« いいギター | トップページ | 御存知!柾目ウッドメーカー »

2007年3月 9日 (金)

ギター屋復活

入荷しました「FG-403」♪届くまでの瞬間が楽しみですな。

市場価格の半額以下のレアモデルの入荷・・・ケースを開ける。予想通り・・というか、予想以上の「劣化」さ(汗)。弦の錆びはいいとして、ボディーの汚れ、ペグの錆び・・・これはまた、えらい仕事だ。

001_117 ボディーをまずレモンオイルで磨き倒す。もちろんペグ類jは全部取り外す。徹底的に磨き倒して、汚れを落とす。

指板にもたっぷりレモンオイルを染み込ませて、外で天日干し。只今(午後1時)干しております。湿気が取れていい感じになることでしょう。磨けばパリサンドルの杢目が現れました。なんでここまで汚れをほっておくのでしょか??

ペグも磨いて注油。ネックは・・・こりゃひどいな。

サドルナットは樹脂、いたずらに削ってあるのでまた清田さんに牛骨に変えてもらおう。ネックを少しだけ調整。うーむ・・・元起きがあるし、ヘッド側が特に反ってるなぁ。どんな音するか知れないが、ピンもエボニーの木製にしてみよう。

セミジャンボのボディーは、フォークサイズと少し違う。どんな音がするのだろう?まだ弦を張る段階ではないので分からないが、ブレイシングのダメージはなさそう。

ま、素人ギター屋の鑑定はこんなもの。プチメンテの域だ。突き詰めてしまうとこれがまた重荷になってしまう。趣味の世界で楽しむならこの程度で、あとはプロに任せる。

いじって、きれいにして、音を出す瞬間の楽しみに惹かれてるのかも知れない。いろんなヤマハさんを手に入れては、その音を楽しみ、こいつが発売からどんな経緯で私の手元に来たのかを想像(妄想)するのも、また楽しみ♪

しかし、オークションってのは時々「宝の山」となる。

意外とギター屋の中古ギターってのは高い。そりゃ、営業だから仕方ないが、オークションでボロボロのを手に入れて、磨いて直した方がはるかに安い。磨けば、意外なくらいにキレイなモデルがゴロゴロ。私の手元のギターの半分はそんな状態だった。

ガンガン弾こう!!弾いて音を育てよう。こいつは単板トップだ♪

・・・・・追伸!!この後怒涛の「長岡京→嵐山」の強行軍!!

「柾目ウッドメーカー」に早速出向く。私が出来るのは簡単なロッド調整とボディー磨きくらい。欠落していたナットサドルブリッジピンを作成してもらった。FG-403はビックリのまろやかな音になった。トップ単板ってのもあるが、明らかにノーマルの、同時期FG-400Dよりググっと深い音になった。この「柾目ウッドメーカー」・・・なんとかしてもっと知ってもらえないだろうか?と、依頼もされていない宣伝活動を模索する。

急いで嵐山にターン!!本日の目的「ライブを見る」を実行☆

多くは書かない。ステキなライブなのだから、文章ってのはヤボだ。一つ言えるのは「ライブってステキ」ってこと。過酷な仕事で精神的にボロボロの私。そんな心を繕うかのようなTAKEさんの歌。力強いピアノ。またギターを頑張ろうと思える、Boochinさんのギターテク。はっきりいって、両者ともカッコ良過ぎ・・・。

疲れた体がホッコリ♪ライブって素晴らしい。

ライブに行こう。FGを弾こう。仕事バカになりかけていた私に警鐘を鳴らしてくれた、そんな1日だった気がする。

03093 嵐山「音や」

TAKEさん、Boochinさん、オイワさん。

ステキな夜をありがとうございました。

|

« いいギター | トップページ | 御存知!柾目ウッドメーカー »

コメント

レモンオイル栗東のOOOFFで300円で買いました。十O屋より安い(笑)弦(エリクOO、マーチン)カポもあるで

投稿: shige爺 | 2007年3月 9日 (金) 19時46分

お顔が見えた時は信じられないような気持ちで嬉しかったです。
ありがとうございました。

またお仕事休みが取れるようになったら竹の音に出て下さいね。
よろしくお願いします。

投稿: TAKE | 2007年3月10日 (土) 09時33分

しげさん>

レモンオイル・・・使えますね。
オレンジオイルの方が香りはいいですが。

TAKEさん>

こちらこそ、元気が出ましたよ~。
土・日に休み入れましたんで、またライブ聞きに
竹の音行きます!!

投稿: ミサハマ5 | 2007年3月11日 (日) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/14200548

この記事へのトラックバック一覧です: ギター屋復活:

« いいギター | トップページ | 御存知!柾目ウッドメーカー »