | タイフーンツアー2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/14218038

この記事へのトラックバック一覧です: 御存知!柾目ウッドメーカー:

« ギター屋復活 | トップページ | タイフーンツアー2007 »